冬のお肌ケア。
こんにちは。今年もあとわずかとなりましたね!
みなさんの今年は、どんな一年だったでしょうか?

お肌にとっては、今の時期は特に過酷な時を迎えています。
というのも忘年会などの暴飲暴食で血液は、酸性になりドロドロ!
職場では、エアコンで空気が乾燥してお肌の水分が蒸発してシワシワに・・・
残業で帰りが遅くなり、お肌の回復タイムである”睡眠時間”が減ってしまったりとこれではお肌は、みるみる黒ずんだくすみ・クマ・シワ肌になってしまいます。

日々のちょっとした努力でお肌は、きれいになります。
忘年会などで暴飲暴食をしてしまった次の日は、血液をサラサラにしてくれるアルカリ性食品(野菜など)や毒素を流すミネラル(海藻・きのこなど)を意識的に摂ったり、血行を良くする為に半身浴を長めにしたり、蒸しタオルでお顔を温めます。

エアコンで乾燥したら、すぐに乾燥した部分に保湿クリームを補い、夜はみっちり保湿してから一刻も早く寝るようにしましょう。
日々の積み重ねが驚くほどの差を生みます。忙しいから明日ちゃんとやろう・・・と思っていても、お肌は待ってくれません。
今日からきちんとケアをして美しいお肌で年を越しましょう!

★ フェイシャルエステ癒では、1/5~3月末までの間、乾燥肌シーズンに合わせたスペシャルメニューをご用意致しました。
「乾燥肌対策スペシャルコース」詳しいコース内容はこちら >>
是非お試し下さい。

テーマ:敏感肌、乾燥肌、美肌 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/12/27 18:59】 | お肌の豆知識 | page top↑
自分の「肌質」
こんにちは。皆さん自分の「肌質」を知っていますか?
正しいスキンケアをして美肌を手に入れる為には、まず自分の肌質をちゃんと把握しておく必要があります。
一般的に乾燥肌・普通肌・脂性肌に分けられますが、最近多いのはTゾーンは脂性・頬などUゾーンは乾燥という混合肌です。油分が多いのになぜか乾燥するという人は脂性乾燥肌です。

混合肌の人はTゾーンとUゾーンを区別してケアする必要があります。Tゾーンは皮脂や汚れをしっかり取除き、Uゾーンは水分・油分をバランスよく補給します。水分の蒸発を防ぐ為にバリア機能を回復させ水分を滞めておける状態にすることが大切です。
脂性肌は水分は適量あるのですが、皮脂分量が多いので余分な皮脂を取除き、皮脂分泌を正常化させます。
乾燥肌は、皮脂分泌も水分も少ないので水分・油分をバランスよく補給してください。

テーマ:コスメ・スキンケア - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/12/19 13:38】 | お肌の豆知識 | page top↑
目の下のクマ・タルミ
こんにちは。いよいよ年末ということでみなさん忙しくお過ごしでしょうか?
今回は、多くの女性が気にしている目の下のクマ、タルミについてお話します。
目の下の筋肉は目頭と目じりのたった2点で支えられています。
それなのに、目は1日2万回まばたきをすると言われてますしテレビを見たりパソコンをしたりと毎日、目の周りは酷使されています。
だから目の下は顔の他のどの部分よりも一番たるみやすかったり、血行が悪くなりクマができやすいのです。こんな目の周りのトラブルを改善するのはツボ押しがお勧めです。

ツボ押しは目の周りの骨のきわを小きざみに中指で押していきます。あまり強く押すのではなく気持ちいいと思う程度に3秒押します。その後アイクリームを付けて血液やリンパの流れに沿って、目じりから始まり目の下を通って目頭へ、目頭から上まぶたを通って目じりへというように薬指でかるく20回程度なでます。
毎日、朝晩行うと1カ月ぐらいで少し改善されるのを実感できると思います。

テーマ:キレイなお姉さんに! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/12/11 17:26】 | お肌の豆知識 | page top↑
お肌の保湿
最近は一段と寒くなり空気が乾燥してきましたね。
サロンのお客様の中にもオフィスが乾燥して顔に粉が吹いてしまうという方が何人かいらっしゃいます。
このような場合の対策として、肌にスプレーなどで化粧水を吹きかける人もいますがこれは一時的に潤った気がしても吹きかけた水分が蒸発する時に一緒に肌の水分まで蒸発してしまい、更に乾燥が進んでしまいます。
皮膚表面の角質層には、水分蒸発や外からの異物侵入を防ぐバリア機能(細胞間脂質)があります。この機能が低下すると肌表面の水分低下が起こり、カサカサ乾燥肌になってしまいます。
オフィスでの乾燥対策は、細胞間脂質類似成分のセラミド配合の保湿剤を化粧直しの時に下地につけて水分蒸発を防ぐと良いかと思います。

テーマ:敏感肌、乾燥肌、美肌 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/12/04 21:09】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム |