肌の黄ぐすみを防ぐには?
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
最近は一段と空気が冷たく乾燥していますね。
インフルエンザも流行っているようですので、引き続きお気をつけください。

さて、今日は肌の黄ぐすみについてのお話です。黄ぐすみは40代以降の女性がなりやすいですが、その一番の原因はお肌の糖化です。糖化とはたんぱく質と糖が結び付くことですが、肌の場合は肌のコラーゲンと食事で摂った糖が結び付き老化してしまいます。糖化した肌は黄ぐすみ・しわ・たるみになります。

40代女性が糖化しやすいのは、女性ホルモンが低下をはじめる時期だからです。女性ホルモンとコラーゲン生産力には深い関わりがあります。
ですが、糖化するのは40代女性だけではありません。20代や30代の若い人でも糖化している人はいます。何が原因かというと、食事と過度なダイエットです。

食事は食後の高血糖が糖化の原因です。空腹時の血糖値が正常でも食後に著しく血糖値が上がる人がいますが、この現象を『血糖値スパイク』と言います。
血糖値スパイクは心筋梗塞や動脈硬化、アルツハイマーなどを招く危険な現象です。美肌の面でもよくありませんが、改善しないと健康面で大きな問題が出てにます。

血糖値スパイクを予防するためには、まずは食事の際の食べる順番に気をつけることが大切です。糖質オフまでしなくても順番を変えるだけで効果があります。最初に野菜から食べるとよいというのは聞いたことがあるかと思いますが、その次に食べるべきものは肉や魚だと言割れます。肉や魚に含まれるたんぱく質や脂質が、後に食べるごはん(糖質)の吸収をさらに遅らせます。野菜→ごはんだと糖の吸収速度を3時間しか遅らせられませんが、野菜→肉・魚→ごはんだと8時間も遅らせることができます。この順番で食べることにより、血糖値スパイクを予防し体の健康と美肌をキープすることができます。

また、過度なダイエットにより筋肉量が減ると、血糖値が高くなりやすくなります。痩せていても血糖値が高い人もいるので気をつけましょう。筋トレもいいですし、食後15分ほどウォーキングするだけでも血糖値スパイクを予防することができます。
糖化は肌だけでなく、全身の全ての病気や老化に近づいてしまうので、日頃から食べる順番の改善や軽めの運動を心がけましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!





テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2017/02/04 06:38】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |