FC2ブログ
乾燥に負けないお肌を作る栄養素
こんにちは。日に日に肌寒くなっていますが、みなさま元気にお過ごしでしょうか。

風が冷たくなり、お肌の乾燥がはじまりましたね。
乾燥肌対策はお肌の外からのケアだけでなく、肌に必要な栄養素をしっかり摂る事も大切です。

肌によい食事というと何だかむずかしそうですが、基本的には栄養が偏らないように、身近にある食品をまんべんなく食べることです。ごはん・パン・麺だけの食事や、ダイエットのため野菜だけの食事などは偏っています。肉類・魚介類・卵・乳製品・穀類・野菜・果物・海藻類など、バランスよく食べましょう。

また、肌の潤いを保つのにはビタミンAが必要なので、この時期はとくに不足しないように摂りましょう。ビタミンAは皮膚や粘膜の細胞分裂にかかわる栄養素で、不足すると乾燥肌になったり目や喉が乾燥して風邪を引きやすくなったりします。

ビタミンAには動物性食品に含まれるビタミンAと、緑黄色野菜に含まれるβ-カロテンがあります。動物性のビタミンAは摂り過ぎると吐き気などの過剰症がありますが、食品から摂る分には極端に食べ過ぎなければ大丈夫でしょう。サプリメントで摂る時は用量を守るよう注意が必要です。β-カロテンは体内で必要な分だけビタミンAに変わり、過剰なものは尿として排出されます。ただ、ビタミンAとして摂るよりも体内への吸収がよくないですが、油と一緒に摂ると吸収がよくなるので、油炒めや油の入ったドレッシングをかけたりして食べるとよいです。

上手に食べ物を選んで、乾燥に負けないお肌になりましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
「首~デコルテのゴマージュ&美白パック」サービス又は、フェイシャルコース1,000円OFF!実施中です。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2012/10/27 13:43】 | お肌の豆知識 | page top↑
ネバネバ食品で美肌力アップ
こんにちは。
涼しく快適な日々が続いていますが、みなさま元気にお過ごしでしょうか。
秋は食べ物が美味しい季節ですね。そしてその食べ物たちが私たちの体を作ってくれます。
もちろんお肌もそうです。

美容によい食品は色々ありますが、その中の1つにネバネバする食品があります。
ネバネバ食品というと、納豆、オクラ、モロヘイヤ、レンコン、さといも、長いも、なめこ、ウナギなどがありますが、これらのネバネバの正体は、ムチンという物質です。ムチンは糖類とたんぱく質(アミノ酸の高分子体)の複合体で、粘性の性質を持ち、粘膜の表面を守ったり、血液をサラサラにして体やお肌をきれいにしてくれます。

また、ワカメやメカブなどの海藻類もネバネバ食品です。海藻類のネバネバ成分はフコイダンといい、ヌルヌル・ネバネバします。フコイダンも体の中から健康になりお肌をきれいにしてくれる成分です。ガンの抑制や免疫向上、ウイルス抑制なども期待できます。

納豆・オクラ・山芋・ナメコ・めかぶなどのネバネバ食品をたっぷりのせた、ネバネバ丼なんか最高ですね。ちなみに納豆は、粒よりもひきわり納豆の方がネバネバが多いのでよりいいです。カルシウムの吸収をよくし骨を強くしてくれるので、骨粗しょう症の予防にもいいですね。1日1食はネバネバ食品が入ったものを食べて、体の中から健康的な美肌になりましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
「首~デコルテのゴマージュ&美白パック」サービス又は、フェイシャルコース1,000円OFF!実施中です。



テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2012/10/20 15:22】 | お肌の豆知識 | page top↑
そろそろ気になるお肌の乾燥には
こんにちは。
涼しくなり過ごしやすい日々が続いていますが、みなさま元気にお過ごしでしょうか。

急な気温の低下と湿度の低下で空気が乾燥し、お肌の乾燥を感じる人が増えているようです。今まで夏の暑かった時にはベタつきが気になっていた人も、気温の低下とともに皮脂分泌量が減り乾燥してきます。皮脂が少ないと角質が毛羽立ちカサカサした感じになるので、メイクののりが悪くなります。最近メイクののりが悪いと感じる人は、少し油分を補ってみるとよいでしょう。

あまりにも皮脂が少ないと、今度は肌の中の水分が空気中へと逃げて行き、乾燥肌や敏感肌になってしまいます。まずは化粧水をたっぷり、2〜3回に分けて肌に水分をできるだけたくさん吸収させ、その水分を肌にしっかり蓄えられるようにセラミド配合の美容液を塗りましょう。

セラミドとは角質層内にあるとても強力な保湿成分です。角質層からセラミドが減ると、肌の水分も減ってしまうのです。セラミドを塗った後、それだけではまだ乾燥する人は皮脂が少ないので、クリームを少量塗って油分を補ってみましょう。あまり多く塗るとベタついてしまうので、少しずつ試してみましょう。

皮脂が多く人はわざわざ油分を足さなくても大丈夫です。油分過剰はニキビなどのトラブルのもとになってしまいます。しかし、目元や口元だけは皮脂がほとんど分泌されないため乾燥から小じわができてしまうので、目元と口元だけにクリームを塗っておきましょう。

季節の変わり目、しっかりと保湿できるお手入れに切り替えていきましょうね。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
「首~デコルテのゴマージュ&美白パック」サービス又は、フェイシャルコース1,000円OFF!実施中です。



テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2012/10/13 13:26】 | お肌の豆知識 | page top↑
美肌のための質の良い睡眠
こんにちは。
涼しい日も増え、だいぶ秋らしくなってきましたね。
みなさま元気にお過ごしでしょうか。今日からの3連休、楽しくお過ごしくださいね。

さて、今日は美肌と関係の深い、質の良い睡眠をとるためのお話です。寝不足が続いたり睡眠時間が不規則になったりすると、肌の再生がうまくいかずに乾燥肌や敏感肌を招きます。不眠に悩む人も最近は多いですが、肌のゴールデンタイムの22時~午前2時の間に熟睡できるよう心がけるとよいです。

不眠を解消するためには、いつも決まった時間に布団に入る習慣をつけることが大切です。もし30分たっても眠くならないときは、あたたかいハーブティーなどをのんでリラックスしてみましょう。朝は決まった時間に起きるようにします。寝る時間と起きる時間を決めておくと、だんだん体のリズムが整い、その時間に眠くなったり目が覚めたりするようになってきます。布団に入って読書やパソコン、携帯を見たりするのは、睡眠のリズムを崩してしまうので注意しましょう。

それから、就寝前3時間以内にはなるべく食べないようにします。食べると眠くなりますが、これは血液が胃に集中して一時的に脳が弛緩するためです。眠っていても消化器官が活発に動いているので体が休まりません。寝る前のお酒も睡眠を浅くするのでやめておきましょう。

また、寝る前に激しい運動をすると脳が興奮し体温が上がって寝つきが悪くなります。運動のかわりにストレッチをして体をリラックスさせましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
「首~デコルテのゴマージュ&美白パック」サービス又は、フェイシャルコース1,000円OFF!実施中です。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2012/10/06 14:46】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |