FC2ブログ
ポリフェノールで紫外線ダメージを減らす
こんにちは。
急に暑くなってきましたが、みなさま元気にお過ごしでしょうか。
空調を整えたり水分補給をしっかりして、体調に気をつけてくださいね。

さて、紫外線が強い季節ですが、紫外線を浴びると活性酸素が大量発生し、シミ・シワなど肌を老化させてしまいます。それを防ぐためには、活性酸素を消去するものを日常的に摂取しておくとよいです。その代表的なのがポリフェノール。

ポリフェノールのいえば、赤ワインに豊富に含まれる赤い色素が有名ですよね。ですが、実はポリフェノールはほとんどの植物に含まれています。植物が持つ色素や苦みなどの元となる成分で、その種類は300種類以上とも言われています。ですので、野菜や果物、豆類などの植物性食品を積極的に食べることが、活性酸素を除去し肌の老化を防ぐことにつながるのです。

ビタミンCやEなどに抗酸化作用がありますが、ビタミンCは細胞間の水溶性部分のみ、ビタミンEは脂溶性部分のみでしか抗酸化作用を発揮することができないのに対し、ポリフェノールは水溶性部分、脂溶性部分、細胞膜などあらゆる場所で抗酸化作用が働くという点が優れています。

ポリフェノールを摂取すると、30分後くらいから体に作用しはじめますが、体に蓄積されないためすぐに消滅してしまうので、こまめに補給することが大切です。

野菜や果物を美味しく食べて、紫外線ダメージからお肌を守りましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!








【2013/07/13 15:31】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |