美白のための食生活
こんにちは。
梅雨が明けて一気に暑くなりましたが、みなさま元気にお過ごしでしょうか。

さて、今日は夏に気になる美白のお話です。スキンケアでお肌の外側から美白することも大切ですが、お肌の内側から美白することも大切です。お肌の内側からというのは主に食生活のことになりますが、美白のためには栄養バランスが整った健康的な食生活にすることが欠かせません。

そのために必要な栄養素は、炭水化物・肉や魚類・乳製品・豆類・緑黄色野菜・淡色野菜・海草やきのこ類・いもやフルーツです。これらを偏ることなく、1日に少しずつ全て摂るように心がけるとよいです。また、美容のことを考えるとアルカリ性の食べ物を多く摂る方がよいです。

食品は酸性食品とアルカリ性食品に分けられますが、 酸性食品は炭水化物・肉や魚類 、アルカリ性食品は野菜・果物・海藻類・きのこ類などとなります。肉類なども大切ですが、野菜や果物を中心に、その他のものも少しずつ満遍なく食べるとよいです。

また、バランスよく食べた上でさらに美白効果を求めるなら、ビタミンCが豊富な野菜や果物を食べるのが効果的です。特にたんぱく質とビタミンCを一緒に摂ると、お肌のコラーゲン生産を高めるので、美白と同時にシワ対策にもなります。

夏は食欲が低下しがちですが、しょうりでもできるだけバランスよく食べて、美肌をキープできるよう心がけましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!


【2014/07/26 14:04】 | お肌の豆知識 | page top↑
頬の毛穴が開いてしまったら
こんにちは。
梅雨明けが待ち遠しい日々ですが、みなさま元気にお過ごしでしょうか。

夏に気になる毛穴の開き。鼻の毛穴も気になりますが、鏡でよく見てみると、頬のあたりの毛穴も気になりませんか?もし、その毛穴の形がしずくのような縦型をしていたら、それは単なる毛穴の開きではなく、たるみが原因の「たるみ毛穴」です。本来毛穴は丸い形をしていますが、肌にハリがなくなると、重力に逆らえなくなり縦型になってしまうのです。このような場合は、毛穴をきれいにするケアだけではなく、お肌のたるみ自体を改善するケアを行いましょう。

夏のたるみの主な原因は、紫外線によるコラーゲン破壊です。紫外線A波は肌のハリを支えているコラーゲンを切断してしまうため、紫外線に無防備に当たると肌がたるんでしまいます。肌のコラーゲンを守るために、日焼け止めを塗ったり帽子や日傘などを利用して、紫外線が直接肌に当たらないようにしましょう。

また、エアコンによる冷えもたるみ毛穴の原因になります。冷えは血流を低下させ、表情筋がたるんでしまうからです。暑い夏はつい部屋を冷やしすぎてしまいがちですが、たるみ毛穴にならないよう冷えには気をつけましょう。縦型のたるみ毛穴が気になっている人は、紫外線と冷えに注意してみてくださいね。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!


【2014/07/19 14:57】 | お肌の豆知識 | page top↑
柑橘類を朝食べるとシミになる
こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
蒸し暑い日が続きますが、紫外線対策や毛穴ケアをしっかりとして、夏もクールな美肌で過ごしましょう。

さて、夏は紫外線が強い分シミができやすくなりますが、その対策としてビタミンCを摂取するために、柑橘類の果物を積極的に食べるという手段があります。ビタミンCを多めに摂取していると美白効果があり、シミができにくくなります。しかし、柑橘類を食べるタイミングによっては、逆にシミを増やしてしまうことがあるので要注意です。

柑橘類に含まれるソラレンという成分は紫外線感受性が高いため、食べてからすぐに紫外線に当たると、少しの紫外線を浴びただけでもメラニンが大量発生し、シミになりやすくなってしまいます。食べた後は2時間ほど紫外線感受性が高まるので、朝食に柑橘類を食べるのは控えた方がよいです。もし食べるなら、2時間以内に外出しない時にしましょう。

また、このことからビタミンCを朝摂取するとシミができるのではないかと誤解されがちですが、ビタミンCと紫外線感受性は無関係です。ビタミンCを含む食べ物やサプリメントなどは、朝も積極的に摂取した方がシミを予防できるので、毎日しっかりと摂って美白肌をキープしていきましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!

【2014/07/12 14:59】 | お肌の豆知識 | page top↑
シミを予防し肌を美白する食べ物
こんにちは。みなさま元気にお過ごしでしょうか。7月に入り紫外線が益々強くなりそうですが、紫外線対策はきちんとできていますでしょうか。

さて、今日はシミを予防し肌を美白してくれる食べ物をいくつかあげてみたいと思います。まずシミを防ぐための栄養素として、未然にシミから守るための「抗酸化作用のある成分」、そして紫外線を浴びてしまった肌を回復させるための「肌の代謝を高める成分」の2つを摂ることが必要です。

紫外線に当たると活性酸素が発生し、シミや色素沈着などを引き起こす原因になりますが、これを防ぐには抗酸化作用のある成分を多く摂ることが大切です。必要な栄養素は、L-システイン、リコピン、アスタキサンチンなどです。L-システインは大豆・ハチミツ・小麦胚芽などに、リコピンはトマトに、アスタキサンチンは鮭・鯛・エビ・カニ・イクラなどに多く含まれています。

また、紫外線を浴びた肌は新陳代謝が衰えた状態なので、代謝を活発にしてメラニンの排出を促すごでシミになるのを防ぐことができます。それに必要な栄養素は、エラグ酸、ビタミンCなどです。エラグ酸はザクロやベリー系の果物に、ビタミンCはブロッコリー・パセリ・レモン・ジャガイモなどに多く含まれます。

これらの抗酸化成分と代謝アップ成分を摂っておくことで、回復機能がスムーズに働き、日焼けに負けない美白肌を守ることができるようになります。しっかりと食べて、新たなシミを増やさないように夏を乗り切りましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!


テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2014/07/05 13:34】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |