紫外線を浴びてしまった時に最初にすることは?

こんにちは。今年は日本全国、梅雨入りが早いですが、みなさま元気にお過ごしでしょうか?
東京も例外なく、例年よりも17日も早く梅雨入りしたもようです。

しかし、晴れている日は、たとえ気温がそれほど高くなくても紫外線が強いこの季節。テニスやゴルフなどの屋外スポーツ、レジャーなどで2~3時間も外にいると、しっかり日焼けして黒くなります。

日焼けはシミを増やしてしまうので、日焼け止めを塗るなどして、日差しをまともに浴びないようにするのが鉄則ですが、それでも、どうしても日焼けをしてしまったならば、そのダメージを最小限にとどめるには、まず「冷やす」ことが大切です。

熱をもって赤くヒリヒリしてしまうような、よほどの日焼けでない限り、「冷やす」ことをしない人がほとんどでしょうが、実は、冷やすことによってメラニンの放出量を減らすことができるので、必ず冷やした方がよいのです。

紫外線を浴びると、肌は熱を持ち、その熱が神経伝達物質を刺激してメラノサイトへ届き、メラニンを放出するのですが、この「熱」をできるだけ取ってあげると、その経路が遮断され、幾分かメラニンの放出量が減り、結果、シミを最小限に抑えることができるというわけです。

肌が熱くなくても、念のため冷タオルや氷水で冷やしておくよう心がけてみましょう。
◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
「プラチナたっぷりシートマスク+イオンスチーム」サービス又は、フェイシャルコース1,000円OFF!実施中です。

◆◇◆フェイシャルコースご予約キャンペーン!
選べる特別オプション・サービス☆オプション内容は毎週変わります!詳しくはホームページで!

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2011/06/02 13:11】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |