FC2ブログ
セラミドを減らさないために気をつけるべきこと
こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
少しずつ乾燥がはじまっています。まだあまり実感のない方も多いかもしれませんが、今のうちから乾燥しない生活習慣を心がけておくといいですね。

お肌の乾燥を防ぐためには、うるおい成分のセラミドが欠かせません。角質層の保湿成分の約半分を占めるセラミドが何らかの原因で減ると、乾燥肌になってしまいます。
セラミドが減る原因は、主に睡眠不足と間違った洗顔です。セラミドは睡眠中のターンオーバーの副産物として作られる保湿成分。セラミドを十分な量にするためには、ターンオーバーの正常化が大切です。
加齢とともにターンオーバーが遅れがちになると、セラミド生産量が減り乾燥肌に。また寝不足でターンオーバーが乱れることでもセラミド生産量が減ります。すると、乾燥肌や敏感肌などの原因に。
慢性的な睡眠不足の方は、乾燥肌の原因が睡眠不足の可能性があります。1日7時間から8時間、しっかりと睡眠を取れるといですね。

また、間違った洗顔方法もセラミド減少の大きな原因です。洗顔量の泡立て不足で肌を擦ってしまったり、ゴシゴシと強くこすったりしていると、角質層からセラミドが洗い流されてしまいます。
洗浄力が強いクレンジング料や洗顔料の使用も、肌のセラミドが溶け出してしまい、乾燥肌や敏感肌の原因に。
クレンジング料・洗顔料は刺激が弱いものを選びましょう。

セラミドを増やすために、セラミドが含まれる食品を意識して食べるのもおすすめです。
セラミドが含まれる食べ物は、生芋こんにゃく・米、小麦・大豆・牛乳・黒豆・ごぼう・ヒジキなど。
バランスの良い食事をしながら、セラミドを取り込んでいきましょう。
これからどんどん乾燥してきますので、今からきちんと予防をしていきましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!



テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2017/10/28 10:54】 | お肌の豆知識 | page top↑
筋膜リリースで法令線を薄くする方法
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
今週は寒い1週間でしたね。
これからどんどん寒くなりそうなので風邪など引かないようにご注意ください。

今日は『顔の筋膜リリース』のお話です。筋膜リリースは別名『筋膜はがし』とも呼ばれています。
筋膜とは全身の筋肉を包み込んでいる膜のことで、まるでネット状のウエットスーツのような形で全身に存在しています。一部分の筋膜にねじれ・癒着・萎縮が起こると、他の筋肉が引っ張られたり引きつったりして全体に悪影響が出てきます。

ねじれ・癒着・萎縮の原因は、長時間同じ姿勢のまま動かなかったり、猫背などの姿勢、特定の筋肉だけをよく使っていることです。
特にパソコンやスマホを見る姿勢が長時間続くと、全身の筋膜がねじれて癒着や萎縮を引き起こしやすくなります。顔の筋膜も長時間動かさないと同じような現象になり、固まったり引きつったりしてきます。そして更に首や肩の方からも顔の筋膜が引っ張られ、血液やリンパの流れも悪くなるためたるみ・むくみ・シワの原因に。ほとんどの人が大なり小なりこのような状態になっていると言われています。

そこでぜひ取り入れたいのが、筋膜リリース。筋膜がねじれや癒着、硬くなって萎縮した状態から、正常に戻してあげるのが筋膜リリースです。
筋膜リリースをすると、顔全体の筋肉がやわらかくなり、可動域が広がって動かしやすくなります。血液やリンパの流れもよくなり、たるみ・むくみ・ほうれい線、シワなどにも効果的です。

特に法令線が気になる方は、下記のエクササイズを1日2回ほど行うと効果的です。
①頬骨の下側に親指の腹を当て押し上げる。
②小鼻の横から耳の方向へ向かって、10秒くらいかけて押し上げながはゆっくりと移動させていく。

朝晩できるといいですね。ただし、一気に効果を出したいからといって、毎日何回も繰り返していると、やり過ぎで逆効果になってしまうので気をつけましょう。

当サロンの顔筋トリートメントやリフトアップトリートは、筋膜ほぐしだけでなく筋膜リリース効果もあります。最初は少し痛みがありますが、その痛みがまさにねじれや癒着・萎縮です。痛みが取れてくると筋膜がやわらかくなったサイン。顔の表情が動きやすくなるだけでなく、リフトアップ効果抜群です。

筋膜の癒着を放っておくとどんどん固まり、酷くなるとマッサージやエクササイズをしてもなかなか改善しなくなってしまいます。そうなる前に是非筋膜リリースのケアを始めましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2017/10/21 06:41】 | お肌の豆知識 | page top↑
乾燥肌、気になりませんか?
こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
10月も半ばになり肌寒い日が増えてきましたので、風邪など引かないように気をつけたいですね。

少しずつ始まっている乾燥肌の季節。肌寒くなると急に気になってきますよね。乾燥肌になる理由は湿度の低下もありますが、肌寒さによる皮脂分泌量の低下も大きな原因です。
皮脂分泌量は気温や体感温度に左右され、暖かいと増え寒いと減る性質があります。夏の暑い日にテカリやベタつきが気になるのは、皮脂分泌量が多いせい。
逆に冬の寒い日に激しい乾燥肌になるのは、皮脂分泌量が少ないせいです。
皮脂分泌量が少ない場合は、油分を補わないと乾燥肌や乾燥小ジワになってしまうので、できるだけ皮脂に近く酸化しにくいクリームを使って油分を補いましょう。

乾燥肌にはセラミドなどの保湿成分が効果的だと言われていますが、皮脂不足のお肌にはそれだけでは不十分。セラミドなどの保湿成分も重要ですが、その上から油分でフタをしないと再び乾燥肌なってしまいます。
保湿成分も油分も大切。
暑い夏は自分の皮脂がしっかり分泌しているためクリームを塗らなくても平気な方もいらっしゃいますが、これからの季節はよほどオイリー肌でなければクリームが必要です。
夏用のさっぱりしたスキンケアをお使いの方は、そろそろ冬用のしっとりタイプに切り替えましょう。また今流行りのオールインワンジェルなどをお使いの方も、保湿力が物足りなければクリームを追加するとよいでしょう。

乾燥肌は7歳老けて見えると言われています。乾燥小ジワまで進行していればもっと。肌荒れやくすみの原因にもなってしまうので、きちんとうるおいをキープしましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!


テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2017/10/14 11:55】 | お肌の豆知識 | page top↑
まぶたのたるみの原因を取り除く
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
急に肌寒くなってきましたので、風邪などにご注意ください。

今日はまぶたのたるみの原因を取り除くというお話です。まぶたのたるみ、気になりませんか?その原因は、加齢によるコラーゲン減少というのもありますが、日常生活の中の何気ない行動がたるみの原因になっていることがあります。
その原因とは、
①目をこする動作
②重すぎるアイメイク
③長時間のスマホやパソコン
④コンタクトレンズの使用(特にハード)
などです。

①の目をこする動作とは、クレンジング時や花粉症の時などにゴシゴシこする動作です。目元の皮膚は薄いため、日常的にこすっているとたるみの原因になってしまいます。アイメイクが濃い方はアイメイク専用の落ちやすいクレンジングを使うのがおすすめです。また、花粉症などで目のかゆみや不快感を感じたら、我慢せず病院へ行ってお薬をもらいましょう。

②の重すぎるアイメイクとは、マスカラの塗りすぎ、重すぎるエクステや付けまつげなどです。日常的にまぶたに重さを与えているとたるみの原因になってしまいます。重くなりすぎないよう気をつけましょう。

③の長時間のスマホやパソコンは、画面をじっと見ているとまばたきの回数が減り、目の筋肉運動が圧倒的に減ります。これがまぶたの筋肉の衰えの原因に。できるだけまばたきするよう意識したり、時々目を休ませるなどの工夫をしましょう。

④のコンタクトレンズの使用は、特にハードレンズの方はまぶたがたるみやすく、ひどくなると眼瞼下垂といって上まぶたが目にかぶさってしまう症状になることがあります。眼瞼下垂になってしまうと手術するしか改善方法がありません。できるだけ長時間の使用は避けましょう。またソフトレンズの方も目に負担はかかっています。目の乾きやこする動作、コンタクトレンズの手入れに注意しましょう。

以上のことに心当たりがある方は、それを改善するとまぶたがたるみにくくなります。加齢だけがたるみの原因ではないので、自分で作ってしまっている原因はできるだけ取り除くようにしましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!


テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2017/10/07 07:00】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |