肝臓を疲れさせていませんか?
こんにちは。
寒さがより一層増してきましたが、みなさま元気にお過ごしでしょうか。
そろそろ忘年会が増えてくる人も多いでしょうが、胃腸や肝臓にあまり無理をさせないように気をつけましょう。

アルコールの飲み過ぎは肝臓を疲れさせるということは皆さんご存知の通りですが、どのくらいの量なら飲み過ぎでないかというと、缶ビール2本くらいまでです。個人差はありますが、毎日飲んでいると肝臓に負担がかかります。1日お酒を飲んだら2日飲まないようにすると肝臓がリセットされるので覚えておきましょう。

また、肝臓を疲れさせるのはアルコールだけではありません。動物性のものの食べ過ぎ、脂肪分の摂りすぎも肝臓に負担をかけます。お酒のおつまみには揚げ物などの油っこいものが多いので、それらの食べ過ぎには注意しましょう。

肝臓の疲を疲れさせないようにするための最もよい方法は、食事を抜くことです。肝臓には解毒と代謝という2つの働きがありますが、食事を抜くと解毒の必要が減り、その分代謝が活発になります。食事を抜くのが難しい人は、食べ過ぎた日の翌日は野菜や果物だけにしてみるとよいでしょう。

肝臓が疲れると、肌がくすんだり老化が早くなってしまうので、ちょっと気をつけながら忘年会シーズンを楽しく乗り切りましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
「首~デコルテのゴマージュ&ハリうるおいパック」サービス又は、フェイシャルコース1,000円OFF!実施中です。




テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2012/12/08 13:55】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |