日焼け止めの正しい塗り方
こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
もう夏休みが終わってしまった方もこれからお休みに入る方も、まだまだ暑い日が続きそうですので、体調やお肌の管理に十分お気をつけてお過ごしください。

さて、この時期ピークの紫外線。油断するとすぐにシミができてしまいますので要注意です。朝起きたらすぐに日焼け止めを塗っていらっしゃいますでしょうか?紫外線は窓ガラスを通り越して室内まで進入するので、外出予定がない日でも朝起きたら必ず日焼け止めまで塗るようにしましょう。

また、日焼け止めの効果を十分発揮させるためには、日焼け止めの『塗り方』も大切です。朝のスキンケアをおろそかにしていると、せっかく日焼け止めを塗っても、UVカット効果を低下させてしまうことがあります。化粧水・美容液・クリームなどのスキンケアを省き、洗顔後にいきなり日焼け止めを塗ったり、化粧水だけ塗った後すぐに日焼け止めを塗る方がいらっしゃいますが、このような使い方は日焼け止め効果が半減してしまいます。

特に『紫外線散乱剤』の日焼け止めは、脂を吸う性質があるため、しっかりと保湿をしてから塗らないと乾燥してしまいます。紫外線散乱剤の日焼け止めは、肌への刺激が少ないことで人気がありますが、保湿ケアがおろそかになると乾燥肌になったり、乾燥から紫外線ダメージを大きくしてしまうことがあるので、日焼け止めを塗る前には必ず化粧水・美容液・クリームなどのスキンケアをしっかりと行いましょう。しっかりと保湿をすることで、日焼け止め効果を十分に発揮できるようになります。

また、日焼け止めには規定量があり、少量しか塗らないと効果が半減してしまいます。通常日焼け止めの規定量はパール粒2個分です。しかし、これだけの量を顔に塗ると、量が多すぎてファンデーションがきれいにのらないことが多いです。そんな時には、日焼け止めを塗る量を少し減らし、UVカット効果のあるファンデーションを使うとよいです。日焼け止め効果のあるアイテムを2つ以上組み合わせることにより、塗りムラなどをカバーすることができます。

まだまだあと一か月くらいは紫外線が強いシーズンが続きますので、シミやシワが増えてしまわないよう、しっかりとUV対策をしてくださいね。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2016/08/27 12:06】 | お肌の豆知識 | page top↑
日傘は黒色のものを!UVカット加工のものでも白色は危険。
こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
今日はどこも交通渋滞が多いようですね。
お盆で帰省される方もいらっしゃるかと思いますが、暑いですので体調には十分お気をつけくださいね。

さて、真夏の強い紫外線ダメージを回避するために、日傘を利用する人は多いですよね。日焼け止めを塗るだけではなんとなく不安ですし、日傘は顔だけでなく体全体に浴びるはずの直射光をカットしてくれるので、この紫外線ピークの時期には本当に重宝しますよね。

しかしこの日傘、実は色によって効果にちがいがあることをご存知でしょうか。周りをよく観察してみると、白い日傘をさしている人と、黒い日傘をさしている人がいます。一見、黒よりも白の方が涼しげに見えていいのでは?と思ってしまいそうですが、UVカット効果の面から言うと、白よりも黒の方が効果が高くなります。白よりも黒の方が紫外線を透過させないのです。

色だけで見た場合、白は紫外線が透過しやすく、黒は紫外線を透過しないので、黒の方がUVカット効果が高いということになります。ですが、最近ではUVカット効果をうたっている商品も増えています。こういった商品には、紫外線を反射させる特殊加工が施されているので、白色や色の薄い商品でも同等のUVカット効果があります。

しかし、日傘には実は盲点があるので要注意です。確かにUVカット効果をうたっている日傘は、太陽から直接降り注いでくる『直射光』を大幅にカットすることができます。しかし、忘れてはいけないのが、地面からの照り返し。これを『反射光』と言います。

黒色は光を吸収し、白色は光を反射するという、色そのものが持つ特徴があります。つまり、いくらUV加工が施してあっても、白い色の日傘の場合、地面からの照り返しが日傘の内側の面に当たり、そこからの照り返しにより紫外線を浴びてしまうという現象が起こります。

照り返しといえば、よく冬にスキーへ行くと、雪の照り返しにより日焼けをすることがありますが、ちょうどそれと同じですね。照り返し(反射光)は、直射光と比べれば紫外線量は少ないですが、毎日浴び続けているとかなりのダメージを受けてしまいます。

洋服などは、UVカット加工のものなら白色や薄い色のものでも、ほとんどの紫外線をカットしてくれますが、日傘の場合は照り返しによるダメージがあるので、せっかく使うのなら効果の高い『黒色の日傘』を使用するようにしましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!


テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2016/08/13 11:51】 | お肌の豆知識 | page top↑
ザクロで女性ホルモンアップして美肌になろう
こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
暑い夏がやってきましたね。真夏の晴れた日は紫外線量がとても多く、油断禁物です。
お顔には日焼け止めとファンデーションを塗り、日傘や帽子、サングラスなどを使用して、UVカットを万全にしておきましょう。

さて、今日はスーパー美肌フルーツ『ザクロ』についてお話します。ザクロには、女性に嬉しい美容成分がぎっしり詰まっています。中でも代表的なものが、女性ホルモンの『エストロゲン』に似た働きをする『エストロン』です。名前がとても似ていることからもわかるように、その構造も働きも体内で分泌されるエストロゲンとほぼ同じであるため、とても高い美容効果を発揮してくれます。

エストロゲンには、肌の水分量を増やしプルプルの肌にする作用や、コラーゲン生成量を増やしてシワやたるみを予防する効果、自律神経を整えて肌のくすみを解消する効果、その他にもPMSや骨粗しょう症を予防したり、髪や肌を美しくしたり、バストアップをする効果などがあります。

エストロゲンの分泌は、40歳くらいから低下をはじめます。法令線や目元のシワなどが40代くらいから急に気になり始めるのは、エストロゲンが減少することによりコラーゲン生成量が低下するのが大きな原因の一つです。エストロゲンは卵巣で生成されるホルモンですが、加齢とともに生成量が減ってしまうため、外から補わないと若々しいお肌を保てないのです。

そこでおすすめなのが、ザクロです。ザクロの実を食べるのもいいですし、ザクロ100%ジュースを飲むのもよいです。ザクロは女性ホルモンがをアップするとともに、豊富に含まれるカリウムによりむくみを解消したり、ビタミンCやポリフェノールの作用により美白やアンチエイジングまでしてくれます。

女性にとってこれほど美容と健康によい食品はなかなかありません。暑い夏を元気に乗り切るためにも、是非摂りたい食品です。ザクロを上手に取り入れて、美肌と健康体をキープしていきましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2016/08/06 12:04】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |