ニキビ予防のお手入れで美肌をキープしましょう。
こんにちは。ますます寒くなってきましたね。
今回は、ニキビ予防のお手入れの仕方についてお話したいと思います。

ニキビ予防の基本は、肌を清潔に保つことです。皮膚表面や毛穴に汚れが残っているとニキビの原因になります。一日二回の朝晩の洗顔は必ずするようにしましょう。

しかし、洗顔が大切とはいえ、洗いすぎは逆効果です。洗顔で皮脂を落としすぎると、肌が乾燥して角質が厚くなり、毛穴が詰まってニキビの原因をつくってしまうからです。洗顔は、朝晩行えば十分です。

朝の洗顔では、洗顔料をよく泡立てて、泡で包み込むようにして洗いましょう。ゴシゴシこ洗うのは厳禁です。洗い流しは、30℃くらいのぬるま湯ですすぎ残しのないように流します。

メイクをした日は、ファンデーションが残っているとニキビの原因になることがあるので、クレンジングをして、その後洗顔します。オイルクレンジングは洗浄力が強すぎて肌が乾燥し、毛穴が詰まってニキビができやすくなります。ニキビができやすい人は避けるようにしましょう。ノーメイクの日は洗顔だけでかまいません。洗顔で皮脂汚れや雑菌はきちんと落ちます。

ニキビが気になる肌にも、洗顔後の保湿は必要です。保湿をしっかりしていると、肌に潤いが保たれてターンオーバーが正常に働き、角質が肥厚しないのでニキビができにくくなります。保湿で大切なのは、化粧品の選び方とつけ方です。ニキビは油分が多いと悪化しやすいので、ニキビができている部分とできていない部分で使い分ける必要があります。

ニキビができている部分には、乳液やクリームを塗らないようにします。乳液やクリームは、油分を多く含んでいるからです。かわりに、油分のほとんど入っていない無色透明の保湿美容液をつけましょう。ヒアルロン酸やセラミドが代表的な保湿成分です。

ニキビができていない部分で乾燥しがちなところには、乳液やクリームを塗って乾燥を防ぎましょう。

また、ニキビケアでもっとも大切なのは、自分でつぶさないことです。つぶすと雑菌が入って化膿しやすくなり、まわりの皮膚組織まで破壊されてニキビの跡が残りやすくなってしまうからです。

メイクのパフなを清潔に保ったり、ニキビに髪が触れないようにするなど、ささいなことにも気をつけましょう。

話題の抗糖化!最新・究極のハリ弾力アップにリフトアップをプラス。オールハンドフェイシャルトリートメントとアテロコラーゲンで徹底ケア致します。

New!抗糖化・ハリ弾力アップフェイシャルリフトコース

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
「目元のツボ押し+コラーゲンパック」サービス又は、フェイシャルコース1,000円OFF!実施中です。

◆◇◆土曜・日曜・祝日ご予約限定キャンペーン!
CoQ10・プラセンタ ・ヒアルロン酸の中からお好みでセレクトできる3つのイオン導入をサービス中!

◆◇◆平日10:00~16:00ご予約限定キャンペーン実施中!
EGFたっぷり・ローションマスクや足・しっとりパックまたは、首~デコルテのゴマージュ&しわ・美白パックの中からお好きな特別オプションを1つサービス中です。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2010/11/21 15:02】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |