朝は洗顔しない方がいい?
こんにちは。
寒い日が続きますが、みなさま元気にお過ごしでしょうか。
普段忙しい人はしっかり休息をとることが一番の薬ですので、ゆっくりと体を休めてくださいね。

さて、今日は洗顔についてのお話です。冬は乾燥が激しいこともあり、朝の洗顔を控えている人も多いようです。

寝ている間には皮脂や汗が出ていて、その皮脂が長時間肌に残ることにより、酸化しお肌のトラブルや老化を招いてしまいます。

アトピーなどで皮脂があまり出ないタイプの人や、60代以降の人は皮脂分泌量が減るので、ぬるま湯で洗い流すだけの方がよいですが、それ以外の人は朝も洗顔料で洗顔した方がお肌のためにはよいです。

洗顔後、何もつけずにそのまま放置していると乾燥してしまいますが、洗顔後はできるだけ早く、最低でも90秒以内に化粧水・美容液・クリームをつければ、乾燥を防ぐことができます。

古い皮脂を肌に残したままにしておかないのがポイントです。常に古いものから新しいものへ入れ替えることが老化を遅らせ、トラブルを防ぐことにつながります。

さらに言うと、洗顔料は固形の洗顔石けんがおすすめです。フォームタイプの洗顔料には水分が含まれるため、腐敗を防ぐための防腐剤などの添加物が入っています。

また、しっとり洗い上げるために油分が含まれており、その油分が洗顔後の肌に油膜を残し、化粧水や美容液の浸透を妨げてしまいます。

洗顔は汚れや皮脂を落とすのが目的なので、洗顔でしっとりするというのは本当は矛盾したことなのです。本来洗顔後はさっぱりさせるためのものであり、その後につける化粧水やクリームなどでしっとりさせるのが正しいスキンケアになります。

毎日行う洗顔なので、小さな差が長い年月で大きな差になります。みなさまも是非、洗顔を見直してみてくださいね。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
「乾燥による手荒れにおすすめ!手のエモリエントパック」サービス又は、フェイシャルコース1,000円OFF!実施中です。





テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2013/01/26 13:20】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |