乾燥シーズンのお肌
こんにちは。寒さも厳しくなってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

冬の季節は乾燥し、肌は硬くゴワゴワしてきますよね。。よく、「化粧水が肌に入っていかない」という方がいますが、これは肌が硬くなりすぎた時にそう感じるようです。

硬くなるのは、角質層が厚くなるためです。角質層は、もともと肌を外部よりの刺激から守るためにあるので、乾燥して角質バリア機能が損なわれると、より一層、肌を守ろうとして厚くなるのです。

表皮細胞から角質細胞に変わっていく過程を「ターンオーバー」といい、通常28日間かかります。この過程の中でお肌の保湿成分が作り出されるため、ターンオーバーはとても大切です。ところが、肌が乾燥し急いで角質層を作ろうとすると、生産が追いつかなくなり、保湿成分の少ない未熟な角質層ばかりで厚くなってしまいます。

こうなったらまずは保湿ですが、ターンオーバーを整えるために、厚すぎる角質層をピーリングで少し取り去るとよいでしょう。

★ フェイシャルエステ癒では、お肌の乾燥シーズンにも負けない美肌スペシャルメニューをご用意致しました。

「シルクモイスチャーコース」詳しいコース内容はこちら >>

是非お試し下さい。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/12/21 12:50】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |