脂性肌と乾燥肌、老化しやすいのはどっち?
こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
ゴールデンウイーク後半もどうぞ満喫してくださいね。

さて、今日は脂性肌と乾燥肌ではどちらが老化しやすいか?というちょっとした疑問についてです。脂性肌の方は、特に20代などの若い時はニキビに悩まされることが多いですよね。それに対し、乾燥肌の方は、若い時は少しかさつきが気になるくらいで、ニキビにはなりにくいためきれいな肌に見えます。しかし、30代以降になると少しずつ逆転し始めます。脂性肌の方は徐々にニキビの悩みから解放され、皮脂によりいつも乾燥から肌が守られているため、シワができにくくなります。乾燥肌の方は外敵刺激に弱く、シワやシミができやすくなります。よって、老化しやすいのは乾燥肌ということになります。

肌が乾燥すると肌が硬くなり、新陳代謝が滞るため、弾力の元になるコラーゲンやエラスチン繊維の生成が減ってしまいます。その結果、弾力が失われやすいため、シワになりやすくなるのです。また、新陳代謝の低下により、老廃物やメラニン色素などの排出もスムーズに行われなくなり、シミやくすみにもなりやすいです。

生まれつき乾燥肌の人は、生まれつき老けやすい、という結論になってしまいますが、乾燥肌の方はしっかり保湿をすることにより、老化を遅らせることができるのでご安心ください。まずは化粧水をたっぷり与えて水分を増やし、保湿成分のセラミドを補ってお肌を乾燥させないようにしましょう。みずみずしい肌は、若々しく見えるだけでなく、長い目で見てアンチエイジングのためにもとても大切なので、毎日うるおいたっぷりのお肌を心がけましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!


テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2014/05/03 15:24】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |