FC2ブログ
睡眠中の『口閉じテープ』でたるみ予防
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
最近は風邪が流行ってますね。冬は特に睡眠中の喉の乾燥から風邪を引いてしまうことが多いです。
今日はそんな『喉からくる風邪の予防』としても効果的な『顔のたるみ予防の方法』をお伝えしたいと思います。

風邪予防と顔のたるみ予防を同時に叶えてくれるのが、睡眠中の『口閉じテープ』。ドラッグストアなどで睡眠時専用の口閉じテープも売っていますが、医療用テープでも代用できるので、まずはそちらで試してみるのもおすすめです。

冬の喉からくる風邪は、口を開けたまま寝てしまうことが大きな原因。朝起きた時に喉がイガイガするのは、口を開けたまま寝ることによる喉の冷えと乾燥です。喉の奥にある扁桃組織は通常37度に保たれていますが、口から冷たい空気が入ると冷えてしまいます。寝ている間ずっと冷たい空気が喉に当たっていると、冷えて免疫力が下がり風邪のウィルスに感染しやすくなります。

これを防ぐための最も簡単な方法が『口閉じテープ』。口を閉じた状態で、口の真ん中に1センチ幅の医療テープを貼って寝るだけ。強制的に口呼吸から鼻呼吸に変えることにより、空気が喉に当たるのを防ぎます。口閉じテープはいびきや歯ぎしりの改善効果も。口の中の乾燥も防ぐので、口臭予防や免疫力の低下を防ぐ効果もあります。

美容効果としての効果は、たるみ予防と若返り。口呼吸の時は顔の筋肉に全く力が入っていなくても呼吸が可能ですが、鼻呼吸では鼻まわりや口周りの筋肉だけでなく顔全体の筋肉が微妙に動いて鍛えられます。ほんのわずかな運動ですが、睡眠中の数時間のこの顔の筋肉の運動が、毎日積み重ねると大きな差を生むことに。血流もよくなることによるアンチエイジング効果や、水分蒸発を防ぐことによる乾燥予防効果もあります。

睡眠中に口が開いてしまっている人は実はとても多く、ほとんどの人が無意識で口が開いていると言われています。口閉じテープはとても簡単に冬の風邪予防と顔のたるみ予防ができる方法なので、是非試してみてくださいね。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!



テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2018/01/20 10:14】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |