お肌の疑問・色白って?
こんにちは。今年は暑くなるのが早いような気もしますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

今日の豆意識は、肌色の素朴な疑問、色白と色黒はなぜか?というお話です。

肌の色を作る色素細胞(メラノサイト)は、表皮の基底層をつくる基底細胞7~8個に1個の割合で存在します。

このメラノサイトの数で肌色が決まるのかと思いきや、意外にもその数は、白人・黒人・黄色人種もみな同じといわれています。

違うのは、メラノサイトの中の、メラニン顆粒の種類です。

メラニン顆粒には、黒い色の「ユウメラニン」と、薄い茶や赤の「フェオメラニン」の2種類あります。

黒人の肌はユウメラニンが多く、白人はフェオメラニンが多いのです。

また、黄色人種の日本人は、この2種類の混合型になります。

日本人で色白か色黒かの違いは、この2種類のメラニンのどちらが多いかの違いであり、遺伝により決まります。

また、シミができやすいのは黒色のユウメラニンが多い人です。紫外線を浴びると、あまり炎症は起きないかわりにすぐに吸収して黒くなるタイプです。

茶や赤色のフェオメラニンが多い人は、紫外線を浴びると赤く炎症を起こしますが、吸収されにくく、黒くなりにくく、また、シミは比較的できにくいです。

しかし、紫外線は、シミだけでなく、シワも作ります。日ごろからしっかりと紫外線対策と美白をしておくようにしましょう。

ツヤ肌・おすすめメニュー☆期間限定にて、特別プライス実施中!

【マリアギャラン プロフリフト・スペシャルコース】

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
「アロエ・シートマスク+イオンスチーム」サービス又は、フェイシャルコース1,000円OFF!実施中です。

◆◇◆フェイシャルコースご予約キャンペーン!
選べる特別オプション・サービス☆オプション内容は毎週変わります!詳しくはホームページで!

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2011/05/25 14:38】 | お肌の豆知識 | page top↑
紫外線は直射日光だけではない。
こんにちは。最近は暖かくなってきたというよりも、急に暑くなってきましたね。みなさまいかがお過ごしでしょうか?

こう暑いと、気になるのはやはり紫外線。直射日光が強いときは、紫外線が肌に突き刺さるかのように刺激を感じるので、帽子をかぶったり日傘をさしたりして日差しをカットしたくなりますよね。

しかし、これだけでは十分紫外線をカットできていません。太陽光には、太陽から直接地上に達する直射光と、空気分子によって空中で散乱する散乱光があります。

そのため、帽子や日傘を使ったり、日陰にいたりしても、散乱光によって四方八方あらゆる方向から紫外線を浴びていることになり、これだけではしっかりと日焼けしてしまうのです。

また、直射光地表で反射するので、下からも多くの紫外線を浴びています。土やアスファルトの反射率は10%、水面では20%、砂浜では25%、深雪では80%です。スキー・スノボーで真っ黒に日焼けするのはこのためなんですね。

紫外線を浴びないためには、こうした散乱光や反射光を防ぐことも考えなくてはなりません。帽子・日傘などは役に立たないわけではなく、直射光を防いでくれるのであった方が予防できますが、それだけでは不十分なので、日焼け止めも必要なのです。

特に顔は皮膚が薄くシミができやすいので、日焼け止め+パウダーファンデーション(フェイスパウダーも可)、できれば帽子か日傘も使ってできる限りカットした方が、より確実に紫外線を防ぐことができます。

紫外線はシミ・シワを大幅に増やします。一度浴びた紫外線は肌に蓄積されていくので、その後どんなにお手入れをしても浴びなかったことにはできません。肌の老化を防ぎたい人は、極力浴びないように気をつけましょう。

ツヤ肌・おすすめメニュー☆期間限定にて、特別プライス実施中!

【マリアギャラン プロフリフト・スペシャルコース】

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
「アロエ・シートマスク+イオンスチーム」サービス又は、フェイシャルコース1,000円OFF!実施中です。

◆◇◆フェイシャルコースご予約キャンペーン!
選べる特別オプション・サービス☆オプション内容は毎週変わります!詳しくはホームページで!

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2011/05/18 17:40】 | お肌の豆知識 | page top↑
日焼け止めは、SPFいくつを使えばいいの?
こんにちは。花粉もおさまってきて、過ごしやすくなりましたね。みなさまいかがお過ごしでしょうか?

最近は気温も上がり、時々夏日のような日もありますが、そうなると気になるのは紫外線ですよね。

もうご存知かと思いますが、肌老化(シミ・シワ)の原因の80%は紫外線によるものです。

5月の紫外線量はとても多く、真夏と同じ量なので、日焼け止めは必須です。

日焼け止めを選ぶ時にまず気になるのはSPF値の高さです。

SPF値とは、紫外線B波をカットする力を表します。日焼け止めを塗らなかった場合と比べてサンバーン(赤くヒリヒリする状態)が始まるまでの時間を何倍に延ばすかという目安です。

例えば、SPF2なら2倍に延ばせます。サンバーンを起こすまでの時間は約20分なので、SPF2の場合、40分に延ばせるという計算になります。

ならば、外出時間が40分のの場合は、SPF2の日焼け止めを使えばシミやシワを防げるのか?と思われるかもしれませんが、そういうわけではありません。

ちょっと落とし穴のようですが、SPF値はサンバーンが始まるまでの時間であり、肌にシミ・シワができるまでの時間ではないからです。

シミ・シワをきちんと予防するには、1時間くらいの外出ならSPF20くらい(紫外線A波をカットするPA地はPA++)、屋外スポーツやレジャーなどではSPF40以上(PA+++)が効果的です。

それなら、日常使いでもSPF値が高ければ高いほど安心かというと、そうでもなかったりします。

SPF値は、高いほど肌に負担がかかるからです。紫外線の強い場所では、日焼け止めによる肌への負担をかけてまでも、それ以上に肌へ害になる紫外線ダメージを減らしたいということです。

ですので、日常使いとレジャー用をきちんと使い分け、臨機応変に肌を守るために最もよい選択をするようにしましょう。

ツヤ肌・おすすめメニュー☆期間限定にて、特別プライス実施中!

【マリアギャラン プロフリフト・スペシャルコース】

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
「アロエ・シートマスク+イオンスチーム」サービス又は、フェイシャルコース1,000円OFF!実施中です。

◆◇◆フェイシャルコースご予約キャンペーン!
選べる特別オプション・サービス☆オプション内容は毎週変わります!詳しくはホームページで!

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2011/05/11 14:31】 | お肌の豆知識 | page top↑
お肌のゴールデンタイムは?
こんにちは。ゴールデンウィークも後半に突入してまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今年は遠出せず、自宅やその周辺でのんびりと過ごす人も多いようですね。

さて、こういった大型連休の時には、生活のリズムが不規則になりやすいので、注意が必要です。

つい、撮り溜めしたDVDを観続けたりして夜更かしをしてしまうと、翌朝、お昼近くまで寝ることになり、夜いつもの寝る時間がきても、眠くなくなってしまいます。そして昼夜逆転の生活になっていくのです。

昼夜逆転になると、まず体の疲れが取れにくくなります。これは、血液がよどんだり、老廃物が溜まるという事なので、お肌がきれいになるはずがありません。

人間の体は、眠っている間に再生され、一日の疲れを回復するのですが、6時間寝ると脳の機能が回復し、8時間寝ると全身のリンパが隅々まで流れていくと言われています。

お肌のゴールデンタイムは、22:00~2:00ですので、出来るだけこの時間に布団に入るのが理想です。

もしこの時間に寝るのが無理な人は、毎日決まった時間に床に就き、日々のリズムを一定に整えるようにしましょう。

また、ダラダラ食いは最もよくありません。ダラダラ食いをすると内臓が疲れ、ニキビやくすみなどとなって肌にあらわれてきます。

ゴールデンウィーク前半で生活のリズムが乱れてしまった人は、是非今日から整えてみてくださいね。

ツヤ肌・おすすめメニュー☆期間限定にて、特別プライス実施中!

【マリアギャラン プロフリフト・スペシャルコース】

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
「イソフラボンマスク+イオンスチーム」サービス又は、フェイシャルコース1,000円OFF!実施中です。

◆◇◆フェイシャルコースご予約キャンペーン!
選べる特別オプション・サービス☆オプション内容は毎週変わります!詳しくはホームページで!

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2011/05/04 12:59】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |