コラーゲンの再生能力ありますか?
こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
最近は毎日気温の差が激しいので、体調には十分お気をつけくださいね。

さて、今日はコラーゲンの再生能力についてお話したいと思います。お肌においてのコラーゲンの役割は、肌のハリを保つことです。肌表面から少し深い所にある「真皮層」の70%を占める弾力性のある繊維状の組織です。このコラーゲンが減ったり弾力性がなくなると、肌のハリが低下しシワやたるみができるのです。

よく、お肌の生まれ変わりは28日と言いますが、これは表皮の生まれ変わりのサイクルのことで、真皮のコラーゲンが生まれ変わるサイクルは、2~6年とかなり長いです。2年と6年ではかなりの差がありますが、これは個人差です。年齢的なものもありますが、お手入れ次第で真皮の新陳代謝を高めることもできます。

新陳代謝が悪いと、弾力性が無くなってしまったコラーゲンが何年もの間お肌に居座ることになり、シワやたるみが目立ってしまいます。また、新しく作られるコラーゲンの量が少ないと、肌ハリが低下したまま戻りません。これを改善するためには適切なケアが必要になりますが、最近おすすめなのは、「カルノシン」という成分です。コラーゲンの糖化を防ぎ、シワやたるみを改善してくれます。新しいコースの「MT メタトロン スーパーリフト・フェイシャル」「MT メタトロン リフトアップ・ベーシック」では、カルノシンをたっぷり使用していますので、たるみが気になる方は是非試してみてくださいね。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2015/09/19 12:26】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |