食後15分の散歩が糖化を防ぐ
こんにちは。
すっかり肌寒くなりましたが、みなさま元気にお過ごしでしょうか。

さて、今日はお肌の糖化を防ぐためのお話です。糖化とは、真皮のコラーゲンと食事で摂った糖が結びついて、コラーゲンが本来の弾力を失ってしまうことを言います。糖化したコラーゲンが増えると、お肌のシワやタルミが増え、さらにお肌の色がくすんできます。

糖化は血糖値と関係があり、急激に血糖値が上昇すると、どんどん糖化が進みます。食事をする際、最初にごはんやパン、パスタなどの炭水化物から食べ始めたり、また、炭水化物や砂糖の摂りすぎは糖化を促進してしまうので気をつけましょう。

また、血糖値を下げるには、一日45分程度の運動を行うとよいと言われますが、それよりも、食後15分間の散歩をする方がより効果が高いようですので、三度の食事の後に散歩の習慣をつけるとよいです。

ちなみな、糖化を防ぐための食べ方というのも今や有名なですが、おさらいしておくと、食べる順番を、野菜→汁物→肉・魚→ごはん・パンなど、という順番に食べるとよいです。体の健康と美肌のために、食べる順番と食後の散歩を習慣にしてみましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!



テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2013/11/02 14:39】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |