老化の原因②=水分・油分・コラーゲンの減少。
こんにちは。毎日本当に暑いですが今日だけは涼しくてとても過ごしやすいですね!

さて、今日は前回に続き、肌老化の原因についてお話したいと思います。

歳を重ねるにしたがい、肌や体の中では色々な変化が現れてきます。
赤ちゃんのときには80%もあった水分が、徐々に減っていき、20代では65%になり、60代では半分にまでなってしまいます。

肌の保湿成分であるセラミドも年々減少し、角質層の水分も減っていきます。すると肌が乾燥してくるのですが、自覚するのは30代くらいからの場合が多いです。

また、30~40代になると皮脂量が減少し、乾燥しやすくなります。
更に、女性ホルモンの分泌量も低下を始め、そのためにコラーゲンが減り、肌にはりがなくなって、シワ・たるみが出てきます。

ターンオーバーも年々低下するため、シミが残ったり、ニキビが治りにくくなったりします。

これらは生理現象で、必ず誰にでも起こってくるのですが、少しでも抵抗していくことで老化を遅らせることができます。

まず、体の水分の減少は、体が水分を維持する能力が低下するために起こるので、水分を少しずつこまめに摂ることで、あるていど常に体内の水分を多めに保つことができます。
いっきに大量に飲むと、細胞に吸収されないまま尿になって出てしまうので、こまめにチョコチョコ飲むのがポイントです。

セラミドの減少は、睡眠不足がこれを助長させるので、きちんと睡眠をとるようにしましょう。目標は7時間です。睡眠不足の翌朝に化粧のりが悪いのは、セラミドが不足しているからです。
また、セラミドは化粧品でも補うことができます。セラミド配合美容液・クリームを取り入れることもおすすめです。

皮脂量の減少は、特に気になる目元・口元には、クリームをつけて油分を補うようにします。
女性ホルモンの低下には、イソフラボン。特に成分無調整豆乳をストレートで飲むのは、効果が高いのでおすすめです。目安は1日400mlです。何回かに分けて飲んでも大丈夫です。

ターンオーバーの低下は、週1回のピーリングで解消できます。また、血行が悪くなるとターンオーバーが低下してしまうので、体を冷やさないようにしたり、軽い運動を取り入れることも大切です。

今は、年齢よりも10歳若い人も、珍しくない時代です。反対に、無頓着で老化が早まっている人もいるので、同じ年齢でも10も20も年齢差が離れているように見えてしまう場合さえあります。
是非、若く見える人になっていきましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
「プラチナたっぷりシートマスク+イオンスチーム」サービス又は、フェイシャルコース1,000円OFF!実施中です。

◆◇◆フェイシャルコースご予約キャンペーン!
選べる特別オプション・サービス☆オプション内容は毎週変わります!詳しくはホームページで!

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2011/07/21 19:55】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |