紫外線の豆知識~美肌 ②
こんにちは。もうすぐ5月ということですっかりあたたかくなってきましたね。
ゴールデンウィークに入りましたが、いかがお過ごしでしょうか?

今回は、前回の続きとしてもっと具体的に「お肌の最大の敵”紫外線”」について考えていきましょう。

うっかり日焼けをしてしまった人たちの「紫外線対策をしなかった理由」は何でしょう?以下の項目に心あたりがあるようなら、あなたも要注意です。

①曇っていたから・・・

曇っていても、紫外線は雲を通過して、肌にダメージを与えます。曇りの日の紫外線量は、晴れている日の60%にもなります。たとえ外にいる時間が短かったとしても、紫外線対策は必要です。

②涼しかったから・・・

まだ涼しい春ごろから、紫外線量は、増えてきます。また山の上は涼しいけれど、標高が高い分太陽に近づくため、紫外線量は多くなります。標高が高いところへ行くなら日焼け止めをしっかり塗りましょう!

③部屋の中にいたから・・・

紫外線A波はガラスを通過します。部屋にいても車や電車に乗っていても、紫外線は浴びています。

④日陰にいたから・・・

紫外線には、まっすぐ地表に届く「直射光」と、空中で四方八方に広がる「散乱光」、その他にアスファルトなどに反射する「反射光」があります。日陰にいても、散乱光や反射光に注意しなければなりません。

ゴールデンウィークに外出予定の方も多いかと思いますが、美肌キープの為にも紫外線対策だけは、お忘れなく。


★ フェイシャルエステ癒では、話題の炭酸パックを使用し、「紫外線対策」にもおすすめの美白とフェイスリフトを目指すスペシャルコースを期間限定にてご用意致しました。
オールハンドのお顔・首・肩・背中の極上リフトアップトリートメントも注目です。

「ホワイト&リフトアップコース」詳しいコース内容はこちら >>
是非お試し下さい。


テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2009/04/28 19:12】 | お肌の豆知識 | page top↑
紫外線の豆知識~美肌
こんにちは。あたたかく、気持ちのよい季節となりましたね。
みなさん、お元気におすごしでしょうか?

4月~9月頃にかけて、紫外線の量はとても多くなります。お肌が老化する原因の80%が紫外線によるものと言われ、紫外線は、シミ・シワ・たるみを増発させます。

そこで、紫外線のことを正しく知って、少しでも浴びないように生活する事が、美肌を守る重要なポイントとなります。

まず、うっかり日焼けをしないために、紫外線の特徴を知っておきましょう。「今日は、暑いから日に焼けそう」とか、「曇っているから大丈夫」などと思いがちですが、実は紫外線とはそういうものではありません。

太陽光線のうち約50%は可視光線からなり、5%が紫外線、残りは赤外線です。日光は、「暑い」「眩しい」というイメージがありますが、この「暑い」のは、赤外線、「眩しい」のは可視光線です。紫外線は、暑くも眩しくもないので、浴びていても実感がありません。その為、うっかり日焼けをしてしまうことがあるのです。

これらの光は、波長によって分けられます。紫外線とは、波長が400ナノメートル以下、赤外線は800ナノメートル以上の光を指します。さらに紫外線は、A波・B波・C波に分かれ、C波は発ガン性が強いものですが、ほとんど地上に届きません。B波は、エネルギーが強く、火膨れなど強い炎症を起こしたり、シミを作ります。A波は、エネルギーは弱いが波長が長い為、肌の奥を攻撃し、シミやシワを作るのです。

日頃から、毎日の紫外線対策をしっかりして大切なお肌を守りましょう!

★ フェイシャルエステ癒では、話題の炭酸パックを使用し、美白とフェイスリフトを目指すスペシャルコースを期間限定にてご用意致しました。
オールハンドのお顔・首・肩・背中の極上リフトアップトリートメントも注目です。


「ホワイト&リフトアップコース」詳しいコース内容はこちら >>

是非お試し下さい。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2009/04/18 15:36】 | お肌の豆知識 | page top↑
美肌のためには、紫外線に要注意。
こんにちは。寒さで凍えていた桜もだんだんと咲いてきましたね。
皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

春は、お花見などで日差しを浴びることも多いかと思いますが、「ちょっとだけの日焼け」を甘くみてはいけません!

春は夏のように、肌に突き刺さるような日差しではなくても、紫外線の量は意外と多いのです。「ちょっとだけの外出だから、素肌のまま出かけちゃおう。」「洗濯物を干すぐらいなら、日焼け止めを塗らなくてもいいかな」などという油断が、少しずつ肌の奥にシミ予備軍を増やしていきます。

メラニンの蓄積量が少ない時は、表面からは見えませんが、少しずつの日焼けでも繰り返していると、やがて表面に見えるシミになって定着してしまいます。シミを作らないためには、日々の紫外線対策を万全にするほか道はないのです。

また、「少しは日に当たらないと骨が弱くなる」と思っている人もいますが、わざわざ骨の為に日に当たる必要はありません。紫外線によってビタミンDが活性化され、骨を作る時に必要である事は確かなのですが、これは紫外線が身体のどこかに少し当たれば充分なのです。

紫外線のメリットは、このビタミンDの活性化のみで、あとは皮膚の老化・光発ガン・白内障など人体にとって有害でしかないのです。紫外線には、できる限り当たらないように注意して美肌をキープしましょう!

★ フェイシャルエステ癒では、話題の炭酸パックを使用し、美白とフェイスリフトを目指すスペシャルコースを期間限定にてご用意致しました。
オールハンドのお顔・首・肩・背中の極上リフトアップトリートメントも注目です。


「ホワイト&リフトアップコース」詳しいコース内容はこちら>>

是非お試し下さい。


テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2009/04/01 19:21】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |