シミができ始めるまでの時間
こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
春っぽくなり、今週は各地で桜も咲きそうですね。

さて、今日はシミができ始めるまでの時間についてのお話です。シミはある日突然できたかのように見えますが、実際には生まれた時から今までに浴びてきた紫外線の蓄積でてきるものです。昔よく紫外線を浴びていた人が、10年後などにシミがいっぱいできたりするのはそのためです。紫外線を浴びる度に、肌の奥では少しずつ黒いメラニンが溜まり、シミ予備軍が増えていきます。そして、ある日突然コップの水が溢れるように、シミが肌表面に溢れ出すように現れるのです。

紫外線を無防備に浴びていると、いつかシミができてしまいます。ところで、紫外線を浴び始めてどのくらいの時間でメラニン色素が黒くなり始めるかご存知でしょうか。その答えはなんと5秒です。紫外線を浴び始めると、5秒後からメラニン色素がジワジワ活性化を始め、黒くなってきます。ですので、ちょっと洗濯物を干すだけ…とか、ちょっとそこまでお買い物…などの時にも、必ず紫外線対策が必要です。このほんの少しの時間を気をつけるかどうかで、将来のシミの量が変わってきます。

春でも暖かい日は紫外線が強い日があるので、油断せずしっかり日焼け止めやパウダーを塗り、帽子なども利用して紫外線からお肌を守るように心がけましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2015/03/28 14:00】 | お肌の豆知識 | page top↑
化粧水ミストによる過乾燥に要注意
こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
寒暖の差が激しく体調を崩しやすい季節ですので、お気をつけくださいね。

さて、今日は「化粧水ミストによる過乾燥」のお話です。春はまだまだ乾燥が続く季節なので、日中お肌の乾燥を防ぐために、化粧水ミストをシュッと吹きかけたくなったりしますよね。ですが、この化粧水ミストは気をつけないと過乾燥を招いてしまい、吹きかける前よりも乾燥が悪化してしまうので要注意です。

「過乾燥」というのは、あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、わかりやすい例えは「新聞紙」です。水で濡らした新聞紙が乾くと、乾燥してバリバリになりますが、この状態が過乾燥です。お肌もミストで濡らしただけでは、同じように過度乾燥になってしまいます。乾燥した肌に潤いを与えるのはよいことですが、ミストだけで済ませてしまうと乾燥が悪化してしまいます。ミストを吹きかけたら、保湿クリームを指先に少し取って軽くパッティングして馴染ませましょう。ベタベタになるほどつけなくても、少量で大丈夫です。化粧水ミストを使っても乾燥がおさまらなかった人は、ミストだけで終わらせないよう気をつけてみてくださいね。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2015/03/21 13:35】 | お肌の豆知識 | page top↑
乾燥肌や乾燥によるかゆみの救世主
こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
季節の変わり目で体調がイマイチな人もいらっしゃるかもしれませんが、あまり無理せず体調を整えるようにしてくださいね。

さて、春は空気が乾燥し、花粉が飛んだりなどして乾燥肌や乾燥によるかゆみが出やすい季節です。いくら保湿をしてもすぐに乾燥してしまう…なんていうことはありませんか?そんな時には、保湿成分の「セラミド」を塗ると効果的です。

セラミドとは、角質層の約半分を占める保湿成分のことです。肌の一番表面の部分に、無数の角質細胞がレンガ状に並ぶ形になっているのですが、その角質細胞同士の隙間を埋めているのが細胞間脂質という保湿成分になります。この細胞間脂質の約半分がセラミドであり、これが減ってしまうと乾燥肌になります。

また、細胞間脂質が減ると、バリア機能か低下するため、アレルギー反応も起こしやすくなります。そのため、乾燥だけでなく痒みを伴ったり、敏感肌になってしまいます。

もし、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分配合の美容液やクリームなどを塗っても乾燥がおさまらないようなら、セラミド配合クリームなどを使ってみましょう。肌なじみがよく、内側からやわらかく潤った感触がよみがえります。乾燥肌や敏感肌になってしまったら、是非「セラミド」を試してみてくださいね。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2015/03/14 13:19】 | お肌の豆知識 | page top↑
春は冬以上に乾燥肌になりやすい?!
こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
季節の変わり目で寒暖の差も激しく、体調やお肌の調子が崩れやすい時期ですよね。
そんな時は、無理せずしっかりと休養を取るよう心がけてみてくださいね。

さて、今日は今の季節に最も多い、乾燥肌対策のお話です。もう3月…春なのに、何だか冬よりも肌が乾燥している…なんてことはありませんか?一年の中で最も乾燥するのは1月と2月と言われていますが、3月もまだまだ肌寒い日が多く、空気も乾燥しています。寒いと皮脂腺が閉じ、皮脂分泌量が減るため、乾燥肌になりやすくなります。春は冷たい風が吹くことも多く乾燥を加速させます。更に、風に乗って花粉やホコリなどが空気中に舞い、肌に付着してアレルギー反応を起こし、赤くなったり痒くなったりという敏感肌になることもあります。敏感肌までは行かなくても、角質が肥厚し肌が固くゴワゴワしたり、ひどくカサカサになったりもします。

こんな時の対処法は、敏感肌までになっていなければ、まずピーリングを行い肥厚した角質を取り除き、その後しっかりと保湿をすることです。赤みや痒みがある時のピーリングは、敏感肌を悪化させてしまうので逆効果ですが、そうでなければ、まずは古い角質を取り除かなければ、いくら化粧水を塗っても肌へ浸透していきません。ピーリングをして浸透しやすい状態にしてから、ローションパック、またはしっとりタイプの化粧水を2〜3回に分けて塗り、たっぷりと浸透させましょう。

また、春はまだまだ肌寒いため、皮脂分泌が低下し油分が不足ぎみなので、保湿クリームを塗って油分もしっかり補いましょう。春の乾燥はもうしばらく続きそうですので、しっかりとケアをして、お肌の潤いを取り戻しましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2015/03/07 14:05】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |