肝臓と肌トラブルの関係
こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
今年も残すところあと1カ月。これから年末にかけては忘年会などでアルコールを飲む機会が増えそうですね。
アルコールといえば肝臓。そこで、今日は肝臓と肌トラブルの関係についてお話したいと思います。

アルコールを摂り過ぎると、肝臓に負担がかかりますよね。アルコール依存症の人は肝機能の働きが低下しているため、特に日焼けもしていないのに顔が茶色くなってしまいます。また、ニキビ・シミ・くすみ・たるみも、肝機能の低下が原因になっていることがあります。もし気になる肌トラブルがあるなら、肝臓からのSOSサインかもしれないので、肝臓を休めてあげることが大切です。

肝臓には毒素を解毒する働きがありますが、機能が低下し処理しきれないと、残った毒素を肌から排出しようとしてニキビの原因になることがあります。また、肝臓ではでグルタチオンというメラニンを抑制する成分が合成されますが、これが不足するとメラニンが増殖し、シミができやすくなります。また、肝機能が低下すると血行が悪くなり、顔色がくすんでしまったり、タンパク質の一種であるコラーゲンの再合成がうまくできなくなくなり、シワやたるみができやすくなってしまいます。

肝臓とお肌の関係はとても深いです。アルコールは、1日飲んだら2日休むと肝臓がリセットされますが、飲み会などが続く時は一度に量を控えめにするなどして美肌を守ってくださいね。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2015/11/28 11:46】 | お肌の豆知識 | page top↑
姿勢が悪いと顔がシワになりやすい
こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
日に日に寒くなっていますので、風邪などには十分お気をつけください。

さて、寒さを感じると、つい背中を丸めたり肩をすぼめてしまいがちですが、これらは顔のシワができる原因になってしまうので要注意です。猫背になると、血液循環が悪くなり、食後の消化活動が低下し、老廃物が溜まってむくんでしまいます。そして、いくらお肌に良いものを食べても栄養が届かないため、お肌の老化が早くなってしまいます。

また、パソコンやスマホを見ている時も姿勢が悪くなるので要注意です。前のめりの姿勢は、首と肩にとても大きな負担がかかり、こってしまいます。表情も険しくなるので、眉間のシワや法令線などができやすくなります。

そんな時は、姿勢をよくするための簡単なエクササイズがおすすめです。両肘を後ろに引き、左右の肩甲骨をくっつけるようなイメージで両肩を開きます。す 背筋が真っ直ぐ伸びるので、できるだけその姿勢を保つようにしましょう。

また、毎日湯舟に入って血行をよくしたり、十分な睡眠を取ったり、体が冷えないよう暖かい服装をすることも大切です。良い姿勢を心がけ、顔に余計なシワができないように気をつけましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!


テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2015/11/21 12:21】 | お肌の豆知識 | page top↑
お肌の糖化=ごはんのおコゲ⁉︎
こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
気付いたらもう今年も残り1ヶ月半…早いですね。
忘年会や新年会などは久々に会う人も多いと思いますので、それまでにしっかりお肌のケアをしておきたいですね。

さて、今日は「お肌の糖化」のお話です。糖化とは何かをおさらいしますと、「お肌のコラーゲン(タンパク質)が、食べ物から摂った糖質と結び付き、糖化コラーゲンという物質に変化すること。」です。糖化コラーゲンとは、わかりやすく言うと「ごはんのおコゲ」のような状態です。茶色くて硬くてパリパリ…これと同じ物がお肌の中にできてしまうと考えてください。白くてふっくらしたごはんが茶色くてパリパリのおコゲになる様子と、白くてハリのあるお肌が、くすんでシワシワになる様子はそっくりです。コラーゲンの入れ替わりは2〜6年かかるので、一度糖化をしてしまうとなかなか元に戻りません。

炭水化物や糖分などの糖質の過剰摂取や、いきなり炭水化物から食べるなど、血糖値が急激に上がるような食べ方をしていると、お肌の糖化がどんどん進みます。一度に摂る糖質の量は適度に、また炭水化物の前に野菜などの食物繊維を先に食べるようにしましょう。すると、血糖値が穏やかになり、糖化を未然に防ぐことができます。

糖化を防ぐ化粧品の美容成分もあります。それは、「カルノシン」という成分です。糖化を抑えるとともに、真皮の繊維芽細胞を活性化し、コラーゲンやエラスチンの生産を高めてハリ弾力を取り戻す効果があります。当サロンのコースでは、「MT メタトロン スーパーリフトコース」がおすすめです。肌の土台となる筋肉もリフトアップし小顔効果も高いので、美肌で差をつけたい方は是非試してみてくださいね。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!


テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2015/11/14 10:57】 | お肌の豆知識 | page top↑
ビタミンB群が不足するとストレスが溜まりやすい
こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
日に日に寒くなっていきますが、乾燥肌や肌荒れを起こしていませんか?
秋の肌トラブルに負けないよう、しっかりと栄養を摂るよう心がけてくださいね。

さて、今日は「ビタミンB群とストレス」のお話です。最近では、病気や体調不調になった時、何かと「ストレスが原因…」と片付けられてしまう事が多いですが、それでは困ってしまいますよね。確かに原因不明の不調は多々ありますが、ここで問題なのは「ストレスに負けてしまう体」です。本来ストレスを跳ね返す力さえあれば、病気や不調など寄せ付けません。でも、そんな根性ないし…と思われた方、ご安心ください。ストレスに負けないために必要なのは根性ではなく、必要な栄養です。最近、体力や精神力が低下してきたな…と思われる方、もしかしてビタミンB群不足ではありませんか?ビタミンB群は神経を掌る栄養素なので、不足するとストレスに負けやすくなってしまいます。

ビタミンB群は、イワシなどの丸ごと食べられる魚や、レバーなどの肝類などに特に豊富に含まれます。他にも肉類・卵類・緑黄色野菜にも多いです。また、目がピクピク痙攣するのもビタミンB群不足のサインです。もしこんなサインがあらわれたら、直ちにビタミンB群を補給しましょう。また、たんぱく質不足もストレスの原因になります。毎食適度に肉・魚・卵・豆を取り入れるよう心がけましょう。ストレスが溜まって困っている方、是非意識して食事を摂ってみてくださいね。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!



テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2015/11/07 11:46】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |