お肌を助ける黒系の食材。
こんにちは。今年の冬は暖冬と言われていますが、暖かくなったかと思えば急に寒くなったりして、体調を整えるのにも一苦労ですね。

寒い冬の季節は、体内に不要なものが溜まりやすくなるため、体の中からデトックスをしスッキリさせると、お肌にも体にもよい効果をもたらします。

そこでおすすめなのが、「黒い食材」です。黒色はポリフェノールが豊富に含まれ、血液をきれいにする抗酸化作用や、内臓の働きを活発にし消化吸収を助ける効果、老廃物を体外に排出するデトックス効果があります。ビタミンB1、B2、D、E、カリウム、マグネシウムなどの成分も多く含み、予防と同時に免疫力もアップします。

黒米は、肝臓を強めて老廃物を体外に排出し、便通をよくします。また、体力増進と解毒作用を強め、皮膚を丈夫に美しくする効果があります。

黒ごまは、心臓や血管の働きを助けて肝臓を強め、筋肉や骨を丈夫にし、肌を美しく見せます。また、自律神経を活発にし、細胞に活力を与え、肥満、動脈硬化、高血圧などの成人病予防と老化防止効果があります。

黒大豆は、肝臓、腎臓の働きを強め、血中コレステロールを抑え、高血圧を防ぐ効果があります。また、記憶力や学習能力を向上させる効果があります。

私たちの体は、口から入れた食べ物によって作られているということを意識して、体やお肌によい食材を摂りましょう。

★ フェイシャルエステ癒では、期間限定!冬の乾燥肌対策コース・保湿もバッチリの2つのローズコースをご用意しました。
「モイスチャー・ローズ&リフトコース」詳しいコース内容はこちら >>
「モイスチャー・ローズコース」詳しいコース内容はこちら >>
是非お試し下さい。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2010/01/28 16:21】 | お肌の豆知識 | page top↑
ローズと美肌。
こんにちは。厳しい寒さが続いていますが、みなさま元気にお過ごしでしょうか?
今シーズンは「ローズ」がブームのようで、いろんなお店でも「ローズの入浴剤」「ローズのハンドクリーム」「ローズのサプリメント」などをよく見かけます。
当サロンでも、早速新年から期間限定でローズのコースを追加したところ、「いい香りで癒される~」と大変好評をいただいております。世界三大美女の一人として知られるクレオパトラも、ローズの香りををとても好み、寝室にローズの花を敷き詰めていたそうです。

官能的な美しさと品のよい香りで、人々の心をとりこにしてきたローズですが、そうした美しさだけではなく、古代エジプトでは薬草として使用されていたほど、女性のためによい効能がたくさんあります。殺菌作用、空気清浄、リラックス効果、呼吸器のケア、子宮の働きを高める、腸の炎症の緩和、花粉症の緩和、うつ病の抑制効果など。

また、ローズの香りは大脳に働きかけ、女性ホルモンの分泌を促進したり、記憶中枢を活性化するなどの癒し効果があります。花びらの赤い色は、抗酸化成分のアントシアニンやポリフェノールを多く含んでおり、美肌効果があります。

一日の疲れをとるバスタイムに、バラの花びらを浮かべて、優雅な気分にひたりながら美肌力と免疫力をアップさせるのもいいかもしれませんね。

★ フェイシャルエステ癒では、期間限定!冬の乾燥肌対策コース・保湿もバッチリの2つのローズコースをご用意しました。
「モイスチャー・ローズ&リフトコース」詳しいコース内容はこちら >>
「モイスチャー・ローズコース」詳しいコース内容はこちら >>
是非お試し下さい。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2010/01/21 18:02】 | お肌の豆知識 | page top↑
美肌と毛細血管。
こんにちは。厳しい寒さが続きますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

寒い冬は、血行が悪くなりがちですが、これは、お肌にいろいろな悪影響を及ぼします。血行が悪くなると、肌がくすんでしまうだけでなく、老化が早くなってしまいます。
お肌の細胞は、毛細血管から酸素や栄養を受け取って生命活動を行い、二酸化炭素や老廃物を、毛細血管へ送り返しています。そのため血行が悪くなると、お肌の新陳代謝が低下し、新しい肌細胞が作られにくくなったり、老化角質がたまってしまうのです。

毛細血管は、髪の毛の14分の1という非常に細い血管であるため、血行が悪いと血液が巡ってこなくなり、その部分の毛細血管は、必要ないものとみなされ、退化し消滅してしまいます。つまり、酸素や栄養をお肌に届けるための経路を断たれてしまい、新陳代謝が低下し、老化が早くなるのです。

血行を良くするには、入浴や運動で体をあたためたり、マッサージを行うのが効果的です。血行がよくなると、消滅した毛細血管が再び現れることもあります。新陳代謝がアップし、保湿成分も増えるので、お肌の乾燥も減ります。

また、しょうがなど、体を中から温める食材を摂るのもおすすめです。寒い冬は、体の内外から温めることを心がけ、美肌をキープしていきましょう!

★ フェイシャルエステ癒では、期間限定!冬の乾燥肌対策コース・保湿もバッチリの2つのローズコースをご用意しました。
「モイスチャー・ローズ&リフトコース」詳しいコース内容はこちら >>
「モイスチャー・ローズコース」詳しいコース内容はこちら >>
是非お試し下さい。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2010/01/14 14:28】 | お肌の豆知識 | page top↑
冬の洗顔やクレンジング。
新年、明けましておめでとうございます。
旧年中はいろいろとご厚情をいただき、ありがとうございました。
皆様のご健康とご繁栄を心からお祈り申し上げます。
おかげ様でフェイシャルエステ癒も8年目の新年を迎えることが出来ました。
より一層の努力をしてまいりますので、本年もよろしくお願い申し上げます。

さて、冬になると、寒さによる肌機能の低下と冷たい風による肌の乾燥が重なるため、肌の保護機能はぐっと低下します。くすみや肌荒れ、乾燥による小じわ、乾燥による毛穴詰まりから起こるニキビなどができやすく、お肌にとっては過酷な環境です。これらの乾燥からくるトラブルを引き起こさないよう、しっかりと保湿をする必要があります。

保湿というと、真っ先に化粧水をたっぷりつければいいと思う人が多いようですが、それだけでは時間の経過とともに肌の水分が蒸発してしまい、乾燥肌の改善にはなりません。
お肌の水分を維持するのは、ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドなどの保湿成分です。軽めの乾燥であればヒアルロン酸やコラーゲンを、乾燥がはげしい場合はセラミド入りの美容液かクリームを使うとよいでしょう。

それでも乾燥がおさまらない時は、クレンジングを見直してみましょう。オイルクレンジングなどの洗浄力の強いクレンジング料は、メイク汚れを落とす時にお肌の水分まで一緒に洗い流してしまうため、乾燥が進んみます。ジェルタイプやクリームタイプのクレンジング料なら、適度に汚れを落として潤いも残すのでおすすめです。極度に乾燥している場合は、洗浄力の弱いミルクタイプのクレンジングを使いましょう。

本来ならば汚れはできるだけしっかりと落とした方がよいのですが、乾燥が激しい場合は汚れをしっかり落とすことよりも、お肌の潤いを逃がさないことを優先させ、乾燥が落ち着いてきたらもとのジェルタイプやクリームタイプのクレンジングに戻します。

また、クレンジング料はメイクの油汚れを落とすためのもなので、お肌には刺激があり、あまり長時間かけて行うのは負担がかかります。クレンジングの時間は1分間程度にして、すすぎ残しのないようにしましょう。

新年会などでの、暴飲暴食はお肌にとって大敵です。「肌は内臓の鏡」というように、内臓が疲れるとお肌がくすんだり、ニキビができたり、化粧のりが悪くなったりと、てきめんにあらわれます。できるだけバランスのとれた栄養のある食事をとり、睡眠時間もしっかりととりましょう。

★ フェイシャルエステ癒では、期間限定!冬の乾燥肌対策コース・保湿もバッチリの2つのローズコースをご用意しました。
「モイスチャー・ローズ&リフトコース」詳しいコース内容はこちら >>
「モイスチャー・ローズコース」詳しいコース内容はこちら >>
是非お試し下さい。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2010/01/06 13:46】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |