生理前や妊娠中は○○にご注意
こんにちは。
なかなか寒さが抜けませんが、みなさま元気にお過ごしでしょうか。

さて、今日のお話は、生理前に注意したい肌トラブルについてです。

生理前は女性ホルモンのバランスが変化するため、様々な肌トラブルが起きやすくなります。

よく知られているのは、むくみやすくなったりニキビができやすくなることです。

生理が始まる日の約2週間前から女性ホルモンの黄体ホルモンが優位になるため、体が溜め込みやすい体質になり、余分な水分を体外へ排出しにくくなります。

いつも通りの生活をしていても、いつもよりむくみやすくなるので、塩分をできるだけ控えたり、利尿作用のある野菜や果物を食べたりすると和らぎます。

また、女性ホルモンプロゲステロンの影響で皮脂分泌量が増え、アクネ菌のエサの宝庫となり、ニキビができやすくなります。

ただでさえもオイリー肌に傾くので、できるだけオイリー肌になる要因を避けた方がよく、甘いもの・揚げ物・スナック菓子などを控えましょう。

スキンケアでは乳液やクリームなどの油分を含む化粧品は、油の与えすぎになるので、様子を見て必要でなければ塗らない方がニキビはできにくくなります。

更に、あまり知られていないのは、生理前や妊娠中は、「シミ」ができやすくなることです。

生理前や妊娠中は、紫外線感受性が高まるため、弱い紫外線を浴びただけでも、真夏の強い紫外線を浴びたかのようにメラノサイトが反応し、シミをつくります。

たとえちょっとだけの外出でも、しっかりと紫外線対策をするように気をつけましょう。


◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
「首・デコルテと手のゴマージュ&ゲルマニウムパックを」サービス又は、フェイシャルコース1,000円OFF!実施中です。




テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2012/03/24 15:55】 | お肌の豆知識 | page top↑
簡単デトックスの方法
こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか?

さて、冬の間は「溜める生活」をしてしまっていた人も多いかもしれませんが、人は寒いと体が「溜め込もうとする」ため、脳からもそのような指令が出され、気付かない間に色々なものを溜め込んでしまうものです。

でも、その中には体にとってよくないものや老廃物まで溜めてしまっていることも多いので、それらはできるだけ早く体から排出した方がよいです。

デトックスというと、汗をかいたりお通じをよくするために、運動したり、マッサージをしたり、サウナに行ったり、デトックス食材を食べたり、などが思い浮かびますが、本当のデトックスは、実はもっと簡単です。

もともと人間の体には、とても優れた浄化作用があり、「体が重いな、溜まっているな」と感じる時というのは、この浄化作用が鈍っていて、本来の働きができていません。

本来の浄化作用を取り戻すには、お腹の中を空っぽにするのが一番です。浄化作用が鈍るのは、処理する量よりも入ってくる量が多すぎるせいで渋滞しているからです。新たに追加しなければ、そのうちスッキリなくなります。

お腹が空っぽになると、それまで栄養の蓄積・合成で精一杯だった肝臓が、解毒・浄化作用に向かって働きだし、ものすごい勢いで浄化していきます。

すると、頭が冴、視界が明るくなり、むくみが取れ、顔色は明るくなり、全てがスッキリしてきます。終末プチ断食や、時々1食抜いて12時間ほど空腹時間を作ると、浄化作用が目覚め、デトックスしやすい体になります。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
「首・デコルテと手のゴマージュ&ゲルマニウムパックを」サービス又は、フェイシャルコース1,000円OFF!実施中です。




テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2012/03/17 12:59】 | お肌の豆知識 | page top↑
甘いものには罠がある?!

こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか?
寒暖の差が激しい毎日ですが、体調に気を付けてお過ごしください。

さて、今日のタイトル「甘いものには罠がある」とは、耳の痛い言葉かもしれませんが、今日はあくまで、「甘い食べ物がお肌に及ぼす影響」についてのお話です。

みなさんは、チョコや飴などの甘いものを、ちょくちょく食べていませんか?
また、3食の食事を減らし、代わりにお菓子が多くなっていないでしょうか?

これらは、シワ・タルミ・クスミなどの老化真っしぐらの行為なので、今すぐ改めた方がよいでしょう。

糖質を摂りすぎると、インスリンが大量分泌されます。インスリンは血糖値を調整するホルモンで、血糖値が一定以上に上昇すると分泌量が急に増えます。
すると、今度はその反動で血糖値は急降下し、ブドウ糖を必要とする脳が血糖値を上げようとし、アドレナリンなど交感神経の働きを活発にするホルモンを分泌。その結果イライラが起こり、また甘いものを食べたくなるという悪循環が生まれます。

血糖値の急激な上昇は、真皮のコラーゲンを糖化させ、ハリがなくなり、シワ・タルミを増やします。また、糖化すると茶褐色になるため肌色がくすみます。

血糖値の上昇をちょくちょく繰り返すのは、お肌の糖化を進ませるのでよくありません。また、甘いものだけではなく、炭水化物も糖質になるので、ごはんやパン、麺類などの食べ過ぎも同じ結果になります。

お菓子や甘いものを食べる癖のある人は、本当に食べたい時以外は控えた方がよいでしょう。また、おにぎりやパンだけといった偏った食べ方をやめ、栄養バランスのよい食事をして、肌老化を防ぎましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
「首・デコルテと手のゴマージュ&ゲルマニウムパックを」サービス又は、フェイシャルコース1,000円OFF!実施中です。







テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2012/03/10 12:37】 | お肌の豆知識 | page top↑
一番のリフトアップポイントとは?
こんにちは。
少しずつ寒さも和らいできましたが、みなさま元気にお過ごしでしょうか?
今日は、お顔のリフトアップについてお話したいと思います。

「お顔のタルミは、筋肉のコリから始まる」のは、もうご存知の方も多いかもしれません。表情筋と呼ばれるお顔の筋肉は、凝ることにより重くなり、下へさがってしまうのです。

お顔だけでなく、首・肩・背中のコリからもタルミは生じます。お顔も首・肩・背中も、皆つながっているからです。一箇所が凝ると、その周辺の筋肉にも負担がかかり、連動して凝ってしまいます。

ですので、どこが凝っても早めにほぐす必要があるのですが、中でもお顔のタルミと直結しているのは、「後頭下筋群」と呼ばれる、首の付け根の筋肉です。

後頭下筋群は、頭の後ろと首のつなぎ目である後頭骨から2番目の頚椎(首の後ろ側の上半分くらい)を縦や斜め方向につないでいる4つの筋肉です。この後頭下筋肉群がある場所には、頭や目、耳の領域を支配する神経が密集しているため、凝った筋肉に圧迫されると頭痛、目のかすみ、耳鳴りなども併発しやすくなります。

これらの症状がでてくると、表情筋は一気にこわばり、引き下げられタルミが生じてしまうのです。

この部分の筋肉のコリは、首の後ろに、玉のように固いコリができます。これをほぐすのが一番のリフトアップポイントです。しかし、あまりカチコチになる前に、凝りの自覚症状が出る前から、ストレッチやマッサージなどしてコリを防ぐことが大切です。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
「首・デコルテと手のゴマージュ&ゲルマニウムパックを」サービス又は、フェイシャルコース1,000円OFF!実施中です。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2012/03/03 14:06】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |