お肌に最適な湿度
こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
インフルエンザが流行りはじめたようですので、うがい・手洗い・マスク装着などしてお気をつけくださいね。

インフルエンザは空気が乾燥してくると流行りますが、最近はお肌も乾燥しますよね。最近の湿度は30%以下になることも多く、お肌の水分が空気中に奪われて乾燥してしまいます。お肌に最適な湿度は50%です。湿度が下がって40%以下になると、肌・目・喉の乾燥を感じはじめます。30%以下では肌は乾燥しすぎて小じわができたり、敏感肌にもなりやすいです。手の指先や爪などは硬くなり、目や喉は乾いて痛くなったりします。

もしそんな症状が出ていたら、今すぐ加湿器をつけましょう。加湿器をもっていなくてすぐに用意できない方は、応急処置としてバスタオルを水滴がしたたり落ちない程度に濡らし、お部屋に干しておくとよいです。バスタオルに含ませた水分が空気中へ蒸発し、お部屋の湿度を上げてくれます。ですが、すぐに乾いてしまうので、こまめに濡らす必要があります。

また、お風呂から上がったら浴室のドアを開けて、浴室の湿気をお部屋へ回してあげましょう。そうすることにより、随分乾燥が緩和されます。少しでも湿度を高められるものを取り入れて、乾燥からお肌と体を守ってあげてくださいね。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2014/11/29 14:05】 | お肌の豆知識 | page top↑
サラシア茶の抗糖化効果で美肌に
こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
寒くなってきましたので、風邪など引かないように十分お気をつけくださいね。

さて、今日はこれから始まる忘年会シーズンに向けて活躍してくれそうなサラシア茶のご紹介です。サラシアとはスリランカやインドに自生している木で、アーユルヴェーダなどで古くから利用されていて、この木の幹で作ったカップを使って水を飲むことで、王侯貴族たちは健康を維持していたそうです。現在は糖の吸収抑制効果が世界的に注目され、WHOも効能を認定しています。

サラシアに含まれるサラシノールやコタラノールという成分が、糖の吸収を最小限に抑え、炭水化物は小腸に吸収されずに排出されてしまうので、血糖値の上昇を抑制できます。その結果、ダイエットだけでなくお肌の抗糖化効果も期待でき、食べ過ぎによる肥満や肌老化を防ぐことができます。食べたり飲んだりする機会には、是非飲んでおきたいですね。また、すでに体内に蓄積されている脂肪の分解を促す効果もあるそうなので、気になる人は常飲するのもおすすめです。

お肌にとって過酷な冬のシーズンも、美肌アイテムを上手に取り入れて乗り切りましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2014/11/22 14:56】 | お肌の豆知識 | page top↑
1日2本のバナナで美肌力アップ
こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
朝晩の気温差で体調を崩しやすいですので、十分お気をつけてお過ごしくださいね。

さて、今日はバナナがもたらす美肌効果のお話です。バナナを朝晩1本ずつ、2週間ほど食べ続けると、お肌の水分・油分・弾力がアップするというデータがあるそうなので、その秘密に迫りたいと思います。

まず注目したいのは、バナナに含まれるビタミンB6です。ビタミンB6は、美肌のために重要なエストロゲンの代謝に関わるビタミンです。女性ホルモンのバランスを整え、お肌を美しくしてくれますが、フルーツの中でもバナナには、このビタミンB6が断トツ豊富に含まれています。

また、バナナにはトリプトファンも含まれ、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの合成を助けるので、ストレスやイライラを解消してくれます。

また、バナナにはカリウムが豊富なので、むくみ解消にも効果的。食物繊維とオリゴ糖が豊富で、腸内環境を整え便秘も解消。体内の老廃物を排出して代謝をよくするので、お肌や体の若返りにおすすめです。

甘いものが食べたくなったら、チョコレートの代わりにバナナを食べてみるなどして、手軽に取り入れ美肌をキープしていきましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2014/11/15 13:57】 | お肌の豆知識 | page top↑
柿を食べて美肌&風邪予防を
こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
肌寒くなり秋らしくなってきましたので、風邪など引かないように気をつけたいですね。

さて、風邪予防や美肌のためには果物が強い味方になってくれますが、中でも秋が旬の柿はおすすめです。柿は果物の中でもとても栄養価が高く、ビタミンA・C、β-カロテン、カリウム、食物繊維などが豊富に含まれています。

ビタミンCの含有量は100gあたり70mgと多く、免疫力を高めて体力と美肌力を底上げしてくれます。また、β-カロテンは粘膜を強化する働きがあるので、目や喉の乾燥を防ぎ風邪予防に効果的です。特に干し柿は生柿に比べ、β-カロテンが生柿の約3倍に増えるので、1日1個食べるとよいです。

ですが、柿は消化があまりよくなく、食べ過ぎると体が冷えてしまうので、生柿なら2~3切れ食べるのが適量です。毎日少しずつ食べるのを継続し、秋冬も美肌と健康的な体をキープしていきましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!


テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2014/11/08 14:15】 | お肌の豆知識 | page top↑
化粧水を正しくつけて潤い肌へ
こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
11月からはお肌の乾燥が本格的に始まりますので、しっかりとケアをして潤いをキープしたいですね。

さて、保湿ケアの第一歩は化粧水ですが、実は化粧水には効果的なつけ方があります。どうせ同じ量をつけるなら、少しでも効果的なつけ方をした方がいいですよね。

まずコットンに化粧水を湿らせてつけるか、それとも手に直接とってつけるかですが、これは手に直接とってつけてオッケーです。コットンに染み込んでしまう分の化粧水を、少しでも多く顔につける方に回したほうがよいです。手でつける際に気をつけたいのは、温かい手でつけることです。冷たい手でつけると毛穴が閉じてしまい、化粧水の浸透が悪くなってしまいます。冷え性で指先が冷たい人は、お湯につけて温めてから化粧水を手にとりましょう。

化粧水を手にとったら、手の平全部で顔を覆うようにし手のぬくもりで浸透させます。指先だけではなく、手の平全体で包みこむようにしながら、頬、額、あご、鼻や目の周りもやさしくおさえてなじませませるのがコツです。

化粧水が肌になじんだら、今度はもう一度同じことを繰り返します。秋~冬にかけてはお肌が乾燥するので、一回つけるだけでは足りないことが多いです。化粧水は2回~3回に分けてつけると、その後の美容液の浸透やメイクのもちがよくなります。

お肌に効果的な使い方をして、乾燥の季節もしっとり潤い肌をキープしていきましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2014/11/01 14:35】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |