乾燥を防ぐクレンジング法
こんにちは。寒くなってきましたが、みなさま元気にお過ごしでしょうか?
寒さとともに、お肌の乾燥もより一層深刻になっている今日この頃ですね。

とある調査では、男性から見ると、お肌が乾燥している女性は、実年齢よりも平均7.8歳も老けて見えるそうですので、「たかが乾燥」と甘く見ている人は要注意です。かなりの損をしている可能性があります。

さて、お肌の乾燥を防ぐには、化粧水・美容液・乳液・クリームなどの塗る化粧品をしっかりつけることはもちろん大切ですが、今日はその前の「落とす」段階である「クレンジング方法」についてお話したいと思います。

まず、クレンジング料選び。これがきちんとできていれば、7割はクリアです。クレンジング料にはさまざまなタイプのものがありますが、洗浄力が強すぎてお肌に負担がかかるのは、オイルタイプ・拭き取りタイプ・リキッドタイプ・透明のジェルタイプなどです。メイク汚れを浮かせるための界面活性剤の量が多く、お肌の潤い成分まで落とし、乾燥させてしまいます。スルッとメイクが落とせて使いやすいですが、お肌にとっては負担が大きいです。

また、お肌にやさしいとされるミルクタイプのクレンジングは、洗浄力が弱すぎるせいで、こすって洗ってしまうため、その摩擦がお肌を乾燥させる可能性が高くなります。

総合的に見て、お肌にとって理想のクレンジング料は、そこそこしっかりメイクが落とせて、お肌の潤い成分を残してくれる「乳白色のジェルタイプ、またはクリームタイプ」がおすすめです。今までオイルクレンジングなどを使っていた人は、これらを使うと「何だか落ちていない気がする」と思われるかもしれませんが、残った汚れは、洗顔で落とせばいいので、そのくらいで大丈夫なのです。

また、クレンジング料とは、そもそもの目的が、メイク汚れなどの落ちにくい汚れを落とすものなので、どんなにお肌に優しいものであっても多少はお肌へ負担がかかります。

できるだけお肌にのせている時間を短くし、手早く行うのが乾燥を防ぐコツです。40秒~1分以内を目安にお肌になじませ、手早く洗い流しましょう。クレンジング料で長時間マッサージをするのは禁物です。きれいになるどころか、自らの手でお肌をどんどん乾燥させていることになります。

クレンジング料選びと、クレンジングにかける時間、正しくできていましたでしょうか?これらを正しく行うだけで、何を塗っても乾燥していたというで人もよくなることが多いです。この先1月・2月は乾燥のピークになりますので、今のうちから乾燥対策をしっかりとしておきましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
「アイリッチマスク」サービス又は、フェイシャルコース1,000円OFF!実施中です。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2011/12/24 14:23】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |