紫外線は直射日光だけではない。
こんにちは。最近は暖かくなってきたというよりも、急に暑くなってきましたね。みなさまいかがお過ごしでしょうか?

こう暑いと、気になるのはやはり紫外線。直射日光が強いときは、紫外線が肌に突き刺さるかのように刺激を感じるので、帽子をかぶったり日傘をさしたりして日差しをカットしたくなりますよね。

しかし、これだけでは十分紫外線をカットできていません。太陽光には、太陽から直接地上に達する直射光と、空気分子によって空中で散乱する散乱光があります。

そのため、帽子や日傘を使ったり、日陰にいたりしても、散乱光によって四方八方あらゆる方向から紫外線を浴びていることになり、これだけではしっかりと日焼けしてしまうのです。

また、直射光地表で反射するので、下からも多くの紫外線を浴びています。土やアスファルトの反射率は10%、水面では20%、砂浜では25%、深雪では80%です。スキー・スノボーで真っ黒に日焼けするのはこのためなんですね。

紫外線を浴びないためには、こうした散乱光や反射光を防ぐことも考えなくてはなりません。帽子・日傘などは役に立たないわけではなく、直射光を防いでくれるのであった方が予防できますが、それだけでは不十分なので、日焼け止めも必要なのです。

特に顔は皮膚が薄くシミができやすいので、日焼け止め+パウダーファンデーション(フェイスパウダーも可)、できれば帽子か日傘も使ってできる限りカットした方が、より確実に紫外線を防ぐことができます。

紫外線はシミ・シワを大幅に増やします。一度浴びた紫外線は肌に蓄積されていくので、その後どんなにお手入れをしても浴びなかったことにはできません。肌の老化を防ぎたい人は、極力浴びないように気をつけましょう。

ツヤ肌・おすすめメニュー☆期間限定にて、特別プライス実施中!

【マリアギャラン プロフリフト・スペシャルコース】

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
「アロエ・シートマスク+イオンスチーム」サービス又は、フェイシャルコース1,000円OFF!実施中です。

◆◇◆フェイシャルコースご予約キャンペーン!
選べる特別オプション・サービス☆オプション内容は毎週変わります!詳しくはホームページで!

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2011/05/18 17:40】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |