食事と睡眠でくすんだ素肌を美肌に変える!
こんにちは。朝と夜は少し肌寒いですが、涼しく気持ちのいい季節になりましたね。みなさまいかがお過ごしでしょうか?

今回は、お肌のくすみについてお話したいと思います。くすみとは、肌の透明感が失われて、顔色が沈んで見える状態をいいます。大きな要因は血行不良です。血行が悪いと、肌に十分な栄養や水分、酸素が行き渡らないため、栄養失調となりよい状態が保てなくなります。

細胞から排出された二酸化炭素は、血液中で黒く変化します。血行が悪いとその黒い血液が停滞しくすんで見えるのです。特に皮膚の薄い目の周りでは黒い血液が透けて見えやすいので、クマで悩む人が多いのです。血行不良は、おもに睡眠不足、疲労、ストレス、ビタミン類の摂取不足が原因です。

睡眠中は体がリラックスし、副交感神経の働きが優位になり全身の血管が広がるため、血流がよくなります。睡眠不足になると血管が収縮している時間が長くなるので、血流がとどこおるのです。

また、過度のストレスは交感神経を刺激して筋肉を緊張させ、血管の収縮がおこるため血流が悪くなります。姿勢が悪いのも、首の血管が圧迫されて顔や頭に十分な血液を運ぶことができず、血行が悪くなりくすみます。同じ姿勢を長時間続けるのも筋肉の緊張から血行不良になりますので、1時間に1回くらいは簡単なストレッチで筋肉の緊張をほぐすとよいでしょう。

また、くすみにはもう1つ大きな原因があります。それは、加齢によるターンオーバーの乱れです。ターンオーバーが遅れると古い角質が剥がれ落ちず、溜まっていって角質が厚くなったりキメが粗くなります。するとくもりガラスのようにくすんで見えるのです。古い角質にメラニン色素が多く含まれていると、さらにくすんで見えます。週に1回くらいのピーリングは、古い角質がたまりにくくなるのでおすすめです。

そして、睡眠時間は最低6時間、できれば7~8時間、ストレスをためないようにリフレッシュし、ビタミン豊富な野菜やくだものを食事に取り入れて、バランスよく栄養を摂るようにして、くすみのない美肌をめざしましょう。

まもなく終了~9/30(木)まで。紫外線シーズン限定!美白もしっかり!気になる毛穴もスッキリ!浴びてしまった紫外線に。

New!紫外線対策・毛穴レス美白リフトスペシャルコース

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
「酵素パック& CoQ10イオン導入」サービス又は、フェイシャルコース1,000円OFF!実施中です。

◆◇◆土曜・日曜・祝日ご予約限定キャンペーン!
コラーゲン・プラセンタ ・プラチナの中からお好みでセレクトできる3つのフェイス・ネックマスクをサービス中!

◆◇◆平日10:00~16:00ご予約限定キャンペーン実施中!
EGFたっぷり・ローションマスクやプラセンタ・イオン導入または、首~デコルテのゴマージュ&しわ・美白パックの中からお好きな特別オプションを1つサービス中です。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2010/09/26 15:47】 | お肌の豆知識 | page top↑
美肌に欠かせない食物繊維を摂りましょう!
こんにちは。ようやく少し涼しくなってきましたが、みなさま元気にお過ごしでしょうか?
今回は、美肌に欠かせない「食物繊維」についてお話したいと思います。

食物繊維は「ヒトの消化酵素で消化されない食品中の難消化成分の総体」と定義されており、以前は「食べ物のカス」として評価されませんでしたが、最近では腸内環境を改善して生活習慣病を予防するなどの効果が期待されています。

食物繊維は、水に溶けない不溶性食物繊維と、水に溶ける水溶性食物繊維に分類され、それぞれ生理作用に特徴があるので、多種類の食品を組み合わせて摂る必要があります。

不溶性食物繊維は、腸の働きを刺激して、腸内に発生した有害物質を排出し、便秘を予防したり腸の病気を予防します。水溶性食物繊維は、コレステロールや血糖の上昇を抑えたり、腸の善玉菌を増やして腸内環境をよくします。

食物繊維が不足して便秘になると、肌を作るビタミンB2の吸収が妨げられ肌荒れやニキビを引き起こしたり、皮脂分泌が過剰になったりと、肌に悪影響を与えます。

食物繊維は、意識して摂らないと不足しがちといわれています。サプリメントなどで単一の食物繊維を多量に取ると、下痢を起こすことがありますが、食品から摂るかぎり過剰症の心配はありません。ただ、あまりにも極端に摂りすぎると、鉄分、カルシウム、亜鉛などの吸収を妨げ、ミネラル不足になる心配がありますので、ほどほどに意識して摂りましょう。

食物繊維は野菜に多く含まれますが、生野菜サラダばかりでは量が多く摂れません。煮物やおひたしなど、火を通したほうがかさが減ってたくさん食べられます。豆類、海草、乾物、いも類にも豊富に含まれますので、これらを使った昔ながらのお惣菜もおすすめです。

また、ごはんは押し麦や玄米入りにパンは全粒パンやライ麦パンなどにすると、食物繊維を効果的にふやすことができます。

お肌は日々食べている食べ物の栄養からつくられています。お肌や体を作るのは食べ物ですが、食べ物を選ぶのは自分です。毎日栄養バランスのよい食事をこころがけ、美肌を保っていきましょう。

延長決定!~9/30(木)まで。紫外線シーズン限定!美白もしっかり!気になる毛穴もスッキリ!浴びてしまった紫外線に。

New!紫外線対策・毛穴レス美白リフトスペシャルコース

◆◇◆土曜・日曜・祝日ご予約限定キャンペーン!
コラーゲン・プラセンタ ・プラチナの中からお好みでセレクトできる3つのフェイス・ネックマスクをサービス中!

◆◇◆平日10:00~16:00ご予約限定キャンペーン実施中!
EGFたっぷり・ローションマスクやプラセンタ・イオン導入または、首~デコルテのゴマージュ&しわ・美白パックの中からお好きな特別オプションを1つサービス中です。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2010/09/19 14:35】 | お肌の豆知識 | page top↑
脂性肌は、環境やストレスから。
こんにちは。暑い日が続きますが、みなさん元気にお過ごしでしょうか?
今回は、脂性肌についてお話したいと思います。

脂性肌は生まれもっての肌質と思っている人が多いようですが、その要因のほとんどは環境やストレス、まちがったスキンケアにあります。

オフィスなどエアコンを長時間使用している所では、1年中空気が乾燥いています。乾燥は肌のバリア機能を低下させるため、脳が肌を保護しようとして皮脂を分泌するよう指令を出し、そのため皮脂分泌が過剰になってしまうのです。

仕事や人間関係で緊張状態が続き、ストレスがたまると、自律神経のバランスがくずれ、女性ホルモンの分泌にも影響が出ます。女性ホルモンのバランスがくずれると、肌の新陳代謝が低下して、皮脂が過剰分泌される原因になります。

また、ストレスと闘うために副腎皮質ホルモンが分泌されますが、このとき男性ホルモンも一緒に分泌されて皮脂分泌が促され、さらに脂っぽくなってしまいます。知らない間にストレスがたまっている人は少なくありません。

脂性肌の人で体質や食生活にも要因が思い当たらない人は、ストレスを自覚し、解消するよう心がけるとよいでしょう。ストレス解消には、音楽を聴く、15分程度の昼寝、アロマテラピー、ストレッチなどいろいろな方法がありますが、自分に合ったものを見つけて気持ちをすっきりさせることが大切です。

またスキンケアでは、「脂性肌は油分が多いから保湿はいらない」と思いがちですが、それはまちがいです。どんな肌質の人でも洗顔後の保湿は必要です。肌の潤いは肌の表面にある角質層の水分量と皮脂できまります。

皮脂分泌が活発であっても、肌に含まれる皮脂量は年齢とともに低下していきますし、水分も減っていきます。30歳くらいの女性に、乾燥しているのにテカリが気になる人が多いのですが、その原因は水分と油分のバランスがくずれているからです。

水分が不足いているのに保湿をしないで油分を補っていると、ますますバランスがくずれます。油分は目や口のまわりなど乾燥する部分のみにして、それ以外の部分はヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドなどの美容液で、油分の入っていないもので保湿するとよいでしょう。

紫外線シーズン限定!美白もしっかり!気になる毛穴もスッキリ!浴びてしまった紫外線に。

New!紫外線対策・毛穴レス美白リフトスペシャルコース

◆◇◆平日10:00~16:00ご予約限定キャンペーン実施中!
EGFたっぷり・ローションマスクやプラセンタ・イオン導入または、首~デコルテのゴマージュ&しわ・美白パックの中からお好きな特別オプションを1つサービス中です。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2010/09/12 14:35】 | お肌の豆知識 | page top↑
今年は、まだまだ紫外線対策を。
こんにちは。9月に入ったというのに、猛暑が続いていますが、みなさん元気にお過ごしでしょうか?
いったいいつになったら少しは涼しくなるのでしょう。。.

今回は、まだまだ続きそうな紫外線対策についてお話したいと思います。

紫外線を防ぐ最も簡単で確実な方法は、小物や衣類で紫外線をさえぎることです。日焼け止め剤も紫外線を防ぎますが、それだけでは完璧ではないので、日焼け止め剤プラス日傘や帽子、スカーフなどの小物や衣類で防ぐのがベストです。

これらのものは、白よりも黒や紺など濃い色のほうが紫外線を通しにくく、UV効果のあるものだとさらに安心です。

最近では、「目からも紫外線が入ってきてシミを作る」と言われます。目に紫外線を多く浴びると目自体がダメージを受け、白内障や角膜炎を引き起こすことがありますが、最近はそれだけではなく、肌のUVケアをちゃんとしていても目が紫外線を浴びると脳にその情報が伝わり、メラニンを作る指令を出てメラニンの生成が活性化され、肌にシミができやすくなるということがわかってきました。

紫外線は空から降り注ぐ直射光だけでなく、散乱光や反射光によってあらゆるほうこうから浴びるので、帽子や日傘だけでなくサングラスの着用が目を守るためにはおすすめです。

ただし、色つきのサングラスは瞳孔を開かせるので、UVカット効果のないものだと余計に紫外線を浴びてしまい逆効果です。サングラスは、UVカット効果の表示があるものを選びましょう。

肌老化の80%が紫外線によるものだと言われるほど、紫外線はお肌にダメージを与えます。紫外線を少しでも浴びないようにするのが、美肌への近道です。できる限りの紫外線対策をして、美肌を守っていきましょう。

紫外線シーズン限定!美白もしっかり!気になる毛穴もスッキリ!浴びてしまった紫外線に。

New!紫外線対策・毛穴レス美白リフトスペシャルコース

◆◇◆平日10:00~16:00ご予約限定キャンペーン実施中!
EGFたっぷり・ローションマスクやプラセンタ・イオン導入または、首~デコルテのゴマージュ&しわ・美白パックの中からお好きな特別オプションを1つサービス中です。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2010/09/05 14:49】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |