春は冬以上に乾燥肌になりやすい?!
こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
季節の変わり目で寒暖の差も激しく、体調やお肌の調子が崩れやすい時期ですよね。
そんな時は、無理せずしっかりと休養を取るよう心がけてみてくださいね。

さて、今日は今の季節に最も多い、乾燥肌対策のお話です。もう3月…春なのに、何だか冬よりも肌が乾燥している…なんてことはありませんか?一年の中で最も乾燥するのは1月と2月と言われていますが、3月もまだまだ肌寒い日が多く、空気も乾燥しています。寒いと皮脂腺が閉じ、皮脂分泌量が減るため、乾燥肌になりやすくなります。春は冷たい風が吹くことも多く乾燥を加速させます。更に、風に乗って花粉やホコリなどが空気中に舞い、肌に付着してアレルギー反応を起こし、赤くなったり痒くなったりという敏感肌になることもあります。敏感肌までは行かなくても、角質が肥厚し肌が固くゴワゴワしたり、ひどくカサカサになったりもします。

こんな時の対処法は、敏感肌までになっていなければ、まずピーリングを行い肥厚した角質を取り除き、その後しっかりと保湿をすることです。赤みや痒みがある時のピーリングは、敏感肌を悪化させてしまうので逆効果ですが、そうでなければ、まずは古い角質を取り除かなければ、いくら化粧水を塗っても肌へ浸透していきません。ピーリングをして浸透しやすい状態にしてから、ローションパック、またはしっとりタイプの化粧水を2〜3回に分けて塗り、たっぷりと浸透させましょう。

また、春はまだまだ肌寒いため、皮脂分泌が低下し油分が不足ぎみなので、保湿クリームを塗って油分もしっかり補いましょう。春の乾燥はもうしばらく続きそうですので、しっかりとケアをして、お肌の潤いを取り戻しましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2015/03/07 14:05】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |