洗顔を見直して乾燥肌を改善する

こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
先週から各地で雪が降り、本格的に寒くなってきましたね。
空気も乾燥してきましたので、お肌の乾燥、風邪やインフルエンザなどには十分お気をつけくださいませ。

さて、今日は「乾燥肌を防ぐためのスキンケア」のお話です。お肌が乾燥してくると、化粧水をたっぷり塗ったり、濃厚なクリームを塗るなどの「塗るスキンケア」での乾燥肌対策を考えがちですが、その前にクレンジングや洗顔で「洗いすぎていないか?」を見直す必要があります。クレンジングや洗顔をすると、お肌の汚れだけでなく、お肌の潤いを保つために元々備わっている保湿成分まで落としてしまうからです。

クレンジングや洗顔をする限り、多少落ちるのは仕方がないことですが、この「保湿成分が落ちる量」を極力減らした方がよいです。洗いすぎ・洗浄力の強いクレンジング料や洗顔料・こすり洗いを繰り返していると、お肌の保湿成分が大量に奪われ、激しい乾燥肌になってしまうので気をつけましょう。

乾燥肌が気になる方は、以下の事を見直してみてください。
・朝の洗顔で、洗浄力の強い洗顔料を使って洗顔していないか?
・ゴシゴシこすり洗いをしていないか?
・洗顔時のお湯の温度が高すぎないか?(42°C以上だと激しく乾燥します)
・洗顔後、タオルで顔をふく時にこすってないか?(タオルで顔を押さえるだけがよい)
・夜のクレンジングや洗顔で、洗浄力の強すぎるものを使っていないか?(オイルクレンジングなど)

また、皮脂の分泌量が少なく乾燥しやすい方は、この時期の朝の洗顔は、ぬるま湯で軽くすすぐ程度にした方がよいです。肌は寝ている間にバリア機能が回復しますが、朝の洗顔をしっかりしてしまうと、せっかく回復したバリア機能を壊してしまうことになるからです。皮脂分泌の多い人は、過剰な皮脂が毛穴トラブルを発生させてしまうので、洗顔料でやさしく洗顔するとよいです。ただし、目元や口元など皮脂分泌が少ない場所だけは、洗顔料をつけないようにしましょう。クレンジングと洗顔を見直して、乾燥からお肌を守ってくださいね。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2016/01/30 12:28】 | お肌の豆知識 | page top↑
肌触りの悪い衣類は乾燥肌のもと
こんにちは。みなさま元気にお過ごしでしょうか。
今週は雪が降り、本格的な寒さが到来しましたね。
寒さとともにお肌もより一層乾燥してきますので、スキンケアや日常生活では保湿を心がけましょう。

さて今日は、乾燥肌の意外な原因「衣類」についてのお話です。普段は何も刺激を感じない衣類でも、冬の乾燥でお肌のバリア機能が低下している場合、衣服や寝具などの刺激が乾燥肌の原因となることがあります。

例えば、ウールのセーターや合成繊維などは、お肌が擦れて角質層を傷つけ、乾燥肌や敏感肌になってしまう可能性があります。また、刺激に敏感になるとかゆみを生じ、手で掻いてしまいがち。すると角質層が剥がれ、お肌が荒れて更なるかゆみを招き、乾燥肌・敏感肌が悪化してしまいます。

健康なお肌なら何も問題ない衣類でも、乾燥肌の場合は刺激になることがあります。乾燥肌はお肌が弱っている状態です。弱っているお肌に摩擦などの刺激を与えるのは、傷に塩を塗り込むのと同じで、傷がどんどん悪化してしまいます。お肌が乾燥しやすい冬の時期は、お肌に刺激になる衣類はなるべく避けましょう。

おすすめの衣類は、コットンなどのお肌にやさしい肌着や、肌触りのよい素材の衣類です。着ていて「何だかチクチクするな」などと感じる衣類は、肌荒れを起こしたり、悪化させたりするので要注意です。お肌にやさしいものを着用し、乾燥肌や肌荒れの悪循環を断ち切りましょう。心あたりのある方は、普段着ている衣類を見直してみてくださいね。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2016/01/23 12:18】 | お肌の豆知識 | page top↑
冬の手荒れや乾燥を防ぐには?

こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
冬の寒さや乾燥から、体調を崩さないようお気をつけくださいね。

さて、今日は冬に多いお悩み「手荒れと乾燥」についてのお話です。冬はお湯で手を洗ったり、炊事・洗濯・掃除・洗い物などをするため、手が乾燥しますよね。冬の寒さで皮脂分泌量が低下するのに加え、手がお湯に触れる度に皮脂が失われ、角層のバリア機能が壊れ、乾燥して荒れてしまうのです。

それでは、手の乾燥や手荒れを改善するには、どうすればよいのでしょうか。それは、極力手を濡らさないように気をつけることです。炊事・洗濯・掃除・洗い物などの水仕事をする時は、必ずゴム手袋をするようにしてみてください。料理をする時は、下ごしらえも含め最初からゴム手袋をつけるようにします。毎日続けていると、辛い手荒れが改善してきます

また、手洗いも含め手を濡らした時は、必ずしっかり水気を拭き取りましょう。水分が残っていると、肌にもともとあった水分が空気中へ蒸発してしまいます。しっかり拭き取り、ハンドクリームを塗るようにしましょう。続けているうちにどんどん改善してくるので、手荒れや乾燥でお悩みの方は是非試してみてくださいね。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2016/01/16 14:02】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |