朝の日焼け止めを習慣に。
こんにちは。暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?

この時期気になるのは、やはり紫外線ですね。お肌の老化の80%は紫外線が原因であると言われるほど、美肌には大敵なものです。

なぜ紫外線をあびるとそんなにお肌が老化するのでしょうか。
そもそもお肌=皮膚は、人間の体の表面を覆っている大きな一枚の臓器で、外部からの刺激や有害物質が体内に侵入するのを防ぐはたらきをしています。

紫外線には発がん性があり、人体にとって非常に有害な物質です。この人体にとって有害な紫外線を体内に侵入させないために、皮膚は紫外線と闘っているのです。

紫外線をあびた後に、お肌が日焼けして黒くなるのは、メラニン色素という黒い色素を出すことによって、これ以上紫外線が侵入するのを防ぐためです。これは、お部屋の遮光カーテンと似ています。お肌が黒いカーテンをひいて、紫外線をブロックしようとする防御反応なのです。

しかし、紫外線によってお肌がつよいダメージを受けると、シミになっていつまでも残ってしまいます。

また、紫外線は、真皮層のコラーゲンにもダメージをあたえ、シワ、タルミをつくります。紫外線を体内に侵入させないようにするため、お肌自らが犠牲になって守ろうとするのですね。

このように、紫外線をあびると、今は表面に見えなくても、お肌の奥ではじわじわとシミ、シワ、タルミが進行していき、やがて表面にあらわれます。

シミ、シワ、タルミからお肌を守るには、紫外線をあびてからのケアも大切ですが、まずは朝起きたら必ず日焼け止めをぬる習慣をつけるなど、日焼け防止を徹底させることが、なによりも重要です。


★ フェイシャルエステ癒では、話題の炭酸パックを使用し、「紫外線対策」にもおすすめの美白とフェイスリフトを目指すスペシャルコースを期間限定にてご用意致しました。
オールハンドのお顔・首・肩・背中の極上リフトアップトリートメントも注目です。

「ホワイト&リフトアップコース」詳しいコース内容はこちら >>
是非お試し下さい。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2009/07/26 14:32】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |