法令線予防のためのエクササイズ
こんにちは。
すっかり肌寒くなりましたが、みなさま元気にお過ごしでしょうか。
秋は紅葉を楽しめたり、食べ物も秋の味覚が増えてきて嬉しい季節ですね。

さて、今日は多くの方が気にされている法令線についてのお話です。当サロンでも、お客様のお肌のお悩み第一位は法令線です。

法令線は、何もしなくても自然に改善する、ということはありません。それどころか、加齢とともにはっきりと目立ってきてしまうので、何かしら手を打つ必要があります。

そこで、今日は法令線に効く簡単エクササイズのご紹介です。まず口の中に空気を入れ、頬をふくらませます。そして、頬に入れた空気を上下左右に移動させ、口の中から筋肉や真皮に刺激をあたえます。これを1分ほどやってみてください。

法令線は頬や口周りの筋肉が衰えたり、逆に固くなっるとできてしまうので、口や頬の筋肉を動かし筋肉を柔軟に保つことが大切です。また、真皮のコラーゲンやエラスチンが減少すると法令線ができてしまいますが、このエクササイズで筋肉と真皮を同時に刺激することにより、法令線予防につながります。

マッサージなどは朝晩などすっぴんの時にしかできませんが、この方法なら日中気づいた時にいつでもできそうですよね。隙間時間を賢く使って、法令線を予防しましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2013/10/26 12:43】 | お肌の豆知識 | page top↑
季節の変わり目のニキビ
こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
今週からぐっと涼しくなり、少し肌寒い日も増えてきましたので、体調には十分お気をつけください。

さて、今の時期は季節の変わり目のせいか、ニキビができてしまう人が増えています。気温と湿度が急に低下してきたため、お肌が乾燥して毛穴を詰まらせ、ニキビができてしまうようです。

しかし、オイリー肌の人でも、全然ニキビができない人もいます。なぜかというと、毛穴が詰まっていないからです。ただ皮脂が多いだけという状態だと、ニキビはできません。逆に、オイリー肌でもないのにニキビができてしまう人もいます。なぜかというと、角質肥厚して毛穴が塞がっているからです。ニキビは、何らかの原因で角質肥厚を起こす→毛穴が塞がれる→ニキビができる、という順番でできるのです。

この、何らかの原因というのは人それぞれで、複数の原因が重なっていることも多いです。例えば、冷えや睡眠不足、ストレス、不摂生による血行不良、強すぎるクレンジング料、ゴシゴシ洗顔、保湿不足など。季節の変わり目は、体が変化に対応できず、ターンオーバーが遅れて角質肥厚を起こしやすいため、ニキビができやすいです。

対処法は、スキンケアでは、週1回のピーリングと保湿をしっかりとすることです。ピーリングはターンオーバーを整えてくれますが、やり過ぎは乾燥肌のもとなので週1回くらいにしましょう。また、ピーリング後の肌は乾燥しやすくなっているので、保湿成分のセラミドを補って、お肌の水分を増やしましょう。その他では睡眠や入浴、生活習慣などを見直し、体を冷やさないことも大切です。季節の変わり目の肌トラブル、しっかり対処していきましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2013/10/19 13:29】 | お肌の豆知識 | page top↑
血行不良はシワ・タルミを加速する
こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
秋がきて気持ちのいい季節になりましたね。

さて、今日は血行とお肌のお話です。血行が悪いと、お肌の老化が加速するのをご存知でしょうか。血行が悪い部分は酸素や栄養が不足するため、表皮の生まれ変わりに時間がかかってしまうからです。そのため、水分が少ない老化角質が肌表面に重なり合い、お肌が乾燥して小じわができてしまいます。

また、筋肉から出る疲労物質は、老廃物として血液に流れて排出されていきますが、血行不良になると疲労物質がうまく流れず溜まってしまいます。そのため、筋肉の修復をするための酸素や栄養素もうまく運ぶことができず、筋肉が凝ってしまうのです。顔の筋肉が凝ると、肌を支えられなくなり、シワやたるみができてしまいます。そして、凝りが血管を圧迫するため、さらに血行が悪くなるという悪循環に陥ってしまいます。

このように、血行不良はお肌のシワやたるみを加速してしまうので、血行をよくして毛細血管隅々まで血液を行き渡らせることが大切です。お風呂にゆっくり入ったり、30分程度のウオーキングなど軽い運動をしたり、ストレッチをしたりなどはおすすめです。無理せずご自分に合った方法で、血行をよくするように意識して、シワやたるみのないお肌を作っていきましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!




テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2013/10/12 13:20】 | お肌の豆知識 | page top↑
咬筋をほぐして小顔になる
こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
朝晩涼しくなってきましたので、風邪などひかないよう体調には十分お気をつけください。

さて、今日は小顔になる方法のお話です。大顏の原因の一つに、咬筋の発達があります。咬筋というのは顔のエラの部分の筋肉で、表層筋と深層筋の2枚の筋肉が重なり合っています。咬筋は食べ物を噛む時の筋肉で、奥歯をぐっと噛み合わせると動くので、触ってみるとすぐにわかります。この筋肉が発達しすぎると、エラの上に大きな筋肉がついて大顔に見えてしまうというわけです。

スポーツ選手などは歯を食いしばることが多いので、咬筋が発達しやすいですが、一般の人でもストレスが多かったり、パソコン作業に集中する時間が長い人は咬筋が発達しやすいです。発達というと良いことのように聞こえますが、凝って大きくなってしまっているということなので、ほぐして柔らかくしてあげるとよいです。

ほぐし方は、エラの上に人差し指を置き、肌に摩擦を起こさないよう注意しながら、少し圧をかけて外向きにクルクルと指を回転させます。また、親指と人差し指の指先で咬筋を挟み、つまんでねじりながら揉み解すのもよいでしょう。あまりやりすぎると揉み返しになってしまうので、少しずつほぐしましょう。

寝ている間にも歯ぎしりや歯を食いしばっている人もいます。特にこれから寒くなってくると、奥歯に力が入ってしまいかまちなので、凝ってパンパンに張ってしまう前に、今から少しずつ揉み解して小顔をめざしましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!






【2013/10/05 14:15】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |