ストレスと肌。
こんにちは。より一層寒さが厳しくなりましたが、元気にお過ごしでしょうか?

今回は、「ストレスと肌」について考えてみたいと思います。
女性はストレスが溜まると、女性ホルモンのバランスが崩れ、ニキビや肝斑(両目尻のシミ)ができることがあります。
そのため、ストレスは「悪者」と思われがちですが、実は私たちの健康を維持するために、多少は必要なものなのです。

例えば、寒さや暑さ、痛みや精神的な悩みなどの刺激が私たちの身に襲ってきた時に、その刺激に抵抗し、生命を維持しようとします。この防御反応がストレスであり、免疫の低下を防ぐために働いているのです。

しかし、過度のストレスは、肌トラブルを起こすだけでなく、健康までも害します。生体リズムを統括している「視床下部」は、体が快適な状態で生命を維持していくためのホルモン分泌の中枢です。感情、感覚、ストレスの刺激を受ける部分です。

「ストレスに強くなるとよい」と言われますが、これは、「視床下部を鍛えてホルモン分泌や自律神経の働きをよくし、免疫力をアップさせること」です。

「視床下部を鍛える」とは、心と体の不調をおこしたり、病気にならないように健康に気をつけること。そして、美しいものを見たり、心地よい音楽を聴いたり、おいしい食事を食べるなど、五感を豊かに使って生活することです。

心と体のバランスを取って免疫力をアップさせることが、ストレスに負けない美肌を作っていいくかがカギになります。

◆◇◆平日10:00~16:00ご予約限定キャンペーン実施中!
EGF・イオン導入やプラセンタ・イオン導入または、首~デコルテのゴマージュ&チョコレートパックの中からお好きな特別オプションを1つサービス中です。

★ フェイシャルエステ癒では、期間限定!冬の乾燥肌対策コース・保湿もバッチリの2つのローズコースをご用意しました。
「モイスチャー・ローズ&リフトコース」詳しいコース内容はこちら >>
「モイスチャー・ローズコース」詳しいコース内容はこちら >>
是非お試し下さい。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2010/02/18 13:47】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |