化粧水は乾燥肌か脂性肌かで選ぶ。
こんにちは。暑い日が続いていますが、みなさま元気にお過ごしでしょうか?
こう暑いと、化粧水や美容液など塗りたくない、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、毎日のスキンケアは、長い目で見ると、正しくできているかいないかで、大きな差が出てきます。

洗顔で汚れが取れた肌は、皮脂や天然保湿因子、セラミドなどの保湿成分が減り、角質の中の水分が蒸発しやすい状態になっています

そのままにしておくと、どんどん乾燥して小じわができてしまうので、化粧水で水分を補給してあげなくてはなりません。

化粧水は、一般に、オイリースキン用・ドライスキン用・ノーマルスキン用の3タイプに分かれます。

基本的には成分のほとんどが水分で、その蒸発を防ぐために保湿剤を加えて作られています。

オイリースキン用にはアルコールが含まれるものが多く、一時的に皮脂の分泌を抑えるので、さっぱりした使い心地です。

ドライスキン用には、保湿成分が多めに配合されています。

その中間がノーマルスキン用です。

どのタイプを選ぶかは、自分の肌質をよく見て決めますが、基本的にはノーマルスキン用、アルコールが含まれないものを使うのがよいでしょう。

そして、部分的に乾燥している目元・口元な部分には美容液や乳液を使ったり、Tゾーンの脂っぽいところにはオイリースキン用の化粧水で引き締めるといった使い分けをすることをおすすめします。

夏の肌は油っぽくなるので、冬と同じ化粧水ではベタつきやすくなります。

季節によって、また部分によって使い分けをして、お肌をよい状態に保っておきましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
「プラチナたっぷりシートマスク+イオンスチーム」サービス又は、フェイシャルコース1,000円OFF!実施中です。

◆◇◆フェイシャルコースご予約キャンペーン!
選べる特別オプション・サービス☆オプション内容は毎週変わります!詳しくはホームページで!

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2011/07/03 13:49】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |