FC2ブログ
顔筋のたるみ予防におすすめの食品
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
毎日寒いですが寒いときは肩凝り同様、お顔の筋肉も凝りやすくなります。
顔筋の凝りは顔のたるみとしてダイレクトにあらわれてしまうので、なるべくなら防ぎたいですよね。

そこで、今日は顔筋のたるみ予防におすすめの食品をご紹介したいと思います。
顔の筋肉のたるみには、脳からの神経伝達物質であるアセチルコリンが深く関わっています。
アセチルコリンが十分にあると顔筋はたるみにくく、不足するとたるんでしまうわけですが、このアセチルコリンはなんと19歳をピークに減少していくと言われています。

加齢とともに減っていく成分には色々なものありますが、減っていくのをそのまま見過ごすのと、増やす努力をするのとでは老化のスピードがかなり変わってきます。
アセチルコリンを増やすためにはアセチルコリンの原料となる成分と、合成を促進する成分を口から摂取することが必要です。
アセチルコリンの原料となる物質としては、卵黄や大豆に含まれるリン脂質である「レシチン」。
アセチルコリンの合成を促進するものとしては、アセチルコリンの前駆体である「DMAE」や「メチオニン」があります。

DMAEはリフトアップコスメにも配合される成分ですが、口からの摂取も効果的です。
DMAEが含まれる食品はイワシや鮭。
DHAやEPAから体内で作られることもあるため、サバやサンマなどの青魚もおすすめです。
メチオニンは必須アミノ酸の一種で、含有量の多いものの代表はシジミ。
肉や魚などの動物性たんぱくにも含まれており、一般的なバランスのとれた食事をしていればあまり不足の心配はないと言われますが、肉や魚を食べない食生活をしている人は要注意です。
食品から摂るのが一番ですが、無理な場合はサプリなどで補いましょう。

肌の土台となる筋肉がたるんでしまうと、輪郭が大きく崩れたようなたるみになってしまいます。
もとろん法令線などの原因にもなってしまうので、これらの栄養素をしっかり補って、いくつになってもたるみのない顔をキープできるようにしていきましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!



テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2019/01/26 10:08】 | お肌の豆知識 | page top↑
リフトアップに効果的なエクササイズ
寒い日が続きますが元気にお過ごしでしょうか。
今年もよい一年になるといいですね。

さて、今日はリフトアップのためのエクササイズのお話です。
顔の中で一番気になるシワといえば「法令線」。
法令線があるかないかだけで、見た目年齢がかなり変わってしまいます。
目尻のシワなら「笑いジワ」というプラスの印象を与えることもありますが、法令線の場合はただただ老けて見えてしまいます。

法令線はシワだと思われがちですが、もともとは頬の筋肉がたるむことから始まります。
頬がたるむと頬の筋肉が口周りの筋肉の上に乗るようになり、その境界線が法令線になります。
毎日ずっとその状態をキープしていると、そのうち境界線の折れ曲がった皮膚が繊維化して本物のシワになってしまうことも多いので要注意です。
まずは頬の筋肉が垂れ下がらないよう、頬全体を持ち上げるような顔のエクササイズをすることがおすすめです。

頬のリフトアップに一番効果的で簡単なエクササイズは、割り箸を口でくわえるエクササイズです。
やり方は、
①割り箸を横にして上下の歯ではさみ、「イ」の発音の形にする。
②30秒から1分間キープする。
口角をできるだけ高く上げるのがポイントです。

頬の筋肉が上がると法令線が消えるだけでなく、顔全体も引き締まってきます。
割り箸を使うと正しく簡単にできますが、割り箸が使えないシーンでは無しのまま行ってももちろん大丈夫です。
また、このエクササイズではこめかみも刺激されるため、自然と前向きな気持ちになるというメリットもあります。
前向きな気持ちになれば表情も明るくなり、それだけでも若々しく美しくみえるようになるので一石二鳥ですね。
加齢とともに筋肉が硬くなりやすいので、時々動かして柔軟性を保つことはとても重要なので、簡単にできるエクササイズから是非取り入れてみてくださいね。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2019/01/12 11:37】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |