美白の定番「ビタミンC」
こんにちは。猛暑が続きますが、元気にお過ごしでしょうか?
今回は、美白で知られるビタミンCについてお話したいと思います。

ビタミンCは昔から美容によいと言われていますが、今もなお美を保つためには欠かせない成分として化粧品やサプリメントに入れられています。ビタミンCは、口から摂ると抗酸化作用を発揮し、老化予防になります。

化粧品として肌に塗る場合は、特に美肌効果が高く、美白、ニキビ予防、毛穴ひきしめ、弾力アップなどが期待できます。化粧品のビタミンCは、そのままでは吸収されにくいため、「ビタミンC誘導体」という吸収されやすい形に変えた美容液がおすすめです。20代以降は、ずっと使い続けるとよいでしょう。

できれば、ビタミンCをイオン導入すると、さらに効果が高まります。イオン導入とは、弱い電流を使って美容液の肌への浸透を促す方法です。ビタミンCの美容液は、電気的にマイナスになっています。これを肌に塗った後、マイナス極の電極をあてると、マイナス同士反発しあうため、肌の奥へビタミンCを送り込むことができるのです。

ビタミンCは、シミや毛穴が気になるこの季節には特におすすめですので、ぜひ普段のスキンケアに取り入れましょう。

紫外線シーズン限定!美白もしっかり!気になる毛穴もスッキリ!浴びてしまった紫外線に。

New!紫外線対策・毛穴レス美白リフトスペシャルコース

◆◇◆平日10:00~16:00ご予約限定キャンペーン実施中!
EGFたっぷり・ローションマスクやプラセンタ・イオン導入または、首~デコルテのゴマージュ&しわ・美白パックの中からお好きな特別オプションを1つサービス中です。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2010/07/31 14:25】 | お肌の豆知識 | page top↑
日焼け止めを適量で塗るには。
こんにちは。連日の猛暑で夏バテが気になるこの頃ですが、みなさん元気にお過ごしでしょうか?こう暑いと、やっぱり紫外線のことが気になりますよね。

肌老化の80%は紫外線によるものですので、紫外線を浴びれば浴びるほど、お肌は確実にシミ・シワが増えてしまいます。あとで後悔しないためにも、日焼け止めをしっかりと塗り、お粉かパウダーファンデーションで必ずガードしましょう。

さて、普段毎日塗っている日焼け止めですが、みなさんは十分な量を塗れていますか?SPF値やPA値などは意識していても、塗る量のことはあまり意識していない人が多いようです。塗る量によっても当然効果は変わり、少ないと効果が落ちたり、ムラになったりします。

日焼け止めのSPF値の測定では、1平方センチメートルあたり2ミリグラムです。これよりも少ないと、表示されているだけの効果は出せません。

そう言われても、どのくらいの量かピンときませんが、一般的に実際使われている量は、その4分の1くらいのようです。そうかんがえると、レジャーなどでは、2度塗り、3度塗りくらいした上から、パウダー状のものでおさえた方がよさそうですね。

特に、頬骨のあたりは紫外線によるシミが最もできやすい部分ですので、多めに塗る必要があります。日焼け止めはべたつくのでどうしてもたくさん塗りたくないという人も、頬骨だけは厚めに塗っておきましょう。

紫外線シーズン限定!美白もしっかり!気になる毛穴もスッキリ!浴びてしまった紫外線に。

New!紫外線対策・毛穴レス美白リフトスペシャルコース

◆◇◆平日10:00~16:00ご予約限定キャンペーン実施中!
EGFたっぷり・ローションマスクやプラセンタ・イオン導入または、首~デコルテのゴマージュ&しわ・美白パックの中からお好きな特別オプションを1つサービス中です。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2010/07/22 13:55】 | お肌の豆知識 | page top↑
お肌の糖化って?
こんにちは。東京はいよいよ梅雨明けの気配ですが、みなさん元気にお過ごしでしょうか?
今回は、お肌のたるみの原因として今最も注目を集めている「糖化」についてお話したいと思います。

私たちの体の大部分は、たんぱく質で作られています。健康維持のためには欠かせないものなのですが、たんぱく質は食事などで摂取した糖と結びつきやすく、この二つが結合すると、たんぱく質が変性してしまいます。

