ニキビ予防のお手入れで美肌をキープしましょう。
こんにちは。ますます寒くなってきましたね。
今回は、ニキビ予防のお手入れの仕方についてお話したいと思います。

ニキビ予防の基本は、肌を清潔に保つことです。皮膚表面や毛穴に汚れが残っているとニキビの原因になります。一日二回の朝晩の洗顔は必ずするようにしましょう。

しかし、洗顔が大切とはいえ、洗いすぎは逆効果です。洗顔で皮脂を落としすぎると、肌が乾燥して角質が厚くなり、毛穴が詰まってニキビの原因をつくってしまうからです。洗顔は、朝晩行えば十分です。

朝の洗顔では、洗顔料をよく泡立てて、泡で包み込むようにして洗いましょう。ゴシゴシこ洗うのは厳禁です。洗い流しは、30℃くらいのぬるま湯ですすぎ残しのないように流します。

メイクをした日は、ファンデーションが残っているとニキビの原因になることがあるので、クレンジングをして、その後洗顔します。オイルクレンジングは洗浄力が強すぎて肌が乾燥し、毛穴が詰まってニキビができやすくなります。ニキビができやすい人は避けるようにしましょう。ノーメイクの日は洗顔だけでかまいません。洗顔で皮脂汚れや雑菌はきちんと落ちます。

ニキビが気になる肌にも、洗顔後の保湿は必要です。保湿をしっかりしていると、肌に潤いが保たれてターンオーバーが正常に働き、角質が肥厚しないのでニキビができにくくなります。保湿で大切なのは、化粧品の選び方とつけ方です。ニキビは油分が多いと悪化しやすいので、ニキビができている部分とできていない部分で使い分ける必要があります。

ニキビができている部分には、乳液やクリームを塗らないようにします。乳液やクリームは、油分を多く含んでいるからです。かわりに、油分のほとんど入っていない無色透明の保湿美容液をつけましょう。ヒアルロン酸やセラミドが代表的な保湿成分です。

ニキビができていない部分で乾燥しがちなところには、乳液やクリームを塗って乾燥を防ぎましょう。

また、ニキビケアでもっとも大切なのは、自分でつぶさないことです。つぶすと雑菌が入って化膿しやすくなり、まわりの皮膚組織まで破壊されてニキビの跡が残りやすくなってしまうからです。

メイクのパフなを清潔に保ったり、ニキビに髪が触れないようにするなど、ささいなことにも気をつけましょう。

話題の抗糖化!最新・究極のハリ弾力アップにリフトアップをプラス。オールハンドフェイシャルトリートメントとアテロコラーゲンで徹底ケア致します。

New!抗糖化・ハリ弾力アップフェイシャルリフトコース

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
「目元のツボ押し+コラーゲンパック」サービス又は、フェイシャルコース1,000円OFF!実施中です。

◆◇◆土曜・日曜・祝日ご予約限定キャンペーン!
CoQ10・プラセンタ ・ヒアルロン酸の中からお好みでセレクトできる3つのイオン導入をサービス中!

◆◇◆平日10:00~16:00ご予約限定キャンペーン実施中!
EGFたっぷり・ローションマスクや足・しっとりパックまたは、首~デコルテのゴマージュ&しわ・美白パックの中からお好きな特別オプションを1つサービス中です。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2010/11/21 15:02】 | お肌の豆知識 | page top↑
美肌の天敵!『ニキビ』の原因は?
こんにちは。寒くなってきましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

今回は、ニキビができる要因についてお話したいと思います。

まず、10代のニキビの要因として一番大きいのは、皮脂分泌の過剰です。思春期は性腺の働きが活発で、男性ホルモンが皮脂腺を刺激して皮脂を分泌します。過剰な皮脂は毛穴に詰まり、アク菌が増殖して炎症を起こし、ニキビになります。

スナック菓子やファーストフードなどの油っぽいものの食べすぎ、化粧による乾燥もニキビの原因になります。若い人は、クレンジングをしても、その後の保湿をしっかりとしない傾向があります。

とくにニキビのできている場合は、さっぱりした化粧品のみになりがちです。肌は乾燥すると、皮脂が潤いを補おうとしてたくさん分泌され、皮脂過剰になり、ニキビを悪化させてしまいます。

また、髪が顔にかかっていたり、汚れた枕カバーを使っていることも、ニキビの一因です。

大人のニキビは、ホルモンバランスの乱れが大きな要因です。バランスが乱れるのは、睡眠不足、ストレス、油っぽい食事などが原因です。睡眠不足は肌の免疫力が低下し、ニキビが大きく腫れやすくなります。ストレスがたまると、脳の視床下部から副腎皮質ホルモンを出す指令が出ます。

このとき男性ホルモンも一緒に分泌されます。すると皮脂腺が刺激されて皮脂が多く分泌され、毛穴が詰まりやすくなります。また、生理前にニキビができやすいのは、女性ホルモンの黄体ホルモンが多くなるためです。黄体ホルモンも皮脂の分泌を活発にします。

生理前のニキビは、触ったりして悪化させなければ自然に治ります。また、10代のニキビと同様に、保湿をしないせいで皮脂が過剰に分泌され、ニキビの原因になったえいることもあります。

ニキビの要因は、これらの要因が複雑にからみあっているため、生活習慣を見直し、心当たりのあることを一つ一つ改善していくことが大切です。

話題の抗糖化!最新・究極のハリ弾力アップにリフトアップをプラス。オールハンドフェイシャルトリートメントとアテロコラーゲンで徹底ケア致します。

New!抗糖化・ハリ弾力アップフェイシャルリフトコース

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
「目元のツボ押し+コラーゲンパック」サービス又は、フェイシャルコース1,000円OFF!実施中です。

◆◇◆土曜・日曜・祝日ご予約限定キャンペーン!
CoQ10・プラセンタ ・ヒアルロン酸の中からお好みでセレクトできる3つのイオン導入をサービス中!

◆◇◆平日10:00~16:00ご予約限定キャンペーン実施中!
EGFたっぷり・ローションマスクや足・しっとりパックまたは、首~デコルテのゴマージュ&しわ・美白パックの中からお好きな特別オプションを1つサービス中です。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2010/11/14 12:48】 | お肌の豆知識 | page top↑
美肌のための食生活について。
こんにちは。すっかり寒くなってきましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?
今回は、美肌のための食生活についてお話したいと思います。

1日3食とることが健康的な食事の基本ですが、仕事などで帰宅が遅かったりして、なかなか実行できない人もいますよね。そんな人は、生活リズムや体調に合わせて食事を摂ってもかまいませんが、その場合、1日の食事の合計で必要な栄養素がとれているかチェックすることが大切です。

肌に必要な栄養素は、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルです。太るので肉はとりたくないという人もいますが、肌はたんぱく質でできているので、1日100gくらいは必要です。脂肪の少ない赤みやささみ、または魚などでとるのもよいでしょう。

脂質はとりすぎると肥満の原因になりますが、細胞やホルモンを作る材料になるので、全くとらないと肌がカサカサになってしまいます。動物性の脂肪はひかえめにして、植物性の良質な油をとるようにしましょう。

必須う脂肪酸のα-リノレン酸が含まれるオリーブオイル、しそ油、えごま油は、皮膚の乾燥を防ぐのでおすすめです。

ビタミン、ミネラルは、野菜、海藻、豆などでとりましょう。とくにニンジン、カボチャなどの緑黄色野菜はビタミンや抗酸化成分など、肌に欠かせない栄養素と食物線維が豊富です。

また、納豆やキムチなどの発酵食品は、腸内の善玉菌をふやし整腸作用があります。便秘は肌トラブルのもとなので、腸内環境を整えておくことは大切です。

反対に、避けたい食品もあります。

何回も繰り返し使った古い揚げ油などは、吹き出物やシミの原因になることもあります。マーガリンなどの化学合成されたトランス脂肪酸が多くふくまれる食品は、アレルギー性皮膚炎に影響があります。

糖分や脂肪分の多いスイーツは、代謝されるときに肌に必要なビタミンやミネラルを奪ってしまいます。食べすぎには注意しましょう。

肌も体の一部ですので、口から入った食べ物の栄養によって日々つくられています。健康で美しい肌をめざすなら、肌に必要な栄養をしっかりととり、肌の健康を妨げるものは極力とらないようにするべきです。

話題の抗糖化!最新・究極のハリ弾力アップにリフトアップをプラス。オールハンドフェイシャルトリートメントとアテロコラーゲンで徹底ケア致します。

New!抗糖化・ハリ弾力アップフェイシャルリフトコース

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
「目元のツボ押し+コラーゲンパック」サービス又は、フェイシャルコース1,000円OFF!実施中です。

◆◇◆土曜・日曜・祝日ご予約限定キャンペーン!
CoQ10・プラセンタ ・ヒアルロン酸の中からお好みでセレクトできる3つのイオン導入をサービス中!

◆◇◆平日10:00~16:00ご予約限定キャンペーン実施中!
EGFたっぷり・ローションマスクや足・しっとりパックまたは、首~デコルテのゴマージュ&しわ・美白パックの中からお好きな特別オプションを1つサービス中です。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2010/11/07 11:44】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |