目の下のクマ〜青グマ対策
こんにちは。
まだまだ寒い日が続いていますが、みなさま元気にお過ごしでしょうか。
明日は節分。豆や恵方巻を食べて気分を盛り上げると楽しいかもしれませんね。

さて、今日は目の下のクマのお話です。クマには実は3種類あり、血行不良による青グマ、タルミによる黒グマ、色素沈着による茶グマに分けられます。

青グマは血行不良が原因です。目の周りには目を動かすための筋肉があり、血流量も多く毛細血管を通って目に栄養や酸素を送り込んでいます。

睡眠不足や、パソコンなどで目を酷使すると、血液中の酸素が減り、血液が黒ずんだ色になり、薄い皮膚からその色が透けて見えるのが青グマです。

このタイプのクマを予防するには、十分な睡眠と、目を酷使しないということが重要ですが、今はパソコンを使った仕事が多いので難しいですよね。

そういう場合は、目を温めて血行を良くすることも有効です。休み時間や寝る前に、ホットタオルを目に当てるのは血流アップによいです。タオルを1分くらい電子レンジであたため、サランラップやビニールでくるみ、適度な温度に下げてから目の周辺をあたためます。あらかじめアイクリームなどを塗ってからタオルをあてると、スチーム効果で浸透しやすく、目元のシワ予防にも効果的です。あたためた後にもう一度クリームを塗るとなおよいです。タオルがやりづらいようなら、市販の目を温めるグッズでもよいと思います。

青グマが気になる人は、毎晩の寝る前のケアとして取り入れてみてくださいね。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
「乾燥による手荒れにおすすめ!手のエモリエントパック」サービス又は、フェイシャルコース1,000円OFF!実施中です。




テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2013/02/02 12:03】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |