FC2ブログ
日焼け止めの選び方
こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
この数日間は急に初夏のような気候でしたね。
日に日に紫外線が強くなっていますので、ゴールデンウィーク中にうっかり日焼けをしてしまわないように気をつけましょう。

さて、今日は日焼け止めの選び方についてのお話です。
みなさまは普段、どのように日焼け止めを選んでいらっしゃいますか?
SPF値が高いもの、塗り心地がいいもの、お肌にやさしそうなもの、メイクに響かないものなど、人それぞれに選ぶ基準があるかと思います。
いったいどんな選び方が正しいのでしょうか。

まず、顔に塗る日焼け止めは、今時の化粧下地やファンデーションにはほとんどの商品に日焼け止めが含まれています。
SPF15〜20くらいのものが多いですが、日常の紫外線程度ならこのくらいでも十分です。
(通勤や家事などで合計1時間程度)
ただ、1アイテムだけだと塗りむらができる可能性があるので、「化粧下地+ファンデーション」や「ファンデーション+パウダー」など、2アイテム以上を併用するのがおすすめです。

顔に塗る日焼け止めの選び方は、塗り心地がよいものや、ファンデーションがきれいにのるもので大丈夫です。
日焼け止めでお肌がかぶれやすい方は、塗り心地よりもかぶれにくい処方のものを優先して選びましょう。
日焼け止めでかぶれやすいのは、「紫外線吸収剤」です。「紫外線散乱剤」の方が肌への刺激がなくかぶれにくいので、どの日焼け止めも合わない方は「紫外線散乱剤」や「紫外線吸収剤不使用」と表記してある日焼け止めを選ぶことをおすすめします。

首や手足に塗る日焼け止めは、これからの季節はSPF30以上でウォータープルーフのものを選びましょう。
顔と違い、体にはファンデーションを塗らないので、できるだけSPF値が高いものの方が安心です。
SPFの最高値は50で、数値が高い方が紫外線を強力にカットしてくれますが、SPF値が高くなればなるほど刺激が強くなりがちです。
もし乾燥したり肌荒れをしてしまうようなら、SPF30くらいに抑えたほうがよいでしょう。

最近流行りの「飲む日焼け止め」は、塗る日焼け止めが塗った場所しか紫外線カットができないのに対し、飲む日焼け止めは全身に効果があるというメリットがあります。
ただ、飲めば全く日焼けしないというわけではありません。
あくまで念には念を押して…という気持ちで使い、日焼け止めもきちんと塗った方がよさそうです。

夏に向けてたくさんの日焼け止めが出てきますが、自分のお肌に合ったものや、生活スタイルに合ったものを選び、しっかりと紫外線対策をしていきましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!










テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2019/05/04 10:28】 | お肌の豆知識 | page top↑
春の乾燥肌や敏感肌に必要なケアとは
こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
だいぶ暖かくなり、そろそろ桜も見頃になりそうですね。
気分がウキウキするこの時期を楽しみながら過ごせるといいですね。

さて、今日は春の乾燥肌や敏感肌に必要なケアについてのお話です。
春は季節の変わり目の時期のために体調が不安になりやすく、そのうえ年度末で仕事が忙しかったり、歓送迎会などが増えたりと、何かと体に疲労が溜まる時期です。
また、春は花粉が飛ぶ時期でもあるため、花粉によって肌が荒れてしまう人も多いです。
体力が低下しやすいために、花粉症でなくてもお肌が花粉に過敏に反応してしまう場合もあります。

乾燥肌や敏感肌になってしまう内的要因は、生活環境の変化に伴う心理的疲労・睡眠不足・栄養の偏り・食生活の乱れ・生理・更年期障害・ストレスなどがあげられます。
まずは体調を整えるために、十分な睡眠をとったり、食事のバランスをよくすることを心がけましょう。

また、スキンケアでは
・刺激の少ないクレンジング
・保湿成分を十分に与える
・紫外線カットをする
この3つが重要になります。
刺激の強いクレンジング料を使っていると、肌のうるおい成分が流れ出して乾燥肌や敏感肌を招いてしまいます。
シートにクレンジング料が含まれている「拭き取りシートタイプ」や、合成界面活性剤の配合量が多い「オイルクレンジング」は、肌への刺激が強く肌荒れしやすくなってしまうので要注意です。
このようなタイプのクレンジング料を使っている人は、まずはそこから見直しましょう。
クレンジング料を変えるだけで乾燥肌や敏感肌が改善することもあります。

次に保湿ですが、保湿は水分と油分を与えることはもちろん、しっかりと保湿成分を与えることも重要です。
水分は化粧水をたっぷりつけたり、二度塗りしたり、シートマスクでたっぷり浸透させます。
その次にセラミドやNMF配合の保湿成分を補うことが大切です。
乾燥肌や敏感肌とは、セラミドが減りバリア機能が低下した状態で起こるため、減ったセラミドを補うことが重要になります。
セラミドを補わずに水分や油分だけを与えていると、肌の中が乾燥して外側がオイリーというインナードライ肌になってしまうので、化粧水とクリームだけでスキンケアを終えている人は、そのあいだにセラミド配合の美容液やゲルなどを取り入れてみましょう。
最後にクリームを塗ることも大切です。まだ肌寒いこの時期は皮脂の分泌が少ないため、油分を補わないと肌の水分が蒸発して乾燥してしまいます。
必ずクリームで蓋をすることも忘れないようにしましょう。

また、春は紫外線が強くなってきます。紫外線量も増えてきますが、空気が乾燥しているせいで紫外線が肌に突き刺さるような刺激になり、肌へ与える害が大きくなりやすいので要注意です。
敏感肌の人は日焼け止めが刺激になって肌荒れを起こしてしまう人も多いので、そんな時は肌に負担がかからない「紫外線散乱剤」を使用している日焼け止めを使ってみましょう。
紫外線吸収剤は肌荒れを起こしやすいです。
一般的には紫外線吸収剤の日焼け止めの方が多く出回っているため、日焼け止め選びには注意が必要です。
「紫外線散乱剤」という表記がされているものを選べば確実なので、商品選びに迷ったらこの表記がされているものを選ぶようにしましょう。

春の乾燥肌や敏感肌でお困りの方は、このようなスキンケアに注意することで改善しやすくなります。
乾燥肌や敏感肌が改善されると、シミ・シワが目立たなくなったり、くすみが消えたり、毛穴がひきしまったりなどの二次的な効果もあるので、1つでも心当たりがある方は、是非その部分を改善してみてくださいね。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!










テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2019/03/30 10:32】 | お肌の豆知識 | page top↑
アンチエイジングに効果的な睡眠時間は?
こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
寒さもやわらぎ少しずつ春らしくなってきましたね。人間の体は正直で、寒いと動く気がしませんが暖かいと自然と活動的になりますね。
自然に沿った生活を心がけると、体も心も元気に保ちやすくアンチエイジングにもよさそうです。

さて、今日はアンチエイジングに効果的な睡眠時間についてのお話です。
理想の睡眠時間についてはさまざまな研究がされていますが、一般的に健康や長生きのためによい睡眠時間は7時間だと言われています。
6.5時間から7.5時間の睡眠がもっともよく、これ以上短くても長くてもよくないとされています。
私たちは睡眠中に体の細胞が修復されるので、睡眠時間が長ければ長いほど体によいかと思いきや、そうわけではないのですね。
もちろん理想的な睡眠時間には個人差があり、もう少し長い方が調子のよい人もいれば、もっと短くても健康に長生きしている人もいますが、目安としては7時間前後がよいようです。

では、アンチエイジングのためによい睡眠時間はというと、こちらも7時間くらいがよいようです。
年齢を積み重ねれば積み重ねるほど、『美しさ=健康的で若々しいこと』という図式になってきますが、まさに健康的に長生きするための生活習慣が美容的にもよいのです。
日中に受けた肌のダメージを修復・再生するためのホルモンである成長ホルモンの約7割が睡眠中に分泌され、そのうちの7割が入眠後2〜3時間のあいだに分泌されると言われています。
そのため、入眠時の睡眠の質の高さもアンチエイジングのためには重要になります。

入眠時の睡眠の質を高めるためには、
・寝る間際にパソコンやスマホを見ないようにする。
・寝る2〜3時間前からは部屋の照明を少し暗めにする。
・食べ物を口にするのは、最低でも寝る2時間前までに終える。
・寝る前に嫌なことを考えないようにする。
などを心がけるとよさそうです。
美肌のためにはスキンケアや食事の仕方も大切ですが、睡眠もまたとても重要なポイントです。
健康長寿と美肌のために、できるだけ睡眠をしっかりととるように心がけましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!













テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2019/03/02 11:00】 | お肌の豆知識 | page top↑
ヒト幹細胞コスメのおすすめポイント
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
今は一年の中で最も寒さが厳しく、乾燥が激しい季節ですね。
早く過ぎ去ってほしいところですが、もう少しだけ寒さや乾燥が続きそうですので、風邪などには十分お気をつけてお過ごしください。

さて、今日はヒト幹細胞コスメについてのお話です。
最近はヒト幹細胞コスメが人気ですが、その人気のヒミツは、加齢により老化してしまった肌細胞が再び元気を取り戻し、自分自身の力でハリのある肌に生まれ変わることでシワやたるみが目立たなくなることです。
眠っていた細胞が目を覚ましたように働き始めるので、シワやたるみだけでなくシミが薄くなってくることもあります。

ヒト幹細胞コスメとは、再生医療の現場で用いられるヒト幹細胞を応用した化粧品のことです。
ヒト幹細胞には傷ついた細胞を修復し再生させる作用があり、再生医療では自分自身の幹細胞を採取し再生させたい場所に注入します。
ヒト幹細胞コスメには、ヒトから採取した脂肪幹細胞を培養し、その時に染み出す培養液を化粧品に配合したものです。
ヒト幹細胞コスメにはヒト幹細胞自体は入っていません。
幹細胞は自分自身のもの以外は体が拒絶反応を起こしてしまい、受け付けないという特徴があるためです。
そのためヒト幹細胞コスメには、ヒト幹細胞培養液が配合されているわけですが、ヒト幹細胞そのものでなければ意味がないのかというと、そういうわけではありません。
ヒト幹細胞培養液には500以上ものタンパク質と150種類以上もの成長因子が含まれ、加齢により眠っていた肌細胞が活性化し、急に目を覚ましたように働きはじめる作用があります。

若い頃はハリがあってみずみずしかった肌も、40代や50代にもなると乾燥やたるみに悩まされるようになりますが、これは老化により肌細胞の機能が衰え停滞しているからです。
そんな肌に豊富な種類の成長因子を与えると、停滞していた肌細胞にスイッチが入り活動を始めます。
表皮ではターンオーバーがきちんと行われるようになるため、乾燥知らずのみずみずしい肌に。
真皮では加齢とともに減少していた線維芽細胞が増殖し、活動を開始してコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の生産を高め、ふっくらとしたハリ弾力がよみがえってきます。

ヒト幹細胞コスメは、内容成分がしっかりしていれば高い若返り効果が期待できます。
選び方のポイントは、1つは幹細胞培養液が高配合されていることです。
毎日使うのなら1%以上の配合で効果が期待できますが、5%、10%、20%と高濃度になるほど基本的には効果が高くなります。
ですがヒト幹細胞培養液はまだ非常に高価な成分のため、20%濃度だと1ヵ月で10万円近くするものが多いようです。
濃度だけにこだわりすぎると値段が高くて続けられない可能性があるため、続けられる値段の範囲でできるだけ高濃度のものを選ぶのがおすすめです。
また、高濃度でも肌に吸収されにくい処方だと効果が半減してしまい勿体ないことになってしまいます。
ヒト幹細胞培養液コスメは、肌の奥にしっかりと届けられるようリポソーム化してあるものがおすすめです。

当サロンでもヒト幹細胞コスメのコースが人気ですが、自宅でも手軽に再生美容ができるようヒト幹細胞培養液5%コスメの取り扱いを新たにはじめました。
早い人は2週間でちがいがわかる人もいますが、お肌は毎日少しずつ再生されてきますので3ヵ月くらいは気長に様子を見ていただいたほうがよいと思います。
何かいい化粧品をお探しの方にはとてもおすすめです。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!










テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2019/02/16 10:27】 | お肌の豆知識 | page top↑
顔筋のたるみ予防におすすめの食品
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
毎日寒いですが寒いときは肩凝り同様、お顔の筋肉も凝りやすくなります。
顔筋の凝りは顔のたるみとしてダイレクトにあらわれてしまうので、なるべくなら防ぎたいですよね。

そこで、今日は顔筋のたるみ予防におすすめの食品をご紹介したいと思います。
顔の筋肉のたるみには、脳からの神経伝達物質であるアセチルコリンが深く関わっています。
アセチルコリンが十分にあると顔筋はたるみにくく、不足するとたるんでしまうわけですが、このアセチルコリンはなんと19歳をピークに減少していくと言われています。

加齢とともに減っていく成分には色々なものありますが、減っていくのをそのまま見過ごすのと、増やす努力をするのとでは老化のスピードがかなり変わってきます。
アセチルコリンを増やすためにはアセチルコリンの原料となる成分と、合成を促進する成分を口から摂取することが必要です。
アセチルコリンの原料となる物質としては、卵黄や大豆に含まれるリン脂質である「レシチン」。
アセチルコリンの合成を促進するものとしては、アセチルコリンの前駆体である「DMAE」や「メチオニン」があります。

DMAEはリフトアップコスメにも配合される成分ですが、口からの摂取も効果的です。
DMAEが含まれる食品はイワシや鮭。
DHAやEPAから体内で作られることもあるため、サバやサンマなどの青魚もおすすめです。
メチオニンは必須アミノ酸の一種で、含有量の多いものの代表はシジミ。
肉や魚などの動物性たんぱくにも含まれており、一般的なバランスのとれた食事をしていればあまり不足の心配はないと言われますが、肉や魚を食べない食生活をしている人は要注意です。
食品から摂るのが一番ですが、無理な場合はサプリなどで補いましょう。

肌の土台となる筋肉がたるんでしまうと、輪郭が大きく崩れたようなたるみになってしまいます。
もとろん法令線などの原因にもなってしまうので、これらの栄養素をしっかり補って、いくつになってもたるみのない顔をキープできるようにしていきましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!



テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2019/01/26 10:08】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム | 次ページ