これを「糖化」といいます。

変性したたんぱく質をAGEs(糖化最終生成物)といい、現在わかっているだけで100種類以上あるそうです。糖化すると、たんぱく質は本来の役目を果たせません。肌のコラーゲンの糖化が増えると、弾力を失ってハリを保てなくなり、タルミやシワが増えてしまいます。

糖化は、血液中に糖が多い状態の時につくられます。つまり、高血糖の状態を作らないことが糖化予防につながります。甘いものに目がない、ご飯やパン、麺類などが大好きという方は、注意が必要です。

また、40代以降になると、コラーゲンが糖化してもろくなる一方で、女性ホルモンの減少などから新しいコラーゲンの生産量が減るため、ハリのないコラーゲンがいつまでも肌の中にとどまるようになって肌にハリがなくなってきます。30代くらいまではゆっくりではありますが、古くなったコラーゲンが壊されて新しいコラーゲンが生成されていくので、肌のハリは保たれます。

最近では、肌のコラーゲンの糖化を防ぐ化粧品も出てきています。糖とコラーゲンの結合を防ぐもの、できてしまった糖化物質の分解と除去、古くなったコラーゲンの排出、新たなコラーゲンの合成促進など、さまざまなアプローチをして、フレッシュで弾力のあるコラーゲンを維持していこうというものです。

当サロンでも、秋頃から抗糖化を取り入れた最新のアンチエイジングメニューを提供しようと思っています。アンチエイジングは、秋と春がよいタイミングです。夏は紫外線、冬は乾燥対策で大変ですので。春は敏感肌になると、アンチエイジングは後回しになってしまいますし。

夏の紫外線が落ち着いたら、早速アンチエイジングをはじめましょう。

紫外線シーズン限定!美白もしっかり!気になる毛穴もスッキリ!浴びてしまった紫外線に。

New!紫外線対策・毛穴レス美白リフトスペシャルコース

◆◇◆平日10:00~16:00ご予約限定キャンペーン実施中!
EGFたっぷり・ローションマスクやプラセンタ・イオン導入または、首~デコルテのゴマージュ&しわ・美白パックの中からお好きな特別オプションを1つサービス中です。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2010/07/15 11:37】 | お肌の豆知識 | page top↑
活性酸素に負けない素肌を。
こんにちは。蒸し暑い日が続き紫外線も降り注いでいますが、みなさん元気におすごしでしょうか?
今回は、みなさんが最も気にされている、アンチエイジングについてお話したいと思います。

アンチエイジングとは、最近ではよく聞かれるようになりましたが、抗老化という意味です。肌だけに限らず、人間の体は必ず誰もが老化していきます。一般的に、肌が衰えてきたなと自分で意識するようになるのは、シミやシワが目立ってくる40代~の人が多いようですが、実際には私たちが生まれた瞬間から老化はスタートしています。

老化とは体が酸化していくこと、つまりサビていくということです。

体を酸化させるのは、活性酸素のしわざです。

人は呼吸をせずには生きていられませんが、その呼吸をするだけでも活性酸素は発生します。つまり、人が生きていくためには活性酸素をゼロにすることは不可能で、老化は避けられません。

特に、タバコやストレス、不規則な生活や偏った食事、紫外線を浴びたりすることで活性酸素が大量に発生し、老化を早めます。

また、活性酸素を減らすための化粧品やサプリメントなども多く出回っています。化粧品では、代表的なものではビタミンC。あと、特に抗酸化作用が強く持続力のあるプラチナやフラーレンなどです。これらは、発生した活性酸素を消去する作用で人気です。

サプリメントでは、ビタミンA・C・E、ポリフェノール、CoQ10、アルファリポ酸、アスタキサンチンなどが人気です。

老化を少しでも遅らせ、実年齢よりも若く見られるためには、活性酸素を増やさない生活をすることと、活性酸素を減らすものをうまく取り入れることが必要です。老化してから若さを取り戻そうとするのは、お金も時間もかかって大変です。

そうなる前に、今日からでもアンチエイジングを意識して、若さを保ちましょう。

紫外線シーズン限定!美白もしっかり!気になる毛穴もスッキリ!浴びてしまった紫外線に。

New!紫外線対策・毛穴レス美白リフトスペシャルコース

◆◇◆平日10:00~16:00ご予約限定キャンペーン実施中!
EGFたっぷり・ローションマスクやプラセンタ・イオン導入または、首~デコルテのゴマージュ&しわ・美白パックの中からお好きな特別オプションを1つサービス中です。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2010/07/08 13:46】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |