丁寧な洗顔で美肌をキープ!
こんにちは。少し寒い日も多くなった気がしますが、皆さんいかがおすごしでしょうか?

今回は、スキンケアの基本である洗顔についてお話したいと思います。
もう、今さら洗顔はゴシゴシこすった方がよく落ちてよいなんて思っている方はいないと思いますが、お肌は摩擦に弱く、こすりすぎると薄くなってシミやシワの原因になります。

正しい洗顔は、泡でつつみこむようにタマゴを割らない程度の力で洗います。泡がうまく立たない場合は、洗顔ネットを使って泡立てるとよいでしょう。

額から洗いはじめ、鼻~頬へ。目元・口元は皮膚が薄く乾燥しやすいため、最後に軽くなでる程度にします。洗い流すぬるま湯は、36℃~37℃ぐらいがベストですのでお風呂のお湯よりややぬるめにしましょう。水では、皮脂が固まって落ちません。また、熱すぎてもシワの原因になります。

洗い残しやすいポイントは髪の生え際や眉間・小鼻の両側そしてアゴのくぼみです。洗い残しはニキビのもとに、そしてすすぎ残しは洗浄成分が残って、お肌のバリアを破壊しますので注意しましょう。

洗顔の時にほお骨辺りをこすっている方も多いと思いますが、要注意です。毎日こすっているとシミや赤ら顔の原因となります。

洗顔後のタオルもゴシゴシ拭き取らずに肌を軽く押さえて水分を吸い取る程度にしましょう。


★ フェイシャルエステ癒では、夏の強い紫外線で疲れたお肌に合わせたスペシャルメニューをご用意致しました。

「紫外線ダメージ肌リセットコース(期間限定)」詳しいコース内容はこちら >>

是非お試し下さい。

テーマ:敏感肌、乾燥肌、美肌 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/10/13 12:43】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |