大切なお肌を保湿ケアしましょう!
こんにちは。いよいよ季節の変わり目という感じですが、お肌の調子はいかがでしょうか?

だいぶ落ち着いた様子の「紫外線」ですが、まだまだ油断は大敵です。紫外線は、シミ・シワ・たるみを招きますので今後もきよつけましょう。

さて、夏の紫外線や冷房の乾燥に耐えたお肌は、カラカラに乾いた状態になっています。これからの季節は保湿が特に重要になります。

お肌のケアをする保湿成分には色々な種類がありますが、ここで保湿成分の種類と違いをおさらいしておきましょう。

まず、保湿力の強い順に並べてみます。

① セラミド類似成分

② ヒアルロン酸・コラーゲン・エラスチン

③ 天然保湿因子=NMF(アミノ酸・尿素・PCA)

④ 油分(ミネラルオイル・ホホバオイル・スクワランなど)

となります。

セラミド類似成分は、水をはさみこんで逃がさない、 ヒアルロン酸・コラーゲン・エラスチンは水をかかえこむ、天然保湿因子=NMF(アミノ酸・尿素・PCA)は、水を結合する、油分(ミネラルオイル・ホホバオイル・スクワランなど)は、水にふたをするとなります。

乾燥した肌には、「水分を結合する」力を持つものを使うのがポイントになり、①~③を乾燥の度合いによって補います。ただ③は、安価で使用感もよいですが低湿度のもとでは保湿力が低下します。

保湿ケアとしては、 ヒアルロン酸・コラーゲン・エラスチンをまずは取り入れて、もう少しということであれば、セラミド類似成分もプラスするとよいでしょう。

★ フェイシャルエステ癒では、強い紫外線で疲れたお肌に合わせたスペシャルメニューをご用意致しました。

「紫外線ダメージ肌リセットコース(期間限定)」詳しいコース内容はこちら >>

是非お試し下さい。


テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/10/19 13:03】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |