3種類のシワ。
こんにちは。寒さが厳しくなってきましたが、元気にお過ごしでしょうか。
今回は、冬の寒い季節に特に気になるシワについてお話したいと思います。シワは、3種類あります。ちりめんジワ、表情ジワ、真皮のシワです。

ちりめんジワは、目元などにできる浅く細いシワで、小ジワともよばれます。乾燥が原因で起こるため、お肌が潤えば回復します。表情ジワは、顔の表情に合わせてできるシワで、表情が戻れば見えなくなりますが、年齢とともに深くなり、真皮のシワへと移行します。
真皮のシワは、真皮にあるコラーゲン繊維が変質することで起こるシワです。コラーゲン繊維が弾力を失うことで、今までは元に戻っていた表情ジワが戻らなくなり、深いシワになっていくのです。一般的に「シワができた」と意識するのは、この真皮のシワです。

真皮のシワができる主な原因は、紫外線と加齢です。紫外線は、コラーゲン繊維を硬く変質させたり、コラーゲンを分解する酵素に作用して、コラーゲンの量を減らしてしまいます。
すると真皮が弾力を失って薄くなり、シワができてしまうのです。
また、40歳を過ぎるころから、コラーゲンの量が徐々に減少していきます。エラスチン繊維も切れてバラバラになっていくため、ハリや弾力がなくなっていきます。
真皮のシワができるのを防ぐには、紫外線対策をしてコラーゲンの変質や減少を防ぐことと、ピーリングや、レチノール、ビタミンC誘導体などの配合された化粧品を、コツコツと続けるとよいでしょう。

★ フェイシャルエステ癒では、今年も冬の寒い乾燥シーズンに溜まってしまったお肌の疲れをリセットする美肌スペシャルメニューをご用意致しました。
「デトックス・リフトアップコース」詳しいコース内容はこちら >>
是非お試し下さい。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2009/12/20 14:52】 | お肌の豆知識 | page top↑
お肌の乾燥と毎日のお手入れ。
こんにちは。12月に入り、寒さも増してきましたが、元気にお過ごしでしょうか?

冬になると、寒さによる肌機能の低下と冷たい風による肌の乾燥が重なるため、肌の保護機能はぐっと低下します。くすみや肌荒れ、乾燥による小じわ、乾燥による毛穴詰まりから起こるニキビなどができやすく、お肌にとっては過酷な環境です。これらの乾燥からくるトラブルを引き起こさないよう、しっかりと保湿をする必要があります。

保湿というと、真っ先に化粧水をたっぷりつければいいと思う人が多いようですが、それだけでは時間の経過とともに肌の水分が蒸発してしまい、乾燥肌の改善にはなりません。お肌の水分を維持するのは、ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドなどの保湿成分です。軽めの乾燥であればヒアルロン酸やコラーゲンを、乾燥がはげしい場合はセラミド入りの美容液かクリームを使うとよいでしょう。

それでも乾燥がおさまらない時は、クレンジングを見直してみましょう。オイルクレンジングなどの洗浄力の強いクレンジング料は、メイク汚れを落とす時にお肌の水分まで一緒に洗い流してしまうため、乾燥が進んみます。ジェルタイプやクリームタイプのクレンジング料なら、適度に汚れを落として潤いも残すのでおすすめです。極度に乾燥している場合は、洗浄力の弱いミルクタイプのクレンジングを使いましょう。

本来ならば汚れはできるだけしっかりと落とした方がよいのですが、乾燥が激しい場合は汚れをしっかり落とすことよりも、お肌の潤いを逃がさないことを優先させ、乾燥が落ち着いてきたらもとのジェルタイプやクリームタイプのクレンジングに戻します。

また、クレンジング料はメイクの油汚れを落とすためのもなので、お肌には刺激があり、あまり長時間かけて行うのは負担がかかります。クレンジングの時間は1分間程度にして、すすぎ残しのないようにしましょう。

12月は忘年会シーズンですが、暴飲暴食はお肌にとって大敵です。「肌は内臓の鏡」というように、内臓が疲れるとお肌がくすんだり、ニキビができたり、化粧のりが悪くなったりと、てきめんにあらわれます。できるだけバランスのとれた栄養のある食事をとり、睡眠時間もしっかりととりましょう。
★ フェイシャルエステ癒では、今年も冬の寒い乾燥シーズンに溜まってしまったお肌の疲れをリセットする美肌スペシャルメニューをご用意致しました。
「デトックス・リフトアップコース」詳しいコース内容はこちら >>

是非お試し下さい。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2009/12/12 15:46】 | お肌の豆知識 | page top↑
身近な美肌食材「ヨーグルト」。
こんにちは。厳しい寒さになってきましたが、みなさま元気にお過ごしでしょうか。今日は、美肌食材のヨーグルトについてお話したいと思います。

ヨーグルト=乳酸菌・ビフィズス菌=便秘の改善というイメージが強いのですが、最近ではその他にも、肌の弾力やうるおいがアップしたり、色素沈着を抑制するなどの美肌効果があることがわかってきました。
ただ、どの乳酸菌を食べてもこのような効果が得られるわけではないようなので、上手に選ぶことが必要になります。

まず、肌の水分量を増やすには、大根などのぬか漬けから取った乳酸菌の「カルバタス菌」。小腸を刺激して、コラーゲンの吸収、生産量、ヒアルロン酸量、水分含有量がアップします。整腸作用はありません。
「LB81」も肌の弾力アップ、乾燥肌の改善によいです。整腸作用もあります。
紫外線による色素沈着を抑制するのは、フェリカス菌の一種から抽出した「LFK」です。シミ、ニキビ、赤ら顔の改善にもよいです。

これらの美容効果を出すには、1日100~200gのヨーグルトを毎日食べること、1ヶ月は同じ商品を続けてみることがポイントです。

★ フェイシャルエステ癒では、今年も冬の寒い乾燥シーズンに溜まってしまったお肌の疲れをリセットする美肌スペシャルメニューをご用意致しました。
「デトックス・リフトアップコース」詳しいコース内容はこちら >>
是非お試し下さい。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2009/12/02 16:50】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |