セラミドを増やして夏の肌荒れを防ぐ
こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
急に涼しくなりましたので、体調には十分お気をつけください。

さて、夏は、かゆみ・しっしん・吹き出物などの肌トラブルが起きやすいですが、これらは肌の角質層にある「セラミド」が不足するとなりやすいです。セラミドは、脂肪酸とアミノ酸から作られる脂質です。これらは通常体内に十分存在している栄養素ですが、ここからセラミドを合成するためには、ビタミンB2・B6・ナイアシンを積極的に摂る必要があります。

ビタミンB2を多く含む食品は、レバー・肉・緑黄色野菜など、ビタミンB6は、マグロの赤身・牛レバー・鶏むね肉・バナナ・真イワシなど、ナイアシンは、鶏むね肉・マグロ赤身・牛レバー・豚レバー・真イワシなどです。

肉類・魚類・緑黄色野菜をきちんと食べていると、肌のセラミドが増え、肌荒れが起きにくくなるというわけですね。夏は食欲が低下しがちですが、しっかり栄養を摂って、紫外線や肌荒れからお肌を守りましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2015/08/29 15:16】 | お肌の豆知識 | page top↑
紫外線に当たるとシワが増える
こんにちは。みなさま元気にお過ごしでしょうか。
熱中症対策をしっかりして、夏を無事乗り切りましょう。

さて、今日は「紫外線とシワ」についてのお話です。紫外線というと「シミができる」ものですが、実はシミだけでなく、シワも増やしてしまいます。欧米人は無防備に日焼けをする人が多いので、顔に深いシワがたくさん刻まれています。シミやシワなどの肌老化の原因は、80%が紫外線によるものだも言われています。紫外線にはA波・B波・C波があり、C波は波長が短く、ほぼ地上に届きません。私たちが普段浴びているのはA波とB波。B波はサンバーン(やけど)を起こしてシミやクスミになり、A波は真皮まで到達し、コラーゲンを破壊してシワやタルミになります。破壊されたコラーゲンは、元に戻るまでに2~6年もかかるので、シワができないようにしっかりUVケアしましょう。

紫外線A波を防ぐには、PA値が高い日焼け止めを選ぶことです。日常生活ではPA++、レジャーや屋外スポーツではPA+++の日焼け止めを使いましょう。また、紫外線A波は窓ガラスを通過するため、室内にいても浴びています。外出しない日でも、必ず朝起きたら日焼け止めまで塗るようにしましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2015/08/22 16:08】 | お肌の豆知識 | page top↑
背中のニキビが気になる方へ
こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
夏休みでリフレッシュされた方も多いのではないでしょうか。

さて、今日は背中のニキビを改善する方法をお話したいと思います。夏はお顔だけでなく、背中もベタつきがちでニキビができやすいですよね。背中は頭皮や顔に次いで皮脂量が多く、汗や汚れも溜まりやすいため、ニキビができやすいのです。背中のニキビもお顔のニキビと同じように、赤く腫れたり膿をもつことがあるので、うっかりつぶさないよう注意しましょう。
背中のニキビが気になる方は、次のことを行ってみてください。

・吸水性のよい肌着を身につけ、汗をこまめに拭き取る。
・入浴時、ナイロンタオルなどでゴシゴシこすらない。
・木綿のタオルでやさしく洗う。
・ボディーソープではなく、固形のせっけんで洗う。
・入浴後はローションで保湿し、過剰な皮脂分泌を防ぐ。
・肌触りのよい衣類を身につける。
・チクチクする素材は、ニキビを悪化させるので避ける。
・ストレスを溜めない。
・十分な睡眠をとる。(最低6時間、できれば7時間)
・栄養バランスの良い食事をとる。

しばらく続けていると、だんだんニキビが良くなってきます。気になる方は、是非試してみてくださいね。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!


テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2015/08/15 14:33】 | お肌の豆知識 | page top↑
サングラスは必ずUV加工された物を
こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
連日の猛暑で疲れがたまっていないでしょうか。
あまり無理せず、熱中症などには十分お気をつけください。

さて、紫外線がとても強くなっていますが、目から入った紫外線でも肌のシミが増える原因になると言われています。帽子や日傘で直接肌に当たる紫外線をカットするだけでなく、サングラスで目のUVカットもきちんとしておきたいですね。

しかし、シミを防ぐためには、単なる暗い色のサングラスをかけるのはNGです。実はUVカット加工をしていなくて、暗い色のサングラスをした場合、瞳孔が開いたところにUV-Aが入ってくるので、紫外線をたくさん吸収ししまいます。むしろ、サングラスをかけていない時よりも多くの紫外線を吸収してしまうので気をつけましょう。

目を紫外線から守るには、UVカット加工されたものでないと効果がありません。お手持ちのサングラスは、UVカット加工でしょうか。今一度チェックしてみて、シミが増えないように気をつけましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2015/08/08 15:06】 | お肌の豆知識 | page top↑
日焼けによる肌ダメージは肌の色により異なる
こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
今日から8月ですね。
まだまだ猛暑が続きそうですので、体調には十分お気をつけください。

さて、この時期気になる紫外線ですが、お肌のタイプにより日焼けダメージが異なるのをご存知でしょうか。日焼け後に黒くなりやすいか、シミができやすいかなどは、もともとの肌色である程度決まります。もともとの肌色は、メラニン色素の量で決まります。色白の人は少なく、色黒の人は多いです。日本人女性の多くは普通の肌色で、日焼け後は赤くなった後、徐々に黒くなっていきます。

その次に多いのは、肌色が黒めのタイプです。このタイプの人は、もともとのメラニン色素の量が多いため、紫外線に当たると人一倍黒くなり、また、シミもできやすいので気をつけましょう。

色白の人は日本人では少ないですが、紫外線に当たると赤くなるだけで、黒くならずに元に戻ります。シミになりにくいタイプですが、油断して紫外線を浴びていると、紫外線A波によりシワやタルミができてしまうので気をつけましょう。

紫外線による肌ダメージは、紫外線を浴びた時間に比例するので、いくらダメージを受けにくいお肌であっても、紫外線にたくさん当たれば後々シミ・シワが増えていきます。今はまだ気にならなくても、肌の中では着々とダメージが進み、10年後にシミ・シワが出きてくることもあるので、しっかり紫外線をカットしましょう。どの肌タイプの人も、紫外線は確実にお肌を老化させますので、しっかりケアして美肌を守っていきましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2015/08/01 14:15】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |