日焼け止めの規定量
こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
梅雨ですが、晴れている日は紫外線を強く感じますよね。

そこで、今日は日焼け止めの規定量のお話をしたいと思います。日焼け止めを塗っている人は多いと思いますが、せっかく塗っていても効果があまりないのでは悲しいですよね。

化粧品には規定量というものがあります。規定量とは、その化粧品をどれだけの量塗ればきちんと効果が得られるかの量です。

例えば日焼け止めのSPF値は、数値×15分日焼けしはじめるのを遅らせてくれます。ですので、SPF1で15分、SPF20だと5時間ということになります。

それなら、SPF20もあれば、屋外レジャーなどでも大丈夫じゃないか!と思われそうですが、きっとSPF20を塗ってレジャーをしたら、こんがり焼けてしまうでしょう。

なぜかというと、規定量を塗れていないからです。日焼け止めの規定量は、一般的にパール粒2個分と、かなり多いのです。でも、あまり多く塗るとメイクがしにくくなるため、普通はこの半分~4分の1くらいしか塗っていないのです。

ですので、はっきりとした数値は言えませんが、レジャーならSPF40以上と高めのものを塗っておいた方が安心です。また、また、塗る量が少ないのをカバーするために、日焼け止めを塗った上からパウダーファンデーションまたはパウダーを重ねておくと、UVカット効果が高まり安心です。

日焼け止めだけ塗って、これで大丈夫!と思っていた人は、この機会に見直してみてください。ちなみにパウダー状のものは紫外線を反射させますが、シミ取りレーザーをあてる際にパウダーが少しでも残っていると、レーザーが反射してしまい当てられないそうです。よりしっかりUVカットするために、パウダーをつけましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
「目元パッチリ・ハンドトリートメント&コラーゲンパック」サービス又は、フェイシャルコース1,000円OFF!実施中です。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2012/06/30 15:51】 | お肌の豆知識 | page top↑
鼻のポツポツをどうにかしたい時
こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
湿気でムンムンしている梅雨も、サラッと快適に乗り切りたいですよね。

さて、この時期気になる毛穴。特に鼻の頭のポツポツや黒ずみは気になるものです。お顔全体的にはオイリーでなくても、鼻だけは毛穴が目立ちます。

こんなとき、ベリッと剥がすタイプの毛穴パックはあまりおすすめできません。なぜなら、確かに毛穴に詰まった角栓は取れますが、それと同時に大事な角質までも剥がしてしまうからです。

角質を無理に剥がしてしまうと、ものすごいスピードで修復がはじまり、本来28日かけて生まれ変わっている表皮が、あっという間に1日で作られます。つまり、不完全な、未熟な細胞の集まりになってしまい、本来の丈夫なお肌ではなくなってしまうのです。そのため、汚れが取れたのに、毛穴が広がったままでかえって目立つという結果になりかねません。

では、どうやって角栓を取ればいいのかというと、
1.ピーリング(古い角質だけをやさしく剥く)
2.クレイパックをする(皮脂を吸着する)

そして、ビタミンC誘導体美容液で毛穴をひきしめ、最後に保湿をすればきれいになります。1回だけではなく、3日に1回くらい、繰り返し何回も行うことによって角栓ができにくくなります。

角栓の正体は、「古い角質がうまく剥がれ落ちずに毛穴に落ち込んでしまったもの」と、「皮脂」と、「空気中の汚れ」の3つが混じり合ってできているので、この要因を1つ1つクリアにしていけばよいというわけです。

お顔全体には、週1回このケアをすると、いつもサラッとしていられます。ビタミンC誘導体は毛穴だけでなく、美白、ハリをアップする効果も高いので、毎日使うアンチエイジングになります。お肌のプツプツやザラザラを解消して快適に過ごしましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
「目元パッチリ・ハンドトリートメント&コラーゲンパック」サービス又は、フェイシャルコース1,000円OFF!実施中です。





テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2012/06/23 13:26】 | お肌の豆知識 | page top↑
毛穴を目立たなくするには
こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか。蒸し暑い気候になってきましたね。
こうなると、気になるのは毛穴。今まであまり毛穴が気にならなかった人も、暑さで毛穴が広がり気になってきます。

毛穴が広がっているということは、毛穴の中に皮脂がいっぱい溜まっているということです。つまり、毛穴を目立たなくするには、過剰な皮脂分泌を抑え、パンパンに膨らんだ毛穴の中の皮脂を減らし正常にすることが大切です。

そのためには、まず第一に洗顔。よく、朝は洗顔料を使わないという人がいますが、夜寝ている間には皮脂がたくさん分泌されるので、朝も洗顔料を使って洗顔し、皮脂汚れをきちんと落としましょう。

そして、過剰な皮脂分泌を抑える働きをする化粧品成分があります。それは、「ビタミンC誘導体」です。ビタミンC誘導体は美白効果で有名ですが、過剰な皮脂分泌を抑え毛穴を目立たなくしてくれます。朝塗っておくと、日中の化粧崩れが減ります。ニキビやニキビ跡も早く改善してくれます。また、真皮のコラーゲンを増やすので、お肌がボリュームアップしふっくらとしたハリが出るので、ダラリとゆるんでしまった縦型毛穴の人にもおすすめです。

毛穴の中を洗浄してくれるのは、クレイパックです。粘土のパックで洗い流しタイプのものを週1~2回おこなうと、洗顔では落としきれなかった余分な皮脂を吸着し毛穴を目立たなくしてくれます。

毛穴スッキリのためのスキンケアアイテムは、「ビタミンC誘導体」と「クレイパック」です。蒸し暑い日をサラリと涼しげに過ごしたい人は、是非日々のスキンケアに活用してみてくださいね。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
「目元パッチリ・ハンドトリートメント&コラーゲンパック」サービス又は、フェイシャルコース1,000円OFF!実施中です。
続きを読む

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2012/06/16 14:21】 | お肌の豆知識 | page top↑
生大根のすごいデトックスパワー
こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか?
今日も雨で、蒸し暑くじめじめしていますが、これから梅雨に入ると当分こんなお天気が続くんでしょうね。

梅雨時期は外気の湿気が多いため、人の体内にある余分な水分が空気中へ蒸発しにくくなります。そしてその体内の余分な水分はよどみ、「水毒」となって体がむくんだりだるくなったりします。

こんな時におすすめなのは、「生大根」です。生の大根にはものすごいデトックスパワーがあり、私もこの4日間でそれを体感しました。本当にすごいです。

生の大根には、アミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼなどの消化酵素がたっぷり。炭水化物、タンパク質、脂質全ての消化を助けてくれます。酵素は48℃で死んでしまうため、加熱せず生で食べます。また、食物繊維が豊富で腸内環境をよくしてくれます。

食べ方は、「食事の一番はじめに生の大根1センチ分を食べる。」です。大根おろしにして汁ごと食べるのがベストですが、そこまでこだわらなくても生であれば大丈夫です。ちなみに私は大根おろしは辛くて苦手なので、おろさずにゴマドレッシングをかけ、口の中で大根おろしと同じくらいになるまでよく噛んで食べていますが、全然辛くなく美味しいです。

生大根を食べることにより、お通じと尿量が増え、体のむくみが取れて爽快になります。私の場合は4日間続けて体重が1kg減り、明らかにお腹・足・顔などのむくみが取れてビックリしています。今までこんな体の中に毒素があったのかと思うとこわいですね。まだまだ出るかもしれないので、もうしばらく続けますが、出し切った後も1日1回くらいは続けようと思っています。

ちなみに便秘をしていると、腸の中で食べ物のカスが腐敗し毒ガスを発生していて、それがまた吸収されて血液に入り全身に毒素が回ります。ですので、便秘の人は特に、そうでない人も是非試してみてください。

その他の注意点は、朝起き抜けにコップ2杯の水を飲む、夜寝る前にコップ2杯の水を飲む、水1日2リットル飲む、野菜や果物を食べる、お菓子やジュースなどはできるだけ控える、です。

私は、こんなに水を飲んでいたら、余計とむくむんじゃないかと思いましたが、実際やってみたらむくむどころかむくみが取れました。

生大根1センチ、本当におすすめです。体の中からきれいにして、重くなりがちな梅雨時期を軽く乗り切りましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
「目元パッチリ・ハンドトリートメント&コラーゲンパック」サービス又は、フェイシャルコース1,000円OFF!実施中です。



テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2012/06/09 14:21】 | お肌の豆知識 | page top↑
日焼けをしてしまったら
こんにちは。
紫外線が強くなってきた今日この頃ですが、みなさま元気にお過ごしでしょうか?
シミ・シワができないように、日ごろからしっかりUVカットしておきたいですね。

ゴルフやテニスなどをされる方は、もう実感していらっしゃるかと思いますが、この時期は何時間も屋外にいると、ものすごく日焼けをしてしまいます。顔だけしっかり日焼け止めを塗って、腕は塗らずにそのまま焼けてしまったりすると、その違いは歴然です。腕もうっかり焼き続けると、将来無数の斑点のようなシミができてしまいますので注意しましょう。

旅行などでどうしても日焼けを免れられないような予定のある人は、日焼けする日の2週間前からビタミンCをたくさん摂っておくとシミ予防になります。また、美白化粧品も使っておくとよいでしょう。

当日は、日焼け止めをしっかり塗り、パウダーを重ねて完全ブロック。最低でも3時間おきに塗りなおしましょう。当日の朝は、かんきつ類やパセリなどの紫外線感受性を高める食べ物はひかえましょう。

そして、いざ日焼けをしたら、まず最初にするべきことは「冷やす」ことです。日焼けをした肌は熱を持ちますが、この熱が長時間続くとメラニン色素がジワジワと黒くなっていきます。冷やすことによって、ある程度は黒くなるのを防ぐことができます。

熱が取れたら、焼けてカラカラに乾燥してしまったお肌に、化粧水をたっぷり与え水分補給しましょう。そして美白美容液をたっぷり塗り、さらに保湿を徹底します。とにかく美白と保湿が第一です。

軽い日焼けなら当日ピーリングをしても構いませんが、やけどレベルのひどい日焼けをしてしまった場合は翌日以降様子を見て行ったほうが無難です。

ゴルフ・テニス・リゾートなどで日焼けをしてしまったら、応急処置で「冷やす」ことを必ず行ってくださいね。このひと手間が将来のお肌を左右しますので、大事にしてあげましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
「目元パッチリ・ハンドトリートメント&コラーゲンパック」サービス又は、フェイシャルコース1,000円OFF!実施中です。



テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2012/06/02 15:17】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |