お肌は内臓の鏡です!
こんにちは。だんだんと寒くなってまいりましたが、みなさま元気にお過ごしでしょうか?

今回は、「目の周りの肌トラブルと肝臓の関係」についてお話したいと思います。

昔から、肌は内臓の鏡と言われますが、内臓の各臓器の健康状態と目、鼻、口、額、頬、口まわりなどの顔のパーツには、それぞれ関係があります。顔の中で最もよく働き、エネルギーを大量に消費するのは、脳と、その一部とされる「目」です。

人は、目、鼻、口の感覚器によって外界からさまざまな情報を受け取っているのですが、そのうちの8割は、目がキャッチしている情報です。血液の質や量が落ちると、目は十分に働けなくなります。そのため、目には毛細血管がびっしりと張りめぐらされ、酸素や栄養を送り届けられているのです。

その重要な血液は、肝臓からまわってきます。肝臓は、「血の貯蔵庫」といわれるように、体中から集められた血液の老廃物を分解・解毒し、血液を浄化して、きれいになった血液に栄養を与えます。肝臓の働きが低下すると、真っ先に目の栄養状態が悪くなり、疲れ目、かすみ目、視力低下、ドライアイなどの症状があらわれます。

それが続けば、目の周りのクマ、くすみ、シワなどの症状も出てきます。これらのトラブルを感じたら、肝臓に要注意と考えて、養成した方がよいでしょう。

まず、目の下のクマは、血液が汚れている証拠です。目の下の皮膚は他の部分より薄いため、血液の色をよく反映します。血液がきれいで鮮やかな色なら、クマはできません。まぶたの黄白色の小さな盛り上がりは、脂肪のかたまりで、比較的皮膚の柔らかい部分にできます。コレステロール過剰でできるので、食生活を見直しましょう。

寝る前に水分を摂り過ぎたわけでもないのに、目の周りがむくむなら、腎臓の働きが弱まっているかもしれません。

その他、目の症状・・・↓

・まぶたの裏側が白っぽい・・・貧血の代表的な症状・白目が黄色い・・・肝臓、胆嚢のトラブル信号

・白目が赤い・・・肝臓が緊張し、血管がひろがっている。ストレスがたまっています。

・ものもらい・・・体の抵抗力低下

・目が疲れやすい・・・肝臓機能の低下

・薄目を開けて寝る・・・胃腸虚弱。全身の筋肉が弱っている。

・目が乾く・・・睡眠不足、過労、ストレスによる血行障害。目の病気を引き起こしやすい。

・涙がやたら出る・・・肝臓が弱っている

肝臓と目は、こんなにつながっているんですね。

これから忘年会シーズンで、お酒を飲む機会が多くなるかもしれませんが、ちょっと気に留めて注意してみてくださいね。

話題の抗糖化!最新・究極のハリ弾力アップにリフトアップをプラス。オールハンドフェイシャルトリートメントとアテロコラーゲンで徹底ケア致します。

New!抗糖化・ハリ弾力アップフェイシャルリフトコース

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
「手の酵素パック&パラフィンパック」サービス又は、フェイシャルコース1,000円OFF!実施中です。

◆◇◆土曜・日曜・祝日ご予約限定キャンペーン!
CoQ10・プラセンタ ・ヒアルロン酸の中からお好みでセレクトできる3つのイオン導入をサービス中!

◆◇◆平日10:00~16:00ご予約限定キャンペーン実施中!
EGFたっぷり・ローションマスクや足・しっとりパックまたは、首~デコルテのゴマージュ&しわ・美白パックの中からお好きな特別オプションを1つサービス中です。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2010/12/02 12:12】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |