お肌の乾燥シーズンに備えて。
こんにちは。だんだんと寒くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。
11月は、気温、湿度ともに次第に低くなるため、血行が悪くなり、新陳代謝もいまひとつ。目元や口元の皮脂分泌が少なくなり、かさつきやすくなります。

この時期、湿度はかなりさがり、平均湿度は50パーセント、暖房がきいた室内では20パーセントまで減少します。お肌のためによい湿度は70パーセントといわれています。多すぎても少なすぎてもよくありません。加湿器を置いたり、ストーブの上にやかんを置くなど工夫して、少しでも湿度をキープしましょう。

お肌は空気の湿度が30パーセントをきると、年齢を問わず、子どもでも乾燥します。子どもの場合は冬が過ぎればもとどうりになりますが、大人の乾燥肌は深刻です。乾燥から小じわになったり、ニキビができたりします。お肌の乾燥を防ぐためには、保湿力の高いヒアルロン酸やセラミド配合の美容液がおすすめです。
セラミドよりもヒアルロン酸の方が安価で手に入りやすいので、軽い乾燥ならヒアルロン酸、それでも乾燥がおさまらないならセラミドを使うとよいでしょう。

★ フェイシャルエステ癒では、世界58ヵ国で愛される、フランス・マリアギャラン社・待望の「リフティングトリートメント」マリアギャラン プロフリフトをご用意致しました。
オールハンドの最も革命的な顔筋トリートメントも注目です。


「マリアギャラン プロフリフト・スペシャルコース」詳しいコース内容はこちら >>

是非お試し下さい。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2009/10/29 14:07】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |