美肌の為の喫煙とビタミンの関係。
こんにちは。暑い日が続きますが、元気にお過ごしでしょうか?

今日は、喫煙とビタミンの関係について、お話したいと思います。
タバコは百害あって一利なし、といわれますが、お肌にとっても大きなダメージになります。タバコを吸うと、体内で大量の活性酸素が発生し、シミ、シワ、タルミなどの老化を促進します。

また、タバコに含まれる、ニコチン、一酸化炭素も、毛細血管を収縮させ、血行障害を起こし、細胞の老化を早めます。

タバコを吸うと、ビタミンCが大量に消費されます。ビタミンCは美肌のために重要なビタミンなのですが、タバコを一日一箱吸う人は、約5日分ものビタミンCを使い果たしています。

喫煙者は、禁煙することが美肌への一番の近道ですが、やめられない人は、特にビタミンCを多く摂るように心がけた方が良いでしょう。

ビタミンCは水溶性のビタミンで、一度に大量に摂っても余った分は尿と一緒に排出されるため、毎回の食事の中から摂る必要があります。

また、ビタミンは単独で摂ってもあまり意味が無く、総合的に摂らないと、きちんと働きません。様々な食品をバランス良く摂り、足りない分はマルチビタミンなどのサプリメントで補うのもよいでしょう。

喫煙者は、さらに、通常の2倍以上の200ミリグラム以上のビタミンCを摂る事をおすすめします。


★ フェイシャルエステ癒では、話題の炭酸パックを使用し、「紫外線対策」にもおすすめの美白とフェイスリフトを目指すスペシャルコースを期間限定にてご用意致しました。
オールハンドのお顔・首・肩・背中の極上リフトアップトリートメントも注目です。

「ホワイト&リフトアップコース」詳しいコース内容はこちら >>
是非お試し下さい。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2009/08/18 11:52】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |