日傘は黒色のものを!UVカット加工のものでも白色は危険。
こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
今日はどこも交通渋滞が多いようですね。
お盆で帰省される方もいらっしゃるかと思いますが、暑いですので体調には十分お気をつけくださいね。

さて、真夏の強い紫外線ダメージを回避するために、日傘を利用する人は多いですよね。日焼け止めを塗るだけではなんとなく不安ですし、日傘は顔だけでなく体全体に浴びるはずの直射光をカットしてくれるので、この紫外線ピークの時期には本当に重宝しますよね。

しかしこの日傘、実は色によって効果にちがいがあることをご存知でしょうか。周りをよく観察してみると、白い日傘をさしている人と、黒い日傘をさしている人がいます。一見、黒よりも白の方が涼しげに見えていいのでは?と思ってしまいそうですが、UVカット効果の面から言うと、白よりも黒の方が効果が高くなります。白よりも黒の方が紫外線を透過させないのです。

色だけで見た場合、白は紫外線が透過しやすく、黒は紫外線を透過しないので、黒の方がUVカット効果が高いということになります。ですが、最近ではUVカット効果をうたっている商品も増えています。こういった商品には、紫外線を反射させる特殊加工が施されているので、白色や色の薄い商品でも同等のUVカット効果があります。

しかし、日傘には実は盲点があるので要注意です。確かにUVカット効果をうたっている日傘は、太陽から直接降り注いでくる『直射光』を大幅にカットすることができます。しかし、忘れてはいけないのが、地面からの照り返し。これを『反射光』と言います。

黒色は光を吸収し、白色は光を反射するという、色そのものが持つ特徴があります。つまり、いくらUV加工が施してあっても、白い色の日傘の場合、地面からの照り返しが日傘の内側の面に当たり、そこからの照り返しにより紫外線を浴びてしまうという現象が起こります。

照り返しといえば、よく冬にスキーへ行くと、雪の照り返しにより日焼けをすることがありますが、ちょうどそれと同じですね。照り返し(反射光)は、直射光と比べれば紫外線量は少ないですが、毎日浴び続けているとかなりのダメージを受けてしまいます。

洋服などは、UVカット加工のものなら白色や薄い色のものでも、ほとんどの紫外線をカットしてくれますが、日傘の場合は照り返しによるダメージがあるので、せっかく使うのなら効果の高い『黒色の日傘』を使用するようにしましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!


テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2016/08/13 11:51】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |