PC用メガネで目の下のクマを防ぐ
こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
ついに待ちに待ったゴールデンウィークがやってきましたね。
どうぞ楽しい休日を過ごし、日頃の疲れを癒してくださいね。

さて、今日はブルーライトについてのお話です。目の疲れやたるみ、目の下のクマは美肌にとってとてもマイナスですが、ブルーライトが原因の一つになっているかもしれません。

ブルーライトは可視光線(目に見える光)の中で最もエネルギーが強く、目の角膜や水晶体を通過して網膜まで到達し、疲れ目の原因になるといわれています。

パソコンやスマホなどのLED画面は、従来のブラウン管テレビよりも多くのブルーライトを発光していてるため、現代人はブルーライトに接する時間がとても多いのです。

そのため、パソコンやスマホをよく使う働く女性には、目の下のクマができやすいと言われています。

長時間のパソコンの使用により首や肩が凝り、血行不良を起こすことに加え、LED画面から発光されるブルーライトの光が目に強い刺激を与えてしまいます。

また、ブルーライトは体内時計や概日リズムを崩し、寝不足による血行不良を引き起こす原因にもなります。

脳を興奮させるため、寝る前にパソコンやスマホを眺めていると、脳が興奮したままになり眠りが浅くなってしまいます。クマのできる大きな原因になってしまうので、寝る前はパソコンやスマホをだきるだけ控えるようにしましょう。

また、お仕事などで長時間パソコンを使う人には、PC用メガネを利用するのがおすすめめです。PC用メガネはブルーライトを平均35~50%カットしてくれ、目の疲れを半減してくれます。お仕事ではパソコンやスマートフォンの使用時間を短くするは難しいので、このようなメガネを利用して、眼精疲労やクマができないように工夫するとよいでしょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2013/04/27 14:51】 | お肌の豆知識 | page top↑
美肌にも効くリコピン!
こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
今日は少し寒さが戻りましたが、気持ちのよい季節になってきましたね。

さて、今日は「美肌に最も効くトマトの食べ方」のお話です。トマトに含まれる赤い色素成分のリコピンには、強い抗酸化作用があるのは、もうみなさまご存知の通り。体内に発生する活性酸素を消去し、肌や体のアンチエイジングにとても効果的です。

しかし、そのトマトの食べ方により、リコピンの体への吸収率は全く変わってしまうのは、以外と知られていないかもしれません。せっかくなら、最大限に効果を引き上げたいてすよね。

トマトのリコピンは、加熱することにより吸収率が2〜3倍に上がります。また、油脂と一緒に摂ることにより、更に吸収率が高まるので、オリーブオイルでトマトを炒めるパスタなどはおすすめです。

また、トマトのリコピンは、食物繊維の中に取り囲まれているため、生のまま噛んで食べるだけでは細胞壁を壊せず、少量のリコピンしか出てきません。つまり、ほとんどのリコピンが消化吸収されないまま便として排出されてしまうのです。

細胞壁を壊し、リコピンをたくさん吸収させるには、ジューサーにかけるのがおすすめです。これらの条件を満たしているのは、トマトジュース。製造過程で粉砕し加熱処理されているので、リコピンを最大限に吸収できる理想的な食品と言えるでしょう。その吸収率は、生のまま食べるよりも3.8倍高まります。

効率よくリコピンを摂取し、お肌も体もピカピカになりましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース先着順に割引!人数限定なのでお早めに。





テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2013/04/20 14:47】 | お肌の豆知識 | page top↑
手軽に抗糖化対策できるお茶?!
こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
まだ肌寒い日もありますが、少しずつ気候が安定してきた感じですね。

さて、今日は手軽に「抗糖化」対策ができる方法をお伝えいたします。数年前までは「酸化=老化」と言われてきましたが、最近では、酸化よりも糖化の方が、老化を深刻にしていると騒がれています。

まず、糖化とは何かというと、体内のたんぱく質と食べ物から摂った糖が結びつくことで、それによって出来上がった最終糖化産物「AGIs」が老化の正体というのです。

体内のたんぱく質の70%がコラーゲン。肌でいうと、コラーゲンは肌のハリと弾力を保つ真皮層に存在します。そして糖化が進むとハリ弾力を失ってシワができ、さらに茶色くくすんでしまいます。

糖化は年々蓄積されていくものなので、若い人ではあまり自覚がありませんが、40代くらいから肌にもあらわれ、炭水化物や砂糖を多く含む甘いものをたくさん食べてきた人ほどAGIsが蓄積されているため、シミ・シワ・タルミが増えてきます。

中でもアイスクリームやチョコレートなど、冷たくて甘いものが最も糖化しやすいので、頭の片隅に覚えておきましょう。

それはさておき、もう今からでは遅いのではないか?と、しょんぼりしている人に朗報です。なんと、手軽に糖化を防げる方法があるというのです。

それは、カモミールティーと、どくだみ茶。カモミールはカミツレともよばれ、ハーブティーなどでよく知られる代表的なハーブです。カモミールには、ジャーマンカモミールとローマンカモミールがありますが、ここで使用しているのはローマンカモミール(ローマカミツレ)です。

ローマカミツレ中のカマメロサイは、メイラード反応阻害物質の一つで、糖化を防いでくれます。

また、どくだみの葉にも、フラボノイド配糖体であるクエルシトリンが含まれ、これが糖化を防いでくれます。

お茶なら普段の生活に手軽に取り入れられそうですね。普段飲んでいるコーヒーや紅茶のかわりに、カモミールやどくだみ茶にしてみてはいかがでしょうか。

抗糖化フェイシャルエステはこちらから。


◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース先着順に割引!人数限定なのでお早めに。





テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2013/04/13 12:47】 | お肌の豆知識 | page top↑
朝のフルーツで体内デトックス
こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
寒い日と暑い日の繰り返しで、なかなか気候が落ち着きませんね。
こんな時は体調を崩しやすいので、ゆっくりと体を休めて心も体も元気を取り戻しましょう。

さて、心と体の疲れがなかなか取れない方もいらっしゃるかと思いますが、そんな方には「朝のフルーツ」がおすすめです。

疲れやすい人は、体内に毒素と呼ばれる、体にとって有害なものが溜まっていることが多いです。

毒素のもとは、腸に溜まった食べ物の残りカスです。腸の中の温度は37℃くらいなので、消化しきれずに腸に残ってしまった食べ物は、まるで真夏の残飯バケツ状態。あの腐敗し刺激臭を放つものが、腸の中に溜まっているのです。これが毒素の正体。毒素は腸壁から吸収され、血流にのって全身の細胞へと運ばれます。そして、細胞の生命活動を低下させ、免疫力が下がり、疲れやすくなったりお肌の調子も下がってしまうのです。

朝のフルーツがなぜおすすめかというと、腸のクレンジングをしてくれるからです。フルーツに含まれる水分や食物繊維が、腸に溜まったカスや毒素をきれいに絡め取り、洗い流してくれるのです。

ただし、フルーツは生の状態で空腹時に食べないと意味がありません。特に午前中は体がデトックスモードなので、果物だけを好きなだけ食べるのが効果的。柑橘類やイチゴ、キウイなど、水分が多く含まれるフルーツが最適です。

体内デトックスがきちんとできていると、余分な脂肪がつきにくいので、モデルさんたちの間でも朝のフルーツが流行っているそうです。簡単なので、是非やってみてくださいね。お肌も体もピカピカになりますよ。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース先着順に割引!人数限定なのでお早めに。





テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2013/04/06 15:18】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |