美容に良いビタミンNo.1の『ビタミンC』
こんにちは。雪が降ったりと寒い日が続いていますが、みなさま元気にお過ごしでしょうか?

今日は、美容に良いビタミンNo.1の、ビタミンCについてのちょっとした知識をお話したいと思います。
ビタミンCといえば、食品として口から摂る場合、抗酸化作用で体や肌の老化を抑制したり、動脈硬化や脳卒中、心筋梗塞、癌などを予防することで知られます。

また、コラーゲン合成に不可欠で、肌のハリを保ったり、傷を修復したりと、皮膚の健康を維持するために欠かせない存在です。ビタミンCは、野菜や果物に多く含まれますが、同じ野菜でも旬・部位・調理で差がつく事をご存知ですか?

同じ野菜でも、旬の時期の方がビタミンCがたっぷり含まれています。また、捨ててしまいがちな野菜の外葉や芯の部分には、ビタミンCがたくさん含まれています。

例えば、キャベツの場合ビタミンC含有量は、外葉(緑色の部分)127%、内葉(色の薄い部分)88%、芯葉(芯に近い部分)117%。チンゲン菜では、葉275%、茎83%となります。ですので、できるだけ、安全な無農薬か低農薬のものを選び、外葉も食べた方がビタミンCをたくさん摂れます。

購入した野菜は、時間の経過とともにビタミンCの量が減っていきます。比較的こわれにくいジャガイモのビタミンCでも、1ヶ月の室温保存で15%も減少します。購入したら、できるだけ早めにたべましょう。

また、ビタミンCは水にとけやすく、熱にも弱く、3分以上ゆでると半減します。水に放した後も、早めに水気をきりましょう。調理損失がおおきいので、1日所要量の3倍量を摂るとよいといわれます。

ビタミンCの1日の所要量は、100mgです。菜の花1/2株130mg、赤ピーマン1/2個115mg、なばな1/2株110mg、ブロッコリー1/2株60mg、柿1個127mg、グアバ1個123g、ネーブルオレンジ1個78mg、はっさく1個65mg、キウイフルーツ1個59mgです。

野菜や果物から上手にビタミンCを取り入れて、体の中からお肌をきれいにしていきましょう。

期間限定!金箔づくしの特別なフェイシャル・豪華な金箔をたっぷりと使用したフェイシャルコース

New!金箔フェイシャル・リフトアップコース

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
「手の酵素パック&パラフィンパック」サービス又は、フェイシャルコース1,000円OFF!実施中です。

◆◇◆フェイシャルコースご予約キャンペーン!
選べる特別オプション・サービス☆オプション内容は毎週変わります!詳しくはホームページで!

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2011/02/13 12:49】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |