リコピンを摂取して紫外線に負けない肌に
こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
夏に向かって紫外線がどんどん強くなっている今日この頃。
日焼け止めや日傘、帽子やサングラスなどでしっかりと紫外線対策をしていらっしゃいますでしょうか。
紫外線は肌の老化を急速に早めてしまうので、5年後10年後に後悔しないためにも、徹底的に予防しましょう。

さて、今日は食べ物の力で紫外線に負けないお肌を作るというお話です。外側からの紫外線カットも大切ですが、体の内側から予防するのもまた大切です。紫外線を浴びると、浴び始めて5秒後からメラニンの活動が活発になります。メラニンは普段は無色透明な色をしていますが、紫外線に当たると黒い色に変わります。これが日焼けやシミの原因です。新陳代謝がよい肌では日焼けをしてもシミになりませんが、新陳代謝が悪かったり、強烈な紫外線を浴びて肌細胞がひどく損傷すると、シミになって残ってしまいます。

また、紫外線を浴びると真皮にある線維芽細胞の働きが弱くなってしまいます。線維芽細胞とは、肌のハリを保つためのコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを生み出す細胞です。コラーゲンは古くなったものが少しずつ壊され、かわりに新しいものが常に生成されて一定量が保たれていますが、線維芽細胞の働きが低下し、コラーゲンなどの生成量が減ってくると、シワやたるみが増えてしまうのです。

そこで、この紫外線が強い季節に是非毎日摂りたい栄養成分が「リコピン」です。リコピンとは、トマトやスイカに含まれる赤い色素のことです。抗酸化作用が強く、紫外線による活性酸素を消去し、シミやシワを防いでくれます。また、メラニンや線維芽細胞への悪影響も防いでくれます。リコピンを摂取するには、トマトやスイカをそのまま食べる他、トマトジュースでも手軽に摂れます。また、加熱すると2倍に増えるので、トマト煮込みなどにして食べるのもおすすめです。リコピンを摂取して、紫外線に負けないお肌を作りましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2016/05/28 12:33】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